エロアクションゲーム「マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-」(ルナソフト)製品版感想

【10%OFF】マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-
マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険- [ルナソフト]
7/28発売の新作で、女主人公が村を拠点として冒険を進めていくというエロアクションゲームです。装備がらみのシステムがよくできていて面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 2,332円、216ポイント還元(10%OFFキャンペーン価格、8/24まで)
FANZA販売ページ 2,592円、480ポイント還元

体験版感想はこちら
エロアクションRPG「マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-」(ルナソフト)体験版感想
このゲームは見習い冒険者の少女「リル」を操作して冒険を繰り広げるアクションRPGです。
剣と魔法を駆使しながらダンジョンでモンスターと戦い、アイテムと経験値を集めてキャラクターを強化しながらボスが待ち受ける最深部を目指します。

Act1 オークの洞窟

セーブデータは、特に意識しなくても体験版のものがそのまま使えました。なお保存されている場所は”C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\LocalLow\LunaSoft\Magic and Slash\”です。


職業は剣士(メレー)と魔法使い(キャスター)を選べます(自室クローゼットでいつでもチェンジ可能)が、今回はキャスターで進めました(あとで作者さんブログを見ると、キャスターはDiablo系作品に慣れている人向けで、初心者はメレーがオススメとなってました)。技的には、主人公を中心とした範囲攻撃で敵に当てやすくクールタイムも1秒と短い”フロストノヴァ”で今回は戦っていきました。


このあたりから時々紫の”エピックアイテム”をドロップするようになりました。マジックと比べて、付いている効果の数が多いです。


サブクエスト、”霊薬の素材”は宿屋地下室のミミから受注できました。集めてくるアイテムはヒヤシキノコと雷のルーンで、どちらもオークの洞窟で手に入ります(ただ確率は低めで、簡単にはドロップせず)。集めて渡すとミミとルイスのエロ展開(フェラ)で、 報酬”元素の霊薬”は全属性抵抗+15%という効果でした。(全属性はイージーだとさほど気にしなくていいステータスですが、ゲームを進めていくと[ノーマル後半あたり以降]次第に重要になってきます)


オークの洞窟7の先に進むとボス戦です。見た目通り攻撃力高めで、近接されないよう気をつけて戦いました。


ボス撃破後、宿屋で宴会があり、終わったらベッドで寝る、と、ここまでがAct1です。


サブクエスト”オーク秘蔵の酒”は、宿屋の師匠から受けられました。



必要品の”オーキッシュブレンド”はオーク洞窟後半に出ますハイオークが落としました(確率は低め)。渡すと、泥酔した師匠が弟に襲いかかり無理矢理パイズリするというエロシーンが見られます。

Act2 南の平原~南の荒野



Act2に進むと長めのイベントです。空に異変が起き、様子を見に出かけていった師匠がなかなか戻らず、主人公が助けに行くことになります。師匠は一命を取り留め、南の荒野は主人公1人で探索することになりました(=早くも師匠越え)。


イベント終わると、村の南から外に出られるようになってます。

[このあたりのサブクエスト]
師の無念 → 宿屋の師匠から受注 ゾンビ・グール(Act2、南の平原~南の荒野で出現)を各5体倒す 報酬:おさかな+1(INT+2)
修理用のインゴット → 道具屋祖母から受注 必要品:鉄のインゴット*5(Act1、オーク洞窟4以降に出るハイオークがドロップ) 報酬:魔法学院の制服


南の荒野を進んでいくと遺跡を発見しますが、主人公には扉を開けられず。村へ戻って道具屋へと向かい、爆弾の材料を集めることになります。材料はヒートストーン1・スライムオイル5・石炭3で、いずれも南の平原~南の荒野を回っていれば集まります(道具屋でうっかり売らないように注意)。


ヒートストーンがなかなか出なかったですが、南の荒野3で入手できました(おそらくスケルトンがドロップ)。

謎の遺跡


材料が集まったら、道具屋祖母に爆弾を作ってもらって遺跡へ突入です。


ここでレジェンダリー武器が初めてドロップしました。ただ性能的には、エピック品とそこまで大きな差はなかったです。


サブクエスト”毒は薬にもなる”は道具屋祖母から受注で、必要品は毒の詰まった袋*5です。これをドロップするバジリスクは謎の遺跡6~7で出現する大きめの敵で、報酬は技巧の霊薬(スキルポイント+2)でした。

