3DダンジョンRPG「人妻セレナと魔石のダンジョン」(ルさんちまん)体験版感想

人妻セレナと魔石のダンジョン
人妻セレナと魔石のダンジョン [ルさんちまん]
11/23の予告新作で、借金を抱えてしまった人妻主人公がダンジョン探索していく話です(RPGツクールMV製)。体験版では第一層~第二層の途中までをプレイできました。本編は2019年12月下旬発売予定です。

追記:12/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,760円、160ポイント還元
FANZA販売ページ 1,760円、320ポイント還元
モンスター討伐の依頼で留守がちな夫の手前、セレナが代理で村人たちとの交流をしていた帰り……
思わぬきっかけで、昔に強大なモンスターを封印した宝玉にヒビが入ってしまう。
宝玉の修復にはダンジョンで素材をとってくる必要があり、
セレナは久方ぶりの冒険に向かうのだが……

勇者である旦那を見送り


旦那である勇者が討伐に向かうところから話は始まり、見送っている奥様のセレナが本作の主人公です。なお夫婦仲はいいようですが、数年間セックスレスとのことでした(夫が忙しくてその暇がない模様)。


冒険者学園に通っている娘もいまして、この時点では平和な一家といったところです。

感謝祭で泥酔し…


義父に誘われて出た感謝祭で酔っ払い、これがトラブルの発端になります。


酔って寝入ったのをいいことに、義父が襲ってきまして、



途中で気がついたセレナは思わず抵抗して義父を突き飛ばしてしまい、その勢いで大事な宝玉にヒビが入ってしまいました。このままでは悪魔王マイルフィックが復活しかねないと、そのあたりに詳しいロリ魔術師のところに相談に向かいます。

10年ぶりにダンジョンへ


魔術師いわく、いったん外に出して封印をし直すのが手っ取り早いとのことですが、マイルフィックはセレナひとりで勝てる相手ではなく、その方法は取れませんでした。魔石を集めてヒビを修復することになり、


魔石を求めて、昔クリアしたダンジョンに改めて向かうことになります。

怪しい男達とパーティを組むハメに


セレナは以前は高レベルな魔術師でしたが、10年も冒険していなかった為、すっかり腕が落ちてしまってます。初級呪文しか使えずに1層のモンスターに苦戦していると、通りがかった男達が助けてくれます。男達は後衛不在、セレナは前衛がいなくて困っているということで利害が一致し、臨時のパーティを組むことになりました。


ここから動かせるようになり、ダンジョンは3Dで、左下のマップを見ながら進むとわかりやすかったです。ルート的にはここは一本道で、道なりに進むほかありません。



先へと進んでいくと、男達の勝手な思い込み(高位魔法が使えるはず)により、仲間が2人死亡してしまいました。男はセレナに一方的に責任を押しつけてきまして、


人の良いセレナは押し切られて蘇生費用を立て替えることになり、想定外の高額さに困惑します。しかも蘇生に失敗して額が跳ね上がりました。


結局セレナは騙されており(恐らく司祭もグル)、気がつくと多額の借金を背負っていました。契約書にサインしてしまった為、破棄しようとすれば呪いで死んでしまい、借金を無視するわけにはいかず。

スラムのギルドでハメられ



動けるようになったら、自宅を出て村を出てギルドへ向かいます。


それなりにまともなギルドだろうと淡い期待を持ちつつ建物に入りますが、


中では女がひどい格好でおり、女を奴隷として扱う下級ギルドでした。なおこのジュリアという女は、この先も色々と主人公の力になってくれます。


多額の借金を抱えたセレナも当然男達の餌食になり、さっそく全裸にされ、口では抵抗するものの男達に押さえられてハメられます。




翌日もギルドへと向かい、冒険者を雇うにはセックスする必要がありました。雇う為にはやむを得ないということで、旦那に対して申し訳なく思いつつ、抵抗はせず従います。

ダンジョン探索開始


ジュリアに話しかけて冒険者編成を終えたあと、ギルド内左上の”CHECK”(白文字)からダンジョンに行けます(マップからダンジョンへは基本的に行けません)。


ここからダンジョン探索開始で、あとは自分のペースで自由に進めていけます(日数ノルマ的な物はなかったので、無理せず少しずつマップを埋めていけばOK)。


セレナが弱いのに加えて仲間も少なく、最初のうちは敵を倒すのになかなか手こずりました。


しばらく進んでいくと前衛がやられてピンチになりましたが、ダンジョンから手動で脱出することはできない模様で、やられる他ありません(なお他に食料がなくなった場合もダンジョンから脱出します)。全滅するとお金を少し落としてダンジョンから離脱することになり、お金を貯めるのは少々大変でした。


