エロアクションRPG「触手逆襲 乙姬無惨」(水の妖精)体験版感想

触手逆襲 乙姬無惨

触手逆襲 乙姬無惨 [水の妖精]


9/23発売の新作で、女主人公が冒険するエロアクションRPGです(UNITY 3D製)。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,728円、320ポイント還元(期間限定)
DMM 販売なし

あるところに平和で小さな島があった。ある日、大地震が発生し津波が起こった。海水は元々海底に住んでいた古生物を地上に連れてきたが、その中に邪悪な海底生物がいて島を荒らし回った。さらに元々島にいた悪者たちもこの機会を悪用し、あちこち暴れ回り村人を悩ませた。

ついに島の住民は外に援助を求める。そして名高い賞金ハンターを見つけ、化け物の退治を頼んだ。一方、触手モンスターたちは手を組んで少女を屈服させた。こうして、少女と触手の戦いは始まった。


まず基本的なゲームシステムやマップは前作の「空想実験 最強電撃娘」と一緒でした。システム的にはいくつかパワーアップしている点があり、NPCが何人か配置されているほか、セーブ・ロード(Mキーでメニューが開けます)ができるようになってます。
(追記:なお作者さんブログによると、今のところ32ビットOSでは起動できないようです[“私たちはなるべく早くにこの問題を解決します(明日 or 後日)”とのことです])


スタート地点から左へと進むと早速敵が出てきます。戦闘の難しさとしては最初が一番きつく、何度か倒されながら頑張って数体倒し、レベルを上げてステータスを振ってしまえばあとはどんどん楽になっていきました。弱いうちは敵集団に突っ込まず、立ち止まって待つなどしてなるべく少ない数を相手にするといいです。


ステータス振りはCキーでできます。自分は最初STRに振り、ザコがワンパンになったらあとはAGIを上げました。

なお死んだあとの復活は、”RESURRECT AT ENTRANCE”を左クリックすると即時復活できます。押さずにじっと待っていても復活しないようなので注意です。


どんどん左へと進んでいき、↑の巨大モンスターはエロありです。倒さずに捕まるといいです。



捕まると頭から飲み込まれてしまい、ニーソ足を必死でばたつかせて脱出しようとします。もがき具合がいい動きで表現されてました。なおカメラアングルはマウス右ボタンで自由に変えられまして、ホイールでズームイン・ズームアウトも可能です。

エロシーンからはESCキーで抜けられます(押さないとずっと犯されたまま終わらない)。


右へと進んでいき(敵に囲まれ死んでしまう場合は少しレベルを上げる)、↑の緑竜が2体目のエロモンスターです。なお出現時に特別な表示は出ないので、勢い余ってうっかり倒さないようにご注意ください。


こちらのエロシーンは体を持ち上げられてのバックです。無理矢理感あるいい体位でした。


さらに先へと進んでいき、↑の恐竜もエロモンスターです。



こちらは頭を噛まれながらしっぽを挿入されるという体位です。なんとかして脱出しようという動きがうまく表現されてました。



右へと進むと骸骨モンスターなどが出てきまして、こちらは押し倒されての正常位Hと体持ち上げられて脚広げられての絡みです。後者は美脚具合がうまく表現されてました。離脱して倒したあとは特にイベントは起こらず、ここで体験版は終わりのようでした。



なお戦ってるうちにいろいろコスチュームが手に入ってました。Gキーを押すと順次着替わっていき(犯され中でも可能)、前作の御坂美琴制服やランジェリーなどがありました。

まとめ:
基本的な作りは前作と一緒でしたが、細かい点がいろいろ改良されてましてプレイしやすくなってました。やってて不満に感じる点はこれといってなかったです。

難易度的には、最初数体倒せればあとはどんどん楽になりました。ただレベル上がっても必殺技的な物は覚えず、ずっと通常攻撃(左クリック連打)するしかなかったのでやや単調でした。技術的に可能であればMP消費しての広範囲攻撃技などがあると、戦闘にメリハリついてよくなる気がしました。

エロ的には今作も非常にいいグラフィックで申し分なかったです。体位もモンスターごとにいい具合に違っていてよかったです。

触手逆襲 乙姬無惨触手逆襲 乙姬無惨

・過去作品
空想実験 最強電撃娘

空想実験 最強電撃娘

ある日夢の中で、俺はずっと憧れたアイドル・御○美○と出会った。彼女を押し倒してエッチなことをすると妄想したが、まさか彼女はめちゃくちゃに強くて、俺をビリビリさせた。さすが最強電撃娘だ。

モバイルPC