サブクエスト”意外と美味なスライムの核”は宿屋弟から受注し、必要品はスライムコア*5(遺跡を回っていれば集まる)です。報酬はお茶+1でした。



謎の遺跡8でネクロマンサーと対峙しますが、まだ戦えず。戦う相手はドラゴンゾンビです。


撃破して村に平和が戻ったあとは、ミミに話しかけてAct3へと進みます。

Act3 魔女の故郷


このあとは、町の外れの下の方に新たにできてます紫のワープから進みます。


サブクエスト”魔法の宝石”は宿屋の師匠から受注です。必要品は無傷のサファイア*2、報酬はおにく+2(STR+3)でした。


ザコはトロル・キマイラがなかなか難敵です。このあと雪獣のたてがみ、エーテルの結晶、キマイラの牙が必要になるので出たら拾っておくといいです。


雪原7まで行ったらいったん村に戻り、ミミに相談します。雪獣のたてがみ、エーテルの結晶、キマイラの牙*3が必要になりました。


渡すとミミの回想で、師匠に助けられた時のことなどが語られます。


ミミのサブクエスト”貴重な魔法の書物”の必要品は古の魔法書*2で、魔女の故郷でドロップしました。報酬はお茶+2です。


進んでいくとネクロマンサーとついに対戦できますが、本気ではないようで、すぐに逃げていってしまいます(戦いの本番はこのあとでした)。


ネクロマンサーはフレッシュゴーレムを召喚して逃げていきます。この敵はかなりタフで、難易度イージーでも結構な長期戦になりました(LV5ブリザードキャノンを当ててもあまり削れず)。

Act4 魔女の遺産


このActが本作のラストです。ここまで来るとザコ敵も手強かったです。幸いレジェンダリー装備が結構落ちたので、まずはじっくり装備強化を図っていきました。

レジェンダリー装備がドロップすると目立つオレンジの光が出るほか、効果音も出るので、見落とす可能性は低いです。地味なところですが、ありがたい配慮でした(これがないと、全部のアイテムを丁寧に確認しないといけなくなる)。


ミミのサブクエスト”古代の遺物”は、魔女の硬貨・古代の教典・生命のルーン・ミスリルインゴット(各1でOK)が必要になりました。報酬は元素の霊薬で、効果は全属性抵抗が15%アップです。


生命のルーンはゴーレムが(生命のルーンの見た目は緑色の宝石)、ミスリルインゴットはエティン(巨大な緑色オーガ)がドロップしました。


魔女の遺産7で中ボス3体と対戦です。敵攻撃力が高いものの、敵体力は少なめでした。やっかいなのは鈍足で、これを食らってしまうと(キャスターの場合)引き打ちできずに窮地に陥ります。下手に逃げずに殴り合って敵の数を減らすことに注力した方が勝率高かったです。


ミミの秘密(過去に何があったか)もさらに明らかになり、ストーリーも大詰めという雰囲気です。


魔女の遺産16でラストバトルです。勝利後はネクロマンサーの過去が明かされるなど、ただ倒して終わりでないところがよかったです。

これで引き継ぎプレイができるようになりましたが、すぐには引き継がず、その後しばらくAct4を周回して装備集めをしました。キャスター的には、レジェンダリー装備”精霊眼球”が役立ちました(フロストノヴァの効果範囲+75%、威力+100%という固定効果が付いている)。

サブクエスト紹介


師匠のサブイベント”氷竜の剣”は、達成するとレジェンダリー剣”リヴァイアサン”が手に入りますので引き継ぎ前にやっておくといいです。必要品はミスリルインゴット*3で、魔女の遺産後半でドロップしました。エロシーンもあり、師匠がルイスを騎乗位で襲うという女性上位なシチュが見られます。


一方ミミのサブクエスト”炎焔の杖”は、達成するとレジェンダリー杖のイフリートがもらえました。必要品は影に覆われた翼・古代のルーン・世界樹の芽が各1で、集めるのはなかなか大変でした。影に覆われた翼はシャドウビースト(炎使ってくる大きな敵)が、世界樹の芽は始祖の樹精(大きめの木)が、古代のルーンは魔女の遺産14に出るエルダーゴーレムがたまにドロップします。どれも出現場所が限られていて、しかも倒しても目的のものがなかなか出ず、出るまでに手こずりました。こちらもエロシーンあり、ミミとルイスの絡みが見られます。

