忍者が主人公のエロRPG「烏丸劇場」(ctn)体験版感想

烏丸劇場

烏丸劇場 [ctn]

4/28の予告新作で、忍者が主人公のエロRPGです。2014年05月上旬発売予定。
『烏丸』
様々なニンジャたちが待ち構えている難攻不落の島。
今ひとりのニンジャが修行のため、無謀にもこの島の攻略に挑もうとしていた。


体験版感想です。ウルフエディタ製でした。


島に船で着いたところから始まりまして、すぐ動けるようになりました。カニがうろうろしてますが、触れても話しかけても何も起こらず、これは敵ではないようです。


はしごを登っていくとアイテムがありました。


飛び降りて入ったここのエリアは真っ暗闇で何も見えませんが、左に進めます。


アイテムが拾えたりのあと、さらに左に進めまして、


進んでいくと出口がありました。


体験版はここまでのようです。

まとめ:
雰囲気がいい感じでよかったです。メニュー画面なども凝ってました。あと動作は別に重くなかったです(プレイしたPCのスペックはCPUがi5 2500K、ビデオカードがRadeonHD6800)。

烏丸劇場

烏丸劇場 [ctn]

One thought on “忍者が主人公のエロRPG「烏丸劇場」(ctn)体験版感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)