潜入捜査ノベルエロゲ「Kiss&Crisi」体験版感想

Kiss&Crisis
Kiss&Crisis [pure more]
pure moreさんの新作エロゲで、潜入捜査を任された主人公が元カノの協力を仰いだりしつつ情報を集めていくという現代企業物作品です。体験版では各ヒロインとのエロシーン一通りが見られました。本編は2018/09/28発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
Kiss&Crisis
黒永仁は警察庁公安部に所属する優秀な潜入捜査官だ。
任務のためならどんな事でもやってのけた。
例えば重要人物の女性と体の関係になる事だって。
それが彼にとっての唯一の正義だったから。

「まさか、あなたと現場で一緒になるなんてね」
とある企業への潜入先で同じ捜査官で元恋人の川島夜宵と再会する。
捜査官同士が親密にするのはいけないと分かりながら、再び身体を重ねてしまう。

回想:元カノな夜宵との情事

Kiss&Crisis 元カノのフェラ回想
開始するといきなりフェラシーンですが、これは回想で、元カノ(川島夜宵)との情事を思い出しているという状況です。元カノは積極的にフェラチオしてきて、たまらず射精です。

Kiss&Crisis 元カノとのH回想
続いてバックで、お互い激しく求め合っての濃厚な絡みです。


事後、主人公が女より仕事を選び、女が悲しげに別れを告げることになった様子が描写されます(回想ここまで)。

潜入任務が言い渡され、オフィスで働くことに

翌朝、女上司から次の任務を言い渡されます。潜入先は、NSTというセキュリティ関係の企業でした。容疑は外患(外国と共謀して日本に被害を及ぼすこと)で、具合的には機密情報の海外流出です。1ヶ月以内(内容からするとかなり無茶なノルマ)に情報を掴むよう命じられ、こうして任務スタートです。なおこの女上司やオペレーターはテキスト・音声のみの登場で、顔は出てこず。

Kiss&Crisis 潜入開始
場面変わって、さっそく潜入対象のオフィスです。配属された部署は企画部でした(=主人公が知りたい情報があるサーバーを扱う部署ではない)。大知玲奈という女が主人公の指導係につくことになりますが、自分の仕事もあるし面倒ごとは嫌だという反応で、引き受けてはくれたものの渋々という感じです。


一方後輩は主人公にさっそく目を付け(主人公はかなりのイケメンな模様)、親しげに話しかけてきました。名は叶伊結(かのう いゆ)といい、社長の娘です。立場を利用してしたたかに振る舞っている感がありました。横で見ていた玲奈からは、あの子は誰にでも馴れ馴れしいんだから変な勘違いはしないようにと釘を刺されます。

女性社員と交流を深める


玲奈は淡々と社内を案内してくれますが、潜入捜査が目的な主人公は社屋の作りについて妙に熱心に聞きいります。その後順調に仕事をこなしていき、定時の仕事終わりには早くも働き具合を褒められました(素性について疑われることはなし)。


伊結は周りの皆が構ってくれなくて(=社長の娘に下手なことはできない)暇なところがあり、社内の裏情報をホイホイとくれました。玲奈はエロ関係をきっぱり断る性格が災いして、どこに行ってもセクハラ上司と揉めて、いろいろな部署をたらい回しにされたあげくにここに来たとのことです。伊結に食事に誘われましたが、早く情報を集めたい主人公は、用事があるとここでは断ります。

終業後、調査開始


大半の社員が帰ったあと、オフィスに1人残ってPCをハッキングし、調査開始です。調べを進めていると背後から突然声をかけられ、相手は夜宵(冒頭でフェラしていた元カノ)でした。夜宵もこの調査を任されたとのことです。

調査の方は、部長のアクセス権を使わないと調べられませんでした。続いて入ってきたのは玲奈ですが、こちらは夜宵と違って一般人ということで、主人公がやっていることをバレるようなことにはなりません。