[その他のサブクエスト]
・村長
燃料不足 → 石炭*5(Act2、南の平原~南の荒野) 報酬はおにく+1
コレクターからの手紙 → 竜の翼(ドロップモンスター不明)
コレクターからの手紙2 → 黒曜石のインゴット(Act3、古城10のボス部屋再訪で入手 おそらくドロップしたのは古城の守護者) 報酬はサラダ+2

・大工
かたい皮 → ややかたい皮、すごい固い皮 (Act2、謎の遺跡 バジリスクなど) 報酬はサラダ+1

セーブデータは”C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\LocalLow\LunaSoft\Magic and Slash\”にあります。引き継ぎ2周目に入る前に、念のため別名でコピーを残しておくといいです(もし思ったよりも難しすぎるなどで引き継ぎ直前に戻りたい場合、リネームして前のものに戻すという手が使えます)。

引き継ぎ2周目


引き継ぎは、エンディングを見たあと、ロードすることでできます。改めて難易度選択し、Act1冒頭からの再スタートになります。今回はひとつ上の難易度、ノーマルを選択しました。なおイベントは1周目と同じように展開され、スキップ機能的なものはなしでした。早送りしたい場合は、エンディングを迎える前などにコンフィグでノーウェイト・速いに変えておくといいです。


引き継ぎプレイでは、レベルと装備は引き継がれるものの、収集品と貴重品は引き継がれません。保管箱の中身も、収集品はなくなっていました(ただエンブリオは引き継がれました)。

まとめると、
引き継がれるもの → 主人公のレベル・装備している品・インベントリの装備品・エンブリオ・ポーション類・地下室のミミの結晶所持数・サブクエストのクリア状況(既にクリアしているものは再発生しない)
リセットされるもの → 所持金(初期値に戻される なお初期値は難易度によって違い、ナイトメアは2000G)・収集品


ショップの品揃えはリセットされていて、(ノーマルの場合)売っているポーションは最下級のものです(なおナイトメアの場合は違います 詳しくは後述)。主人公のレベルはそのまま(イージーをクリアした場合40前後)なので、回復量は足りない感がありました(最大MP531に対して、マナポの回復量は70)。幸いAct1~2あたりはほぼワンパンできるので、装備に”倒すごとにマナ回復”などマナ回復系が付いていれば問題はさほどありませんでした。

早速敵を倒して進んでいきましたが、(内部的にドロップ率が微妙に違う可能性はありますが)自分がやった限りでは、出るアイテムはイージーと一緒で、ただ敵が強くなっているだけにように感じました(アイテムレベルはイージーと同様で、レジェンダリーが出やすいということも特になし)。(なお一つ上の難易度ナイトメアは仕様違いまして、敵が強いですがその分いいアイテムが出ます)。

難易度的にはなかなか難しかったです(少なくとも”サクサク簡単”ではない)。Act1~2あたりはLV40台の火力で押し切れましたが、Act3あたりになりますとしぶとい敵が増えだし、Act4になると少し囲まれたりすると死亡ということが起こりました(エナジーシールドが必須)。


エンディングは、師匠弟とエンブリオでHしまくったあと(具体的な回数は不明 今回やったのは20回程度)エンディングを迎えると内容変わりました(1周目は弟が村に残る幼なじみノーマルエンドでした)。

難易度的には、ノーマルをクリアしてもヘルはオープンにならず、既に開いているナイトメアが改めてオープンになるのみでした(=ヘルを出すにはナイトメアをクリアする必要あり)。

[メインクエストで必要になる収集品]
・Act1
西の樹海 → ロープ*4[オーク]、丈夫な丸太[エント]

・Act2
南の平原・荒野 → ヒートストーン[スケルトン]、スライムオイル5[スライム]、石炭3[ゾンビ]

・Act3
魔女の故郷・雪原 → 雪獣のたてがみ[サスカッチ]、エーテルの結晶[トロル]、キマイラの牙*3[キマイラ]

難易度ナイトメア


3周目はナイトメアを選択してみました。この難度から耐性持ちが出現です。例えば冷気耐性持ちには、フロストノヴァ(耐性を持っていない他の敵はこれで割と楽に倒せる)ではほとんどダメージを与えられませんでした(=2属性以上攻撃手段を持っておく必要あり)。


