女主人公エロRPG「Blood price」(つきみたけ)体験版感想

Blood price

Blood price [つきみたけ]

2015/4/2の予告新作で、女主人公なエロRPGです(RPGツクールVXace製)。体験版あり、2015年05月下旬発売予定。

追記:2016/7/28に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、42ポイント還元
DMM 販売なし
主人公は父親が治めている平和な土地でヒトと魔族は仲良く暮らしていたが
しかし、父親の急死によって事態は一変、従者達とも離れ離れになってしまう。

離れ離れになった従者達を探すため、こんな事を引き起こした元凶を叩くため
主人公の冒険が始まった――――――


主人公が父親と死別するところから話は始まりまして、


主人公が引き継いで領主になりました。


部屋を出ますと、メイドが薬草を採ってきて欲しいと頼んできましてこれが最初のミッションになります。お嬢様は強いので~的なことをメイドは言いますが、素手で何も装備していない状態なので、そのまま戦闘フィールドに突っ込むとザコに全然歯が立たず即死なのでご注意ください。



武器庫はメイドの右下方向の、↑の部屋です。ひととおり装備するとだいぶ攻撃力・守備力が上がります。
(追記:本編ではこの拳銃は手に入らず)



街には色々魔物がいまして、人と魔物が共存している感じがうまく出てました。下へと進んでいき、町を左下へ抜けると戦闘フィールド(森)です。


戦闘はシンボルエンカウントでした。主人公が使える攻撃系の技は、とりあえずは乱射だけです(他に攻撃力アップ技と、回避・俊敏が上がる技があり)。乱射は複数回全体攻撃ですが、かなり命中率が低く、当たるのは1~2割という感じでした(たまに連続で命中しまくることもあり)。今回は敵の数が多いときは乱射、2体程度まで減ったら通常攻撃で戦いました。


入り口付近にたき火があり、ここで何度でも全回復できました。あとメイドからもらったポーションがありますが、貴重品なのでザコ戦で使ってしまうのは非常にもったいないです。

レベルは4程度まではさくさく上がりましたが、そこから先は必要経験値が結構多く、なかなかレベルが上がらなくなりました。


スライムに負けると↑の敗北Hシーンが見られます。異種姦な雰囲気がうまく出てました。


ツキヨアルキタケ(ツキヨアルキタケ*2、スライム*1の敵)の方にも敗北Hシーンがありました。キノコの毒で力が入らなくなりお漏らししてしまうシチュです(漏らすのみで絡みはなし)。


右上へと進んでいくと、この先ボスだよ的なNPCがいまして、


左へ進んで目的の薬草を手に入れると、ボス敵の”変異スライム”が襲ってきます。


初回はLV5で挑みまして、2000程度ダメージ与えたと思いますが押され負けてやられてしまいました。敵の攻撃は、やってくるのが通常攻撃なら回復が間に合いましたが、時々やってくる乱打(連続攻撃、スタン属性あり)がきつかったです。


敗北するとエロシーンがあったあと、ザコ戦とは違ってゲームオーバーになりましてタイトル画面に戻ります。

ロードして10分ほどレベル上げしまして、Lv7になったところで再挑戦しましたが、連続攻撃+スタンを食らってさっきよりもダメージ与えられずにやられてしまいました。繰り返し挑めばなんとかなりそうな感じもしますが、とりあえず今回はここまでにしました。なおここまでのプレイ時間はセーブデータの数値で25分(死んだ分込みで約30分)です。




いったん街に戻りじっくり巡っていくと、買取屋(町の北)の光ってるポイントで”骸骨ピアス”が万引きできまして(なお自室で手に入る”心の器”の説明によると万引きをしすぎるとペナルティがある模様)、これを装備すると運がかなり上がりました。上がったのが影響してるのかわかりませんが、乱射がなんだか当たりやすくなったように感じました。

ほかに戦闘中にCTRLキーを押すと早送りできることに気づきました(付属のReadme.txtに記載あり)。想像以上に速く、乱射を使うとものの一瞬で戦闘が終わりました。これでレベル上げがかなり効率よくできるようになりました。ある程度戦って敵の力がわかったあとはどんどん使っていくといいです。


LV10まで上がったところでボスに再挑戦しました。戦闘前のステータス・装備品は↑の通りです。


幸い今回は連続攻撃をやってくる頻度が少なく、スタンで攻撃できないターンも運良くなしでした。約3000ダメージ(最後は会心の一撃で1000ダメージ)で倒せました。


屋敷に場面が変わりまして、メイドがいて奥へ行けなかった階段から先に進み、
(追記:この先体験版終わりまで買い物できなかったので、先に進む前に店などで回復アイテムをストックしておくといいです)


