女視点の痴漢陵辱エロゲ「生イキJKが語る痴漢電車」(ZION)体験版感想


生イキJKが語る痴漢電車 [ZION]

ZIONさんの新作エロゲで、痴漢もののノベルエロゲです。女視点というなかなか珍しい内容の作品です。2/20発売予定。

体験版ダウンロードはこちら
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ ZION ≫ 生イキJKが語る痴漢電車


体験版を始めると即選択肢が出まして、プロローグ+シーン4つから選べます。まずはプロローグから読んでみました。


別の学校に通うことになった朝から話は始まりまして、制服姿の女の子が主人公です。以前の学校は徒歩通学だったということで、満員電車には慣れてないという設定です。


離れたところにいる友達が涙目でどうやら痴漢されてるらしい描写があったあと、



読み進めていくと主人公も尻を撫でられました。ここで選択肢が出ますがどちらを選んでもとりあえずの展開は一緒で、目的駅に着いてしまいます。


学校に場面が変わりまして、友達が痴漢されてたことを聞かされます。友達は気弱、主人公は正義感強いというキャラでした。プロローグはここで終わりで、ゲーム冒頭の選択肢に戻ります。


“露出素股”を選ぶとプロローグから時間軸が飛んでいて、既に一度痴漢に遭って写真をばらまかれたあとのようです。



選択肢で噛むを選ぶと、いきなりバックで犯されるシーンになりました(追記:叫んでも同じ展開になりました)。いいエロCGで嫌がり具合もよかったです。


“キモオタにイマラチオ”は、不潔なキモオタのを電車内で咥えさせられます。


“マン汁を飲みたいんです”は初老の男に電車内で舐められるという展開です。むっちりとした黒パンスト脚がうまく描かれてまして、いいアングルのエロCGでした。


潮吹きさせられたあと、インポだったはずの老人が勃起してバックで突かれます。愛液だらだらなのに感じてるとは意地でも認めないのがよかったです。


“おもらし杏ちゃん”は人身事故で長時間電車内に缶詰にされて、尿意が襲ってくるという展開です。


このシーンは触ったりはなく、我慢できなくなって漏らしてしまい終了です。

まとめ:
主人公の強気な性格がうまく描写されていて、気弱な友達といい対比になってました。Hシーンはハードなのが色々見れまして、バラエティに富んでてよかったです。なお胸揉まれたり太もも撫でられたりなど、いわゆる普通の痴漢シーンは今回の体験版ではなしでした。
主人公乃々香は生意気な女子校生。
最近、学校が統合され、痴漢が多いという噂の央中線で電車通学をすることに。
そこで目にしたのは友人・杏が痴漢に襲われる姿だった。
彼女を救おうと、痴漢を捕まえるが目立ってしまい、<様々な痴漢>に狙われることに。
痴漢行為に抵抗していたはずが、やがて…。
生意気JK ・乃々香が語る痴漢電車の終着駅とは?

・本編サンプル画像


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)