ドロップアイテムも変化し、最初の中ボスがいきなりレジェンダリーを落としました。


ドロップするレジェンダリー品も、今まで見かけなかったスキルレベル+2の”いとしいしと”が出るなど、イージー・ノーマルとは明らかに品質が変わりました(アイテムレベルも大きく上昇)。アイテム集め的にはここからが本番といったところです。あとは店の品揃えも違っていて、最初から最上位のポーション(500ポイント回復)を売っていました。


探索的には、西の樹海はなんとか突破できたものの、オーク洞窟になると早くも敵の攻撃が相当厳しく、何度か敵集団に囲まれてやられてしまうことが起きました(ノーマルだとAct1は楽勝でしたので、難易度にだいぶ差あり)。エナジーシールド・フェニックス(やられたときに大ダメージを与えてその場復活)を切らさないようにして少しずつ前進していきました。なおやられて拠点に戻されるとザコ敵が復活してしまうようで(また探索のやり直し)、ウェイポイントの確保が重要でした。なおここでレベル上限の50に達してしまいました(=レベルアップによるステータス上昇が早くもストップ)。


一方Actボス戦は、ザコの強さと比べるとそこまで厳しくはなかったです(意外とサクサク削れました)。


その後Act3、Act4と進んでいくと敵攻撃力がより半端なくなり、エナジーアーマーなどを張っていてもあっという間に削られてしまうことが度々発生しました。特に移動速度++と冷気無効(=鈍足・凍結が入らない)が組み合わさった敵はやっかいでした。

主なレジェンダリー装備

(固定効果のみ記載)

・武器
デッドリーブレイド[メレー用武器] → 物理属性のスキルでダメージを与えた時100%の確率で敵を毒にする
エレメンタルソード[メレー用武器] → 炎・氷・稲妻の追加ダメージ
朱雀[キャスター用武器] → ファイアーボルトが3方向に発射される、ファイアーボルトの消費マナ+50%
麒麟[キャスター用武器] → サンダーボルトが3方向に発射される、サンダーボルトの消費マナ+50%
サモナーズタクト[キャスター用武器] → ファイアエレメンタル・アイスゴーレム・デコイの効果時間+200%
ケーリュレイオン[キャスター用武器] → 固定なし

・胴防具
血咬の軽鎧[メレー専用] → ライフドレインの発動率+100%
戦乙女の鎧[メレー専用] → ヴァルキリーの効果時間+25%
バリアスーツ[メレー専用] → エナジーアーマーが使えるようになる
不死身の戦鎧[メレー専用] → フェニックスが使えるようになる
精霊眼球[キャスター専用] → フロストノヴァの効果範囲+75%、フロストノヴァの威力+100%
不死鳥の羽根[キャスター専用] → フェニックス発動時75%の確率で効果が継続される、フェニックスの威力+250%
マナイーター[キャスター専用] → マナドレインの発動率+100%
早詠師の外套[キャスター専用] → 詠唱速度+n%
アリスの驚くべきアルカナ[キャスター専用] → ファイアエレメンタルがインフェルノを使えるようになる
ワードナローブ[キャスター専用] → 固定なし

・手防具
マーダーガントレット[メレー専用] → デッドリーストライクの発動条件+50%
エンチャンター[メレー専用] → エンチャントが使えるようになる
トリプルスイング[メレー専用] → ダブルスイングの攻撃回数が3回になる
血塗られた籠手[メレー専用] → ブラッドスイングが命中した際一定時間敵のDefを50低下する
デュエルグローブ[キャスター専用] → ヒートウェポン・フロストウェポン・エナジーウェポンが使えるようになる
ラストオーダー[キャスター専用] → レールガンが敵を貫通する
人形使いの指貫[キャスター専用] → アイスゴーレムがコールドオーラを使えるようになる
メイジフィスト[キャスター専用] → ファイアーボルトの属性が神秘属性になる(神秘属性は耐性抵抗を無効化する)
ねこぱんち → 固定なし
土塊の籠手[メレー専用] → 固定なし

・足防具
聖騎士の威光[メレー専用] → ジャスティスが命中した際一定時間敵のDefを50低下する
エーテルウォーカー[キャスター専用] → テレポートのクールダウン時間が大幅に短縮される
ドッペルゲンガー[キャスター専用] → デコイのライフ+500%
アヴェンジャー[キャスター専用] → ターゲッティングが使えるようになる
アンブローズの靴[キャスター専用] → 固定なし

