女装要素ありの学園物エロゲ「アンゲネームプラッツ」体験版感想


アンゲネームプラッツ -Kleiner Garten Sie Erstellen- [ヘクセンハウス]

2016/01/19発売予定の新作エロゲで、女装要素ありの学園物です。体験版が出てたのでプレイしてみました。

体験版ダウンロードはこちら
アンゲネームプラッツ
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ HexenHaus ≫ アンゲネームプラッツ
「これからお前達は私の手足となってもらう!」
そんな言葉から始まったカフェ部の再建。
そこに集まったのはコスプレイヤー、高飛車なお嬢様、時々黒いオーラを出す美人、男性恐怖症の特撮好き等個性的な面々ばかり。
さらに女装を見られた主人公はことあるごとに女装して欲しいとみんなにせがまれたりと、ドタバタ繰り広げられる楽しい日々を覗いて見ませんか?


お嬢様+メイドに呼び出されたところから話は始まり、


回想で原因が語られました。里緒というのが本作の主人公(男)です。幼なじみに頼み込まれて渋々女装し、似合ってると褒められてまんざらでもなさそうです。


押しに負けて女装のまま帰宅しようとすると先ほどのお嬢様(天ヶ瀬初音)に見つかってしまいました(女装が似合ってなかったわけではなく、主人公に気があったため速攻気づいた模様)。お嬢様はカフェ部を作りたいようで、部に入らなければ女装をばらすと脅してきます。やむなく受け入れ、部員集めに協力する羽目になります。


部員探しにはそれほど苦労せず、すんなり集まりました。


お嬢様が連れてきた後輩は男性恐怖症で、これの克服のために主人公が女装で協力させられます。


以降はカフェ開設のための準備です。まずは掃除から始まり、


店のデザインをどうするかでいろいろ揉めたり、


他生徒達が早くも気づいて見に来たりと続きました。


読み進めていくと出てくるキャラ選択画面は、Hシーン選択ではなく日常の続きです。誰を選ぶかでシーンが変わります(分岐が終わるとまた共通ルートへ)。選択は結構頻繁に出てきました。


カフェが舞台ということで料理のシーンが割と多く出てきました。お嬢様は味覚が他メンバーと違うようです(メンバーの舌には合わないものの、本人とメイドはおいしく食べている)。



奈月はかなりの料理音痴に描かれており、食べ物とは思えないゲテモノを作ってメンバー達に逃げられてました。


一方主人公は自宅がケーキ屋ということでお菓子作りがうまく、店の調理は主人公がメインになりそうでした。


そんな感じで店の準備が進み、一通り終わったところで息抜きにプールに向かいます。ヒロイン達の水着姿が見られました(主人公の水着女装はなし)。


いよいよカフェがオープンというところで体験版のストーリーは終了です。ここまでプレイするとHシーンが2つ見られるようになります。




優奈のHシーンはメイド姿の主人公が攻めでした(Hシーン後半は全裸)。


一方奈月のHシーンは特に女装要素はなく、普通に男女なHシーンでした。

まとめ:
個性豊かなキャラがいろいろ出てきまして面白く読めました。操作性も特に問題なかったです。

女装物としては、女装するのは時々という感じで、バレそうになってどうこうという緊迫なシーンは特に無しでした。あと優奈がコスプレイヤーということですが、それがらみの(コミケなどコスプレイベントや撮影会)シーンは少なくとも体験版ではなしでした。

Hシーンは優奈とのシーンでメイド女装が見られ、設定をうまく活かしていてよかったです。

・本編サンプル画像


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)