光ってる箇所を調べるとイベントが起こります。屋敷に何者かが襲ってきまして、



劣勢になり、主人公だけでもと魔方陣から逃げることになりました。



気がつくと別の家で、階段を下りると魔術師がいます。


話を聞いたあと外に出てみました。下へと進むと”迷いの森”で、早速敵がいます。先ほどのザコ敵と比べると1ランク強いです。


数戦はなんとか勝てたものの、帰ろうとすると帰れないことに気づきました(画面移動して戻ると別のところに出る?、詳細まだ不明)。回復ができないとさすがに厳しく、押され負けて死んでしまいました。


ハチ(ワスプ)に負けると↑のようなエロシーンで、無理矢理レイプという感じです。

エロシーン後地下室のようなところで復活しまして、HPは1です。敵(ワスプ)が結構いまして、触れてしまうとまた戦闘になりやられてしまいます(敵が必ず先攻)。エロシーンは飛ばせないようでした(CTRLキーで早送り可能)。続けて数回見る羽目になり、カットできてもいいように感じました。


上の黒い箇所から外へと出られますが、先ほどの家に戻ることはできず、諦めて家の時点のセーブデータをロードしました。1箇所にのみ上書きセーブしている人はハマらないように注意です。

ここまでまとめ:
世界観的には、いろいろな魔物が街にいまして、なかなか独特ないい雰囲気が出てました。ストーリー的にも、やることがすぐに見つかりすんなり話を進められました。

ゲームバランス的には、最初のボスを倒すまでにだいぶ苦労しました(20分ほどレベル上げたあと運よく勝てました)。進んだ先の迷いの森でもザコ敵が強く、やり応えありそうな感じです。

エロシーンは、魔物の特徴がうまく出ていていいエロCGでした。シチュ的にも色々変化に富んでてよかったです。(なお付属テキストによると、今回の体験版にはHシーンが6つあるとのことです)


4/3追記:

魔術師宅にいったん戻りじっくり探索してみると、いくつか装備品が手に入りました。↑の宝箱から手に入る”朱の書”は装飾品で、装備すると炎魔法(魔術4種類)が使えるようになります。


他に家を出て左手からぐるっと回っていくと宝箱がありまして、ホーネットブローチが手に入りました。マヒをある程度防いでくれるということです(耐性100%ではなく、食らうことあり)。


ブレイズブロウ(MP60消費)を使うとザコ敵をワンパンできまして、レベル上げが一気に楽になりました。

迷いの森の構造もしばらく歩き回っているとわかってきました。ボスのところに行くには、



1.森に入ったあとそのまま下へ進む


2.↑の箇所を右へ進む


3.左下へと進むとボス部屋に出る


ボスは誘惑の歌(食らうと混乱)を高確率で使ってきましたほか、通常攻撃のダメージも約300と大きめです。LV12で戦いましたが4ターンほどでやられてしまい、ちょっと歯が立たない感じでした。


負けると異種姦Hがありましたあと、前のボス戦同様にゲームオーバーです。しばらくレベル上げしてから再挑戦したいと思います。なおザコで毒になってしまった場合、治すには死ぬしかないようでした。


なおハチに捕まったあと↑の場所から家へと戻るには、→へと進めば最初の場所に出ます。


4/4追記:

LV16まで上がったところでボスに再挑戦しました。混乱対策は、なるべく攻撃力の低い武器を装備するようにするのがいい気がしました(混乱したときに魔法使うことはない模様)。自分は”革のグローブ”(攻撃+5、防御+10)で挑みました。


ザコから手に入った”毒針”を試しに使ってみると効きまして、数ターンに渡って600ずつ与えた(合計ダメージ2843)のでかなり有効な攻撃手段です。

2ターン目以降は魔術のファイアアローで攻撃しました。幸い今回は混乱にかかることなくターンが経過していきまして、合計7034ダメージ与えたところで撃破できました。


倒したあと右へと進むと魔族の村に着きまして、体験版はここで終了ということです(引き続きプレイ可能で、魔族の村で情報集めや買い物ができます)。プレイ時間はセーブデータの数値で1時間20分でした。

まとめ:
ゲームバランスについては、最初は難しく感じましたが、町などを探索して装備を揃えたり敵の弱点がわかったりすればあとはわりと楽に勝てました。ボスを倒すにはレベルを結構上げる必要がありましたが、CTRLキーで超高速に早送りができるのでストレス感じずにレベル上げができました。

エロシーン6つはいずれも異種姦で、CG・テキストともに敗北感がうまく出ていていい異種姦Hでした。

Blood priceBlood price