・指輪
エレメンタルリング → 炎追加ダメージ、氷追加ダメージ、稲妻追加ダメージ
いとしいしと → 修練を除く全てのスキルレベル+2
スピードマスター → 鈍足状態を無効、凍結状態を無効、移動速度+10%
王の指輪 → 固定なし
導きの声 → 使い魔のクールタイム-50%

・首飾り
刈り取るもの → ライフ吸収、マナ吸収
邪神の呼び声 → 固定なし

エロシーンまとめ

エロシーンは大きく分けて、1.モンスター敗北時の異種姦陵辱、2.エンブリオを渡したときの主人公×師匠弟(純愛)、3.一部のサブクエスト達成時のサブキャラ同士の絡み(師匠×師匠弟、ミミ×師匠弟など いずれも純愛)の3種類ありました。なおエンブリオは、サブクエストでもらえますレジェンダリー武器(イフリートorリヴァイアサン)でドロップ率を上げられます。

実績まとめ

(括弧箇所は推測)
移動距離 → 1000m、5000m、10000m、42195m、?
敵撃破数 → 50体、500体、5000体、9999体、?
エリートモンスター撃破数 → 1体、10体、25体、?、?
レジェンダリー装備ドロップ数 → 1つ、10つ、25つ、50つ、?
全ての装備箇所を埋める

特性変更回数[宿屋地下室のミミ] → 1回、10回、50回、?、?
結晶変換回数 → 1回、50回、250回、?、?
難易度イージーボス撃破 → Act1、Act2、Act3、Act4
難易度ノーマルボス撃破 → Act1、Act2、Act3、Act4
難易度ナイトメアボス撃破 → Act1、Act2、Act3、Act4
難易度ヘルボス撃破 → Act1、Act2、Act3、Act4
ゲームクリア → イージー、ノーマル、ナイトメア、ヘル
ノーマルエンドを見る
トゥルーエンドを見る[ルイスとある程度の回数Hしてからエンディングを迎える]
(メレーレベルが上限[LV50]に到達)
キャスターレベルが上限[LV50]に到達


Ver1.02

8/28に1.02にバージョンアップされまして、ギャラリーに条件が表示されるようになりました。エンブリオは回数がキー、衣装絡みはクリア時に解放されるとのことです。

・各Hシーンがギャラリーモードにて開放される条件を緩和すると共に、それらの条件をギャラリーモードに明記しました
・古いバージョンの体験版(1.0.0)のセーブデータを製品版に引き継いだ際、特定の状況でゲームが停止する不具合を修正しました
・敵の特性「最大HP+」「最大HP++」「最大HP+++」の表記を「最大ライフ+」「最大ライフ++」「最大ライフ+++」に修正しました
・一部のUIを調整しました

感想まとめ

ゲームシステムについては、アイテム周りやAct1~4・ウェイポイントなどはDiabloシリーズをかなり模した作りになってました。自分の場合は2と3を結構やりこんでいたので、すんなり入れ、懐かしい気分で楽しめました。ゲーム進行も次やるべき事が明確でわかりやすかったです。

戦闘難易度については、イージーは簡単、ノーマルは少し難しめ、ナイトメアはかなり難しめ(うまく立ち回らないとまともに進めない)と、うまく調整されていました。いきなりノーマルに挑むとなかなか厳しそうで、1周目はイージーでやるのをオススメします(Act1は簡単すぎる感もありますが、Act3あたりから結構歯ごたえ出てきます)。

Hシーンはエンブリオを使っての純愛と、敗北時の異種姦が主でした。前者はラブラブ感が、後者は鬼畜陵辱感がうまく出ていて、CGのクオリティも高かったです。一方で条件がわかりにくかったのはもったいなく(法則性があるのかランダムなのかわからずじまい、ある程度は自然に埋まるもののそこから全部埋めようとすると大変)、今後のアップデートで回想部屋にヒントが表示されることに期待です。(8/30追記:Ver1.02で条件がズバリと表示されるようになり、回収が一気に楽になりました)

【10%OFF】マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-【10%OFF】マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-【10%OFF】マジック&スラッシュ-見習い冒険者リルのHな大冒険-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)