魔女っ子が主人公のエロRPG「魔女っ子シャーリィ発情注意報」(MASOP)体験版感想

魔女っ子シャーリィ発情注意報

魔女っ子シャーリィ発情注意報 [MASOP]

11/15発売の新作で、学園に通う魔女っ子が主人公のエロRPGです。RPGツクールVXAce製、体験版あり。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
DMM 販売なし
魔法技術により発展した街「リュミエール」。
街では最近、街の平和を守る謎の魔女「シャーロット」
の噂でもちきりだった。
弱きを助け、強気をくじく、そんな彼女は街のヒーロー。
魔法学園に通うシャーリィは優等生な女の子。
周りにも慕われる、彼女には一つの秘密があった。
そう、彼女こそ謎の魔女「シャーロット」その人であった。


まずは夜のシーンから始まり、変装姿で悪人退治です。戦闘になりますが難なく倒せました(殴りより魔法の方が少し強力)。


戦闘システム的にはセクハラ攻撃を食らうと発情度が増えていき、100になると強力な魔法(”魔弾の風”、約400ダメージ)を使うことができます。



翌朝起きたあとは学園へと向かいます。家を出てまっすぐ上に向かえばOKです。


学園に入ったあとは、十字路を左に曲がって進んだところが主人公の教室です。


悪人退治をしていることはクラスメイトにはバレてないようで、噂話を聞いて得意げです。授業が終わったあとは、クラスメイトと一通り話すと(おそらく痴漢の情報が重要)教室から出られるようになります。


続いて街右下あたりにいる↑の女性から、図書館前にいる女性が被害者という情報を得ます。


図書館は街の北方にありました。街にいる↑のキャラが被害者です。


ここまで情報を得ると夜に変わり、犯人を探しに行きます。


なかなか犯人が見つからず数分探し回ってしまいましたが、真ん中あたりの↑の男が犯人です。


捕まえて警備所に突き出そうとするものの、犯人に言いくるめられて胸を揉まれてしまいます(戦闘はなし)。


自宅へと戻り、オナニーするを選ぶと魔女姿でのオナニーシーンが見られます。


終わりにもうひとつHCGが見られまして、体験版はここで終了です。

まとめ:
昼と夜とで主人公の雰囲気ががらっと変わり、クラスメイトにバレてない(隠している)のもなかなか面白かったです。ゲーム進行的には、少なくとも今回の体験版は終始街の中のみで進みました。該当者がどこにいるのかわからないことが結構あり、もう少し場所のヒントを出してもらえるとありがたかったです。

エロシーンは乳揉まれやオナニーシーンが見れました。どちらも魔女コスチューム姿で、うまく描かれていてよかったです。

魔女っ子シャーリィ発情注意報魔女っ子シャーリィ発情注意報魔女っ子シャーリィ発情注意報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)