Guiltyさんの新作「淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女」体験版感想


淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女

Guiltyさんの新作で、孕女シリーズの新作です。体験版が公開になっていたのでプレイしてみました。本編は12/18発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ Guilty ≫ 淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女 (Guilty) (18禁) [ゲーム] – Getchu.com
村にいる間は村長が手配してくれた温泉宿に泊めてもらえる事になったので、
しばらくは植物観察でもしながら、のんびり田舎生活を楽しもうとする智司。

たまにはこんな過ごし方も良いか、と思っていたのだが、
村に来てから少し気になっている事があった……。

1つは、なんだか女の子たちの視線を感じること。
うぬぼれや勘違いだったら恥ずかしいけれど、どうも気のせいではなさそうなのだ。

そしてもう1つは、夜な夜ないやらしい夢を見てしまうこと。
それも、村で出会った女の子たちを相手にした夢。

おかしいとは思いつつも、夢だと思い、何事も無かったのように過ごそうとする智司だが……。
それはめくるめく淫らな日々の始まりにすぎないのだった。


ゲームを開始するといきなりエロシーンで、巨乳娘がパイズリしてくれてます。夢なのか現実なのか、詳しくは体験版ではよくわからず(なお孕女シリーズは当方未プレイ)。



目を覚まして幼なじみに会いに行くと、先ほどの夢の人物でした(名前は八神雪乃)。巫女装束と巨乳がうまくマッチしてます。


一緒に火事のあった実家へ行くと、次は妹(都築百花)が出てきます。ツインテールでいい雰囲気でした。主人公とは血がつながってないですが、妹本人はそれをまだ知らないとのことです。


旅館へ戻って寝ると、妹が夢に出てきまして騎乗位Hです。



続いて妹の上級生という少女(舞野由可利)が出てきます。礼儀正しく上品な雰囲気でした。


夜になると同じようにエロ夢に出てきました。こちらも騎乗位Hですが先ほどとは違う見下ろし系のアングルで描かれてます。


翌日は道ばたで怪我をして困っている少女(鳴瀬亜美)を治療して助けます。和やかに別れますが、


再会時に主人公の名前(おそらく名字の方)を聞くと態度が一変し、嫌悪感丸出しで去って行きました。


こちらも夜になるとHシーンです。他ヒロインとは違って若干嫌そう(作業感あり)な感じでした。


エロ夢のことを相談しようと診療所に向かうと、ナースさんと知り合います。数年前にこちらに引っ越してきており、主人公とは初対面でした。


Hシーンは上にまたがっての騎乗位気味です。胸が形のいい巨乳に描かれてました。


続いて植物探索をしていると、偶然にも同じ大学という女性(森園梨帆)と知り合います。


酒好きのようで、酔った彼女に私の酒が飲めないのかと強引に飲まされてしまいます。


このキャラのHシーンは酒飲みから自然な流れで夜這いになっており、夢感が薄めでした。


次は旅館の女将さん(小御門良子)です。夫が経営する旅館に嫁いできたものの、先立たれてしまったということです。和服が似合ってました。


Hシーンはほどよく女性上位な感じでした。


焼けてしまった実家の処分を決めたあと、皆で宴会になったところで体験版は終了です。

まとめ:
各女の子達が夜這いしてくる理由など詳しいところはわからず、いい具合に謎が残る体験版でした。Hシーンも多数で内容濃かったです。

システム的には今回の体験版は終始オーソドックスなノベルゲームでした。メーカーさんの紹介ページによると、会いたい女の子に会えるマップシステムがあるとのことです。

Hシーンは女の子側がリードする感じのシーンが中心でした。いずれも夜這い感がうまく出ていてよかったです。

・本編サンプル画像


・過去作品
夜這いする七人の孕女[Guilty]

夜這いする七人の孕女

いないものと思っていた父が亡くなったという知らせを受け、父の故郷の島へ向かう雅也。そこで、雅也は夜な夜な夢を見るようになる。“毎夜、違う女性がやって来て、淫らに迫ってくる”という夢を──

夜這いする七人の孕女2[Guilty]

夜這いする七人の孕女2

夜の訪問者達に誘われる、甘美で淫らな日々、再び──叔父夫婦に呼ばれ、代わりに村で働く事になった雅紀だが、夜な夜な奇妙な夢を見るようになる。“村で出会った女性たちと、代わる代わる淫らな行為を繰り返す”という夢を――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)