ゲームブック風エロゲ「ダンジョンと娼婦」(LIMIT CYCLE)製品版感想

ダンジョンと娼婦

ダンジョンと娼婦 [LIMIT CYCLE]

5/6発売の新作で、男冒険者がダンジョン探索していくという話です。一風変わったシステムが新鮮で面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,080円、100ポイント還元

FANZA販売ページ 864円(20%OFF価格)



体験版感想はこちら

ゲームブック風エロゲ「ダンジョンと娼婦」(LIMIT CYCLE)体験版感想

あなたは名も無き冒険者だ。日銭を稼ぐためにダンジョンに潜り、酒を飲み、女を抱く。

そこには崇高な使命もなければ、受け継がれる運命もない。

あなたにとって冒険とは、日々の糧に過ぎないのだ。

あなたが抱く女たちもまた、生きるために肌身を晒すのみ。

これはそんな人々の人生の断片を切り取った、あらすじのない物語だ――。

FLOOR1 坑道


このフロアは体験版とおおむね一緒です。はしごを使うとダイス判定があり、失敗すると落下して体力が減ることになりました。


FLOOR1の他イベントを見ていきますと、FLOOR1に2人・FLOOR2に1人いる風俗嬢はいずれも、一度買ったあと再訪すると新たな展開になります。抜く女の場合、勝負を挑むと、女の手コキに耐えることになり、なんとか勝利するものの、体力1精力0になってしまいました。イベント3段階目で、娼婦を追って地上に戻るとEND2(去りゆく女に未練を残し~)です。

引き継ぎは、タイトル画面に戻ったあと”つづきから”を選択します。ステータス・アイテムそのままでFLOOR1のスタート地点からやり直すことができました。


一方オアシスは、4段階目まで進めると薬(強壮剤)を勧められました。やめておくを選ぶとEND1(馴染んだダンジョンを離れ、新天地を目指す)、飲むとエロ展開(回想名:オアシスの女4)です。


なおオアシスのイベント3段階目は、十分強くなってからやろうとすると結構手間がかかりました。このイベントは他と趣向が違って、(自分の現在の)体力点より高い値をダイスで出す必要がありました(ここは幸運値を使ってのブーストもできない)、最大値を上げて12になっていると、意図的に下げないといつまでたっても成功できません。下げるのは、イベント”抜く女2″の勝負を使うと楽です。

FLOOR2 大空洞


上下の分岐路は、上に進むとFLOOR1へ戻れます。調べるを選ぶと駐在所の高級娼婦へと進みます。


駐在所には高級娼婦がおり、FLOOR1の2人と比べると気品のある雰囲気でした(初回は普通に買えばOK)。


左下の標識にはこの先危険的なことが書かれており、左に進むとFLOOR3へ進めます。


右上の滝壺は、駐在所の高級娼婦で先に進むを選ぶと低確率で来れました(他には戦闘で逃げた場合にたどり着けたことがありました)。イベント”滝壺の女2″で、抜くを選ぶと男兵士に見つかり不敬的な罪で捕まってしまいます(女は偉い女騎士様だった)。処刑されてもおかしくない状況ですが、運よく罰を与えられることはなく、追放処分で済みました(END4:自慰の現場を見つかり、遁走する)。

滝壺の女3は、さらに滝壺に通う必要がありました。無人の泉で水浴びしていると女騎士に見つかってしまい、短剣1本で勝負するハメになります。相手が有利なダイス勝負で、負けるとEND5です(女剣士にやぶれ、惨めにダンジョンから去る)。

この女騎士イベントは前提含めて運要素が強く、同じ状況に持っていくのに苦労しました(本作はオートセーブのみで、ダメだったからロードしてやり直すということができない = ダイス勝負に失敗したらまたFLOOR1からやり直し)。3度目の挑戦で運よく相手が低い値を出してくれ、ようやく勝利できました。勝利するとペンダントを入手し、騎士になるのもありかなというEND6です。なお回想(滝壺の女3)を使うと勝ち・引き分け・敗北を自由に選べまして、ゲームにそこまでこだわらない場合はそちらで見るのが楽です。

FLOOR3 洞穴



ここには娼婦や商人はおらず、いるのはモンスターのみです。モンスターは4種類出てきまして、ノズが最も技術力高く、9でした(そこまで強くはなく、幸運度を使えば高確率で勝利できます)。上層に戻るとFLOOR2へ帰れます。