夜パートでは、一緒に冒険したメンバーの相手をさせられます(エロテキストは特になく、エロステータスアップと事後描写のみ)。

少しずつ強化し、中ボスのワーウルフを撃破



翌日、ジュリアに話しかけるとボッタクル商店に行けるようになりました。買えるのは物理武器・魔法武器と、防具が4種類です。購入すると次のランクのが表示され、金さえあればどんどん上のランクのものにアップグレードしていける仕組みになってました。いろいろ強化方針がありそうですが、今回はバランスよく上げていきました。


ダンジョン探索は、昨日探索した状況がそのまま継続です(=ランダムマップではなく固定マップ)。ルートがわかっていれば戦闘回数も抑えられ、楽に探索していけました。


右上方向へと進んでいくとボスのワーウルフと出くわします。周りの敵と比べると強いですが、単体相手なのでそれほど苦戦はせず(セレナのスキル”小炎”を使うと楽に勝てます)。宝箱が出るものの、このパーティには宝箱を開けられる人がおらず、”魔法のロープ”で離脱します。

盗賊を探してギルドで聞き込み


ギルドへ戻り、盗賊探しをしていくものの、簡単にはフリーの盗賊は見つからず。


一通り話しかけると話が進み、ハメられているロナという女の子が盗賊なことがわかります。


セレナは自分が代わりに犠牲になって助けるものの、当のロナ本人からは全く感謝されず。ともかく仲間が2人増えました(盗賊と僧侶)。


ロナのおかげで、ワーウルフの宝箱を難無く回収です。

1層ボスのゴブリンを倒し、2層に到達



行けていなかった右下エリアを探索していき、”複数の足音”の先でゴブリン集団と戦闘になりました。かなりの強さな上、こちらが疲弊した状態だったため勝負にならず(このゴブリンたちが、1層のボスでした)。



ボス部屋手前左にある隠し扉を使うとショートカットできまして、これを使ってほぼ満タン状態で挑み、なんとか勝つことができました。勝利後、奥の扉に入ると第2層に到達です。



2層は敵がぐっと強くなり、毒も厄介です。軽く見て回ったあと、クリスタルからいったん戻りました(以降ここから探索開始できる)。


翌日、2層到達をメルに報告し、呪文書を買えるようになります。

テレポーターの罠に引っかかり…



2層を探索していくとグルカと遭遇し、強引にパーティに加わります。


グルカの性格は当然変わっておらず、罠解除中のロナにちょっかいを出し、解除に失敗してテレポーターの罠に引っかかってしまいます。壁尻状態をゴブリンに見つかってピンチになりますが、


通りがかった謎の少女が助けてくれました。明らかに挙動がおかしく、主人公のことを知っているようです。


どこかで見た髪色と思いつつ読み進めていくと、帰宅したところで正体がわかり、娘のリンでした。母の状況を父や教師に報告するか悩むものの、結局誰にも言わず。

借金のことが娘にバレる


翌日、リンモードに変わります。このキャラの場合、ギルドとは関係が無いので直接ダンジョンに行くことができました。



ダンジョン内では勝手にイベントが進み、プレイヤーは読み進めるだけでOKです。尾行し、スラムにあるあのギルドが怪しいと睨み、



母の抱えた借金のことに気づいてしまいました。このあとどうなる、というところで体験版のストーリーは終了です(引き続きプレイ可能)。

感想まとめ

本格派3DRPGという印象で、ウィザードリィのパロディもちらほら出てきて面白くプレイできました。キャラ的にも、サークルさんおなじみのロリキャラが色々出てきましていい味が出てました。

難易度はほどよく、じっくりレベルを上げていく系という印象でした。主人公が弱めということで、仲間の力を借りないとまともに進めず、ストーリー設定とゲームバランスがうまくマッチしていてよかったです。

エロ要素は力を貸してもらう為のエロ行為がメインで、男達のゲスさがうまく表現されてました。なお旦那は最初に出てきたきりで以降登場なしで、寝取られ感については自分の印象ではやや薄めでした。

人妻セレナと魔石のダンジョン
人妻セレナと魔石のダンジョン [ルさんちまん]

過去作品


行け!! 鳴神学園オカルト研究部2
主人公である神皇寺沙耶(しんのうじさや)は、古くから続く陰陽師の末裔。
持ち前の才能と修行で磨いた退魔の技で、失踪した母親を探し魔界を巡る日々を続けていた。
そんな彼女の元に、新たな依頼が舞い込む。


奴隷王女シャルロット
山賊共の奴隷となり、山賊共と共に国を攻め落としていく王女の物語です。
今回はSRPG。舞台は一つの国を攻め落とすまでに渡る、13ステージと大ボリュームです。


王女アイリスの世直し冒険記
旅に慣れたある日、アイリスは妹のサーシャを連れていつものように盗賊のアジトへ乗り込んだ。
辺鄙な村の盗賊団に苦戦することなく、雑魚どもを蹴散らしアジトの最深部へと進むアイリスたち。
しかしそこで、予想もしなかったことが起きるのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)