玲奈との会話を引き延ばし、警備員がやってくる時間を知ることに成功します。玲奈は敵なのか味方なのか、手練れな主人公でも判断できず。

真面目な社員を装いつつ、調べを進めていく


翌日も調査を進めていきます。ハッキングと並行して玲奈の作っている書類を観察し、的確にダメ出しするあたりはかなり経験豊富(相当いろいろな潜入経験を積んできた模様)という印象でした。見つけたファイルを本部に送るものの、暗号化されていて、解読には1日時間がかかるとのことです。

オペレーターとヒソヒソ会話しつつ調べていくと、背後から突然声をかけられ、相手は伊結でした。不意打ちされて思わずこわばった顔をしてしまいましたが、バレてはいないようです。


続いてもう1人女キャラ(濱本優佳里)が登場し、社長秘書でした。伊結に対し、近くある誕生パーティーに出るよう釘を刺します。

夜宵と社内セックス


終業後、夜宵に作戦への協力を依頼します。承諾してくれるものの、条件としてHを迫られました。主人公としてももともと喧嘩して別れたわけではないので嫌ってはおらず、誘いに乗ります。


まずは足コキで、セクシーな赤下着と黒ストがうまくマッチしてました。逆レイプ感はなく、優しい責めです。背景画も、静かな終業後の社内の雰囲気がうまく出てます。


プレイは続いて、抱きつき騎乗位です。夜宵は頑張って動きますが、主人公はあくまで任務成功のために必要な行為と割り切っている雰囲気でした。

夜宵と連携し、次の作戦に出る


昼間、淡々と業務をこなしつつオペレーターとヒソヒソ会話していると、伊結が声をかけてきました。口元が動いているのに気づくあたり、主人公のことを相当熱心に観察しているようで、油断できません。

1日で終わるはずの昨日の暗号解読は、暗号が変わっていてうまくいきませんでした。再度のハッキングを考えるものの、バレた場合のリスクを考慮し、アクセス権限を持っている人物(部長)に近づく作戦に切り替えます。


夜宵と連携しつつ、玲奈(部長にセクハラされている)を利用することにします。玲奈は多少勘が鋭いものの、工作員的な主人公+夜宵とは勝負になりませんでした。ケーブルに細工を施してわざと火事を発生させ、何食わぬ顔をして素早く助けに入ります。


スプリンクラーが発動しての消火に伴い、玲奈は濡れ透け状態になり、これでだいぶ距離を縮められました(結局主人公たちの策略だとは気づかず)。

酔った玲奈とエロ展開に


玲奈はすっかり感謝してくれ、お礼をしたいと言い出します。食事に誘われ、主人公も当然話に乗ります。


玲奈は酒に非常に弱く、1杯だけで即酔っぱらってしまいました(自分からわざわざ飲むあたり、主人公と関係するため自分からわざと酔った感もあり)。


すっかりいい雰囲気になり、ホテルでエロ展開になります。本作はこのあたり展開が早く、いい雰囲気になると即Hシーンという傾向がありました。玲奈の求めに応じ、手マンでイかせます。


行為は続き、全裸騎乗位です。玲奈が積極的に腰振りしてきます。


さらに続いて全裸バックで、イったばかりで敏感な膣を責めまくります。結局朝までヤりまくることになりました。


翌朝、我に返った玲奈は状況をすぐには理解できず取り乱しまくり、裸を見られて恥ずかしがる様子が可愛かったです(このキャラは若干ツンデレ的なところがありました)。

データを盗み取ろうとするものの、なかなかうまくいかず


出社後は、玲奈が昨日の行為を隠しきれない一方、慣れている主人公はいつも通りに振る舞います。伊結は勘が鋭く、玲奈と同じ匂いがすると指摘してきました。


玲奈に声をかけ、部長が盗撮している疑惑があると告げます。途中Hシーンが入ったので話が若干わかりにくいですが、今主人公たちがやろうとしていることは部長のアクセス権を使ってのデータ奪取です。玲奈に話を引き延ばさせ、必要なデータを根こそぎコピーすることに成功しました。冷静に見ると主人公の言動は相当不審なものがありましたが(ハッキング絡みの知識がありすぎる)、玲奈は疑うそぶりは見せず。

