館もののエロゲ「麗華の館 ~催眠遊戯への招待状」(しすたーそふと)体験版感想

麗華の館 ~催眠遊戯への招待状

麗華の館 ~催眠遊戯への招待状 [しすたーそふと]

3/22発売の新作で館もののノベルゲームです。2,625円。
主人公・響一と妹の緋芽はスノボ旅行の帰り、雪山で遭難してしまう。
辿り着いたのは豪華な洋館―――そこは麗華と瞳という謎の美人姉妹が住む、ありとあらゆる快楽を追及する超高級娼館だった。
宿泊を賭けたゲームの最中、麗華に快楽催眠調教を仕掛けられ、響一は徐々に現実感を失っていく。
そして妹の緋芽は、けなげに兄を救おうと身体を差し出していく……。
はたして、兄妹は快楽催眠の支配から脱出できるか?

・基本的にはMシチュメインですが、逆襲展開もある作品となっております。結末は…お楽しみです。
・お話は今作でまとまりますが、シリーズ全体で三部作となります。
・本作には分岐選択肢はありません。シンプルに謎めいたエロスな物語を楽しむ形式となっております。
・まんズリ・足コキ・尻ズリ・前立腺責め・イマラチオ・タマ舐め・4P乱交・レイプ・近親・寝取られなどエロス要素盛りだくさんでお届けします


体験版感想です。雪道で遭難しかけるところから話は始まりました。妹キャラがアニキと呼んできていい感じでした。


美人二人が出てきて、射精したら50+50+100万円取られることになりました。




妹と一緒にお風呂に入ったあと、美人の攻めシーンがありまして我慢できずに勢いよく射精してしまいました。朝食を取ったところで体験版は終わりです。先が気になるいい終わり方でした。

まとめ:
緊迫感ある展開で面白く読めました。キャラ的には妹の緋芽がなかなかいないタイプでよさそうでした。

なお説明文によりますと“分岐選択肢はありません”となってまして、(本編の方の)寝取られや逆転は一切回避できなさそうです。

関連記事(本編ネタバレあり閲覧注意):
伝統攻撃 【同人ゲーム】麗華の館 -催眠遊戯への招待状- 感想
「麗華の館」、マゾ犬→復讐神の使徒→衝撃のラスト。寝取られシーン有り(しすたーそふと) – NTR BLOG(寝取られブログ)
麗華の館 ~催眠遊戯への招待状~ ErogameScape -エロゲー批評空間-

麗華の館 ~催眠遊戯への招待状麗華の館 ~催眠遊戯への招待状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)