戦闘に2回勝利すると宝箱があり、中身はキングアックス(技術点+8 おそらく本作最強の武器)でした。

高級娼婦エンド、回想


FLOOR3で4体いる敵を全部倒して”古い剣の柄”を手に入れたあと、FLOOR2の駐在所の高級娼婦を買うと新展開になりました。明示はされなかったものの、おそらく彼女にとって大事な冒険者の遺品と思われます。お礼として”女神の首飾り”をくれ、効果は体力最大値+2でした。

これを見たあと再度ここに行くと、商人や娼婦の護衛を頼まれるエンディングです(END3:一時の夢から覚め、冒険者の日常を取り戻す)。


回想はタイトル画面から行けまして、いずれかのエンドを見れば全部見られるようになります。ゲーム内で見た物は濃く、見ていない物はグレーで表示されるため、自力で埋める楽しみはしっかり残りました。

・エンドまとめ

1:”馴染んだダンジョンを離れ、新天地を目指す” → FLOOR1 オアシスの女4で、やめておくを選択

2:”去りゆく女に未練を残し、今日も洞窟に潜る” → FLOOR1 抜く女のイベントを3段階目まで進める

3:”一時の夢から覚め、冒険者の日常を取り戻す” → FLOOR2 高級娼婦に剣の柄を渡したあと、護衛を務める

4:”自慰の現場を見つかり、遁走する” → FLOOR2 泉で、女騎士で見抜きし捕まる

5:”女騎士にやぶれ、惨めにダンジョンから去る” → FLOOR2 泉で、女騎士に敗北

6:”女騎士とまみえ、人生の転機をつかむ” → FLOOR2 泉で、女騎士に勝利

感想まとめ

特にバグもなくコンパクトにうまくまとまった内容になってまして、ストレスなくさくっとプレイできました。話的には、いろいろな終わり方があって面白かったです。ダンジョン的なボリュームはやや少なめで、コンプリートまでの所要時間は2時間程度でした。

戦闘難易度はおおむね簡単めでしたが(FLOOR3でキングアックスを手に入れてしまえば負けることはほぼない)、女騎士とのイベント戦闘は勝つのに少々苦労しました(ダイス運が必要)。

エロはいずれも娼婦(不慣れ娼婦、経験豊富な娼婦、高級娼婦)が相手で、冒険者ならではというエロ内容・雰囲気になっていてよかったです。あとは女騎士がいるものの、こちらは覗き見と勝負のみでした(かなり高い地位とのことなので、ヤれないのは妥当なところだと思います)。エロシーン自体は、いずれかのエンドを見れば回想で見られるようになり、無理して全部自力で埋める必要がないのはありがたかったです。

【30%OFF】ダンジョンと娼婦【30%OFF】ダンジョンと娼婦【30%OFF】ダンジョンと娼婦【30%OFF】ダンジョンと娼婦

過去作品


COMING ESCAPE 僕と彼女の射精魔法

行商の途中で魔物に囚われた主人公は、同じく囚われの身の女冒険者と協力して

魔物の巣から逃げ延びようとする。ほぼ丸腰の二人にとって、頼みの綱は主人公の

魔法だけ。ただしその魔法はHしないと使えないのだった。あらゆる困難な状況で、

いかにHするかを堪能するコマンド選択式ADV。




ドラゴンと黒竜の巫女

主人公はドラゴンの通り名で知られる名うての冒険者です。

依頼を受けて、邪教はびこる辺境の地底王国に調査にやって来ました。

そこは暴力と性欲に支配された世界。ドラゴンはこの国の闇を払う事ができるでしょうか?




モンムス大脱出!! へたれ魔導師ききいっぱつ

スマホアプリで定番の脱出ゲーム風、コミカルタッチのクリックADV。ただし逃げ出すのは密室からではなく、自分を食べようとするモンムス(モンスター娘)から! 美しくも恐ろしい3人のモンムスから、逃げ延びることができるか!




ドウグヤノムスメ

主人公は借金まみれの新米道具屋さん。

商品の仕入れも販売もダンジョンで!

でも、稼ぐ手段はそれだけじゃない、彼女の看板商品は自分自身!

ダンジョンを徘徊するむさ苦しい冒険者達に、せっせと体を売って稼ぎましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)