魔法使いの女の子が主人公のエロRPG「魔法使いリィーナ」(あんみつや)体験版感想

魔法使いリィーナ

魔法使いリィーナ [あんみつや]


7/1の予告新作で、魔法使いの女の子が主人公の作品です。2014年07月上旬発売予定。

追記:7/12に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM販売ページ 1,458円(10%OFFキャンペーン価格)
Gyutto 販売なし
デジケット 販売なし
メロンブックスDL 販売なし

春にザイデル魔法学院を無事卒業したリィーナ・アップルガース。
就職活動がうまくいかず、現在は住み込みで皿洗いのアルバイト。
そんな彼女の元に待ちに待った仕事の話が舞い込みます。
夢と希望で胸を膨らませ、向かった先は商業が盛んな町モンドベリー。
この町で常駐魔法使いとしての生活が始まります。
洞窟の調査や町の人々とのふれあい、エッチな誘惑やアルバイト。
果たしてリィーナは立派な魔法使いになれるのか?
7種のマルチエンディング、処女~淫乱・鬼畜女クリアまでOKの本格的RPGです。


体験版感想です。体験版では冒頭2日分が遊べるということです。ゲームを始めると、魔法学院を卒業したもののいい仕事がない主人公の状況が描写されました。


手紙が来たあと学院に舞台が変わりましてここから動けるようになります。学院長の部屋はまっすぐ進んだ↑の部屋でした。


仕事内容が説明されましたあと、モンドベリーの町に舞台が変わります。



差し迫った危険はないものの洞窟を探索してくれということです。手短な説明でわかりやすくていい導入部でした。


町は結構広いです。宿屋は町の右下に、道具屋(洞窟探索にはたいまつが必要)は町の真ん中あたりにありました。洞窟はひたすら上に進んで町を出たところにあります。初日は洞窟には入れず、宿屋に入ると話が進みます。

洞窟に入ったらまずはたいまつを使います(持ってるだけでは効果なし、使わなくても進むことは可能なものの周囲1マスしか見えず探索が困難)。戦闘はシンボルエンカウントで、敵の数はとりあえずは少なめ(1画面に1体程度)でした。


最初に出会うスライムは魔法攻撃が有効です。魔法攻撃が100以上与えてワンパンなのに対して、通常攻撃のダメージは10以下と小さいです。なお奧で出てくるジャイアントバットは通常攻撃で50程度与えられました。


このあとしばらく探索とレベル上げをしまして、疲弊してきたので町に戻ります。上出口付近にある赤く光っている看板を調べると町の中を移動できまして便利でした。宿屋で寝ると体験版終わってしまうのでアイテムで回復します。HPはヒールの魔法で回復できるので、買うのはマジックウォーターがいいかと思います。



ダンジョンに戻って探索を再開しまして、体験版はLV5で打ち止めです。縄ばしごを使って降りた先ではステータスアップアイテムなどが手に入りました。ダンジョン内を一通り回りましたがボス的なキャラは見当たらず。



探索はだいたい終わったので、わざと負けて敗北エロを見ることにします(なお普通の敵にやられると所持金が半分に減ってその場復活です)。スライムはひたすら通常攻撃していればなかなか死なないのでそのうち負けられます。エロシーンは表情がうまく描かれてて、鬼畜感が出てました。



ダンジョン奥で出るゴブリンにも敗北エロがあります。こちらは殴りで結構ダメージがいってしまうので、1戦でやられたい時は防御するのが無難です。こちらのエロシーンも無理矢理でしたが、もう非処女なせいもあってかスライムと比べるとあっさり目でした。


町でもひとつエロシーンがありまして、小劇場(看板からワープすると楽)の左側の男に話すと無理矢理口内射精されました。



なお劇場はストリップか何かのようで、働くには淫乱度が一定値必要ということです。

まとめ:
親切丁寧に作られててストレスなくプレイできました。話もわかりやすくてよかったです。

魔法使いリィーナ

魔法使いリィーナ [あんみつや]

モバイルPC