が、部長のアクセス権限を使っても、必要なデータは得られませんでした。中枢データのアクセス権限があるのは社長・秘書などのみで、難易度は高いですが、そちらからのハッキングをせざるを得ない状況に追いこまれます。

秘書はガードが固い


上層階へ侵入する方法がないか調べを進めていくと、秘書と遭遇します。いい雰囲気になりかけるものの(主人公としてはなんとかして親密になって上層階へ行きたい)、仕事とプライベートは分けているからときっぱりと断られてしまいました。

社長室やサーバールームのある上層階へのセキュリティは強固で、社長の娘である伊結でも行くことはできないとのことです。秘書は部長との会話内容については教えてくれず、かなりガードが固いです。どうやったら落とせるか、夜宵と相談します。


夜宵はしばらく前からこの社で捜査をしており、既にシステム部と多少交流を持てていました。システム部の情報を得る夜宵から得る代わりに、デートすることになります(夜宵の方は主人公とヨリを戻したくてたまらない感あり)。

夜宵とデート

回想が入り、主人公の幼少期の出来事が少し明らかになります。詳しい状況はわかりませんでしたが、この時の両親の死が主人公の無感情気味な性格に大きな影響を与えていそうです。


2人きりのデートを楽しもうとするものの、いつものオペレーター(オペ子)が話を聞いていまして、このあたりはコミカルな雰囲気です。


昔を懐かしみながら街を歩き周り、


バーでは過去を交えたシリアスな会話になります。主人公の考えを見抜いてズバリと指摘するあたりは元カノならです。




そのままホテルで全裸Hで、激しく求めてきて大人なセックスでした。

夜宵がハッキング失敗

場面変わってオフィスで、伊結に仕事を手伝ってもらいつつ裏では情報を探りますが、なぜか夜宵・オペレーターの両方と連絡が取れなくなり、不気味な雰囲気です。


様子を見に行くと、夜宵が浮かない顔をしており、珍しく失敗をやらかしていました。明言はされませんでしたが、主人公の役に立とうと焦って無理をしたようです。オペ子がなんとかバレないよう取り繕ったものの、次のメンテナンス時にはハッキングしたことが明るみになってしまうということで、なんとしてもそれまでにサーバールームへのハッキングを行い、不正アクセスの痕跡を消さなければならなくなりました。

伊結と関係


秘書をなんとかしたいものの未だにつながりが持てず、まずは社長娘の伊結を利用することにします(秘書は伊結の世話係・監視役的な面あり)。


伊結と親しくしているのを見て複雑な感情の玲奈に、強引にキスしてつなぎ止めます(玲奈にはまだ味方でいてもらわないと困る)。


伊結は父親から伊結の誕生パーティへの参加を求められてますが、そういったことが面倒な伊結はサボる口実を探してました。それを利用し、バーに連れ出すことに成功します。帰ったらパパに怒られそうと冗談気味に言いながら、一緒に酒を飲んでいるうちにいい雰囲気になり、


もっと一緒にいたいと身を寄せてきてホテルへと移動します。慣れた感じのフェラ、



全裸側位Hと続きます。十分ヤった感がありましたが、伊結はまだまだ満足せず、さらに正常位での絡みです(=男慣れしている感あり)。このキャラは朝までとはならず、夜のうちに帰っていきます。

秘書と距離を縮めていく


翌日、お怒りモードの秘書がフロアにやってきまして、怒りの対象は当然ながら前日誕生パーティをサボった伊結です。が、ブランド物のバックをあげるとすんなり機嫌が直りました。


秘書の愚痴を主人公が聞くことになり、パーティは主賓がいないことで大失敗に終わり、社長は大恥をかいたそうです。主人公的にはなんとかして親密になりたいところですが(次のメンテまでになんとかしないと一巻の終わり)、結局うまくあしらわれて終わり、距離は縮まらず。

伊結と会議室セックス


玲奈から企画を立てるよう言われ、伊結と話し合うもののいい案が出ず。会議室で考えることを持ちかけられます。


伊結から積極的にフェラ、


立ちバックと続き、バレたらシャレにならないというスリルを味わいつつセックスを楽しみます。

社長と初遭遇


部屋を出たところで社長(伊結の父)とばったり遭遇します。主人公の働きぶりが社長の耳に入っていました。見かけは悪人には見えませんが、信用はできません。


説教からの流れで、パーティの日に主人公と一緒にいたことを伊結が明かしてしまいます。当然社長も目の色が変わって問い詰めてきまして、結婚を前提としたお付き合いをしていると言わざるを得なくなりました。話を社長がどこまで信じたかはわかりませんが、ともかくこの場は乗り切れました。

玲奈と社内H


メンテナンス日が迫り、もはや手段を選んでいられなくない状況です。秘書となんとかしてつながりを持ちたいものの、伊結と関係したことがバレていてうまくいかず。直球でデートに誘うものの、体よく断られてしまいます。


玲奈といい雰囲気になり社内Hで、


足を持ち上げての立位ハメと続きます。


いちゃいちゃしているところを秘書に見られることに成功しますが、このあたり、主人公の狙いがオペ子にもわからず。

秘書と関係


翌日、明日サーバーをリセットすることが秘書から告げられます。周りの皆はさらっと聞き流すものの、主人公は焦りを隠せません。どうやらハッキングがバレたようです。もはや手段は選んでいられず、秘書と強引に2人きりになります。


秘書からは、女2人と関係していることを問い詰められます。女2人とは向こうが迫ってきただけ、自分が本当に好きなのはあなただと口説き、レイプまがいに襲いかかります。


秘書は実際行為に及ぶと騒いだり抵抗したりはせず、手マンするといい反応を見せました。


そのまま一気に挿入、


さらに立位ハメと続きます。主人公は裏でなにかやっているようで、時間を稼ぎます。事後、主人公の狙いが明かされ、至近距離のみ有効な無線でデータを抜き取ったとのことです。これで上層階に入るのに必要な、秘書のIDカードデータが手に入りました。

メンテナンス当日


いよいよメンテナンス当日(=作戦決行日)です。夜宵と2人で、監視カメラの首振りタイミングを利用して見つからないようにしつつ、サーバールームを目指します。


警備員の勘が鋭く、一筋縄ではいかず。オペ子の機転でなんとか乗り切ります。


なんとか警備員の隙を突き、サーバールームへ無事たどり着きます。ハッキング開始し、これであとはデータを吸い出すだけと一息つく主人公ですが、火災報知器が鳴り響いて一気に緊迫した状況になります。


扉にロックがかかって出られず、サーバールームに閉じ込められてしまいます。消火のための二酸化炭素が部屋に広がり、呼吸ができず絶体絶命(生死不明)というところで体験版は終わりです。

感想まとめ

時々出てきますハッキングシーンなどがいい描写で、緊迫感ある展開で面白く読めまして、終わり方も先が気になる展開でした。システム的にはオーソドックスなノベルゲーで、体験版の範囲では選択肢はなかったです。

エロシーンについては、ヒロイン達が大人ということもあってか、メーカーさんの他作品と比べると序盤からエロシーンが多い印象でした(Hに至るまでの期間が短め)。状況的には4人ともと関係するハーレム展開なものの、主人公に恋愛感情は薄く、Hはあくまで任務成功のためと割り切ってました。CG的には最初の方は全裸Hが多かったですが、社内でスーツ姿のままこっそり着衣Hするというシーンもしっかりあり、うまくバランスの取れた内容になってました。

Kiss&Crisis
Kiss&Crisis [pure more]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)