謎解きホラー系エロゲ「或る館にて」(ディーゼルマイン)体験版感想

或る館にて

或る館にて [ディーゼルマイン]


8/30の予告新作で、不気味な館に閉じ込められてしまった主人公達が脱出できる出口を探していくというホラー系作品です。体験版では1階部分をプレイできました。本編は9/15発売予定です。



追記:9/15に発売になりました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元

DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元

とある洋館に閉じ込められた主人公たち。

動揺しつつも、脱出方法を求めて館を探索していくが、

そこには様々な危ない連中が住み着いていて、

掴まったら酷い(エロい)目に遭ってしまう。

果たして主人公たちは、無事に館から脱出できるだろうか……?


男友達に度胸試しを持ちかけられるところから話は始まり、いい場所はないかと悩んでいると、女(刻宮 墨夜[こくみや すみよ])が声をかけてきます。黒髪ストレートで古風な雰囲気でした。主人公と同じ教室にいますが先輩で、生徒会長です。




主人公は困惑するものの、他2人は盛り上がり、度胸試しに行くことになりました。女1人に男2人で行くのはちょっとということで、教室にいた女(橘 桜、主人公の幼なじみ)を強引に誘います。




眼鏡女(鈴白若菜、委員長)は生真面目な性格のようで、勝手に入るなんて不法侵入でしょとたしなめてきます。




場面変わって問題の館で、タイミング悪く、警察に追われて切羽詰まっている犯罪者が身を隠すべく館へと入っていきます。




犯罪者男はさらに幽霊に襲われ、不気味な感じな館ですが、そうとは知らずに一行は館入り口まで来てしまいます。左にある井戸を調べるとセーブができました。準備ができたら正面の扉から中へ入ります。




あれこれ言っていた委員長も一行にこっそりついてきていました。皆のあとを追って館の中へ入っていきます。




館から出ようとするものの、扉が開かず出られません。別の出口があるはずだと探索を始め、ここからゲーム開始です。




館内にもホール左上などにセーブポイントがありました。なおホールから行けるのは他に左上に倉庫、右上に風呂がありますが、今の段階ではまだ入れず。




ホール右下から先へと進むと、先ほどの犯罪者が左から登場し、女達に目を付けます。




廊下を上へと進んでいくと物音がするイベントが起こり、




ドアが閉まって出られなくなります。部屋上側の壁を調べるとスイッチがあり、ドアが開きました。




ホールまで戻り(進む前に一度セーブしておくといいです)、今度は西側を探索していきます。





扉の先で”使用人部屋の鍵”を入手し、




廊下に戻るとイベントです。女の子2人が犯罪者と鉢合わせしてしまい、




素早く逃げようというミニゲームになります。敵のダッシュ速度が速く、一瞬で捕まってしまいました。(この後何回か再挑戦したものの、素早く反応しても逃げ切るのは困難でした)




捕まると委員長が胸を揉まれる痴漢エロシーンがあり、嫌なものの刃物で脅され逆らえないという状況がうまく描写されてました。あとはここまで男主人公視点で進んできたということで、若干寝取られ感がありました。




自分のことはいいから助けを呼んできてと委員長に促され、片方は逃げ延びます。委員長の自己犠牲的な性格が自然な形で表現されてますシーンでした。




動けるようになったら上へと進むと、先ほど逃げてきた子と合流できますが、この後選択肢があるので、いったんロビーに戻ってセーブしておくと効率いいです。




選択肢でどちらを選ぶかで、後の風呂シーンの内容が変わりました。(ゲーム進行はどちらを選んでも一緒)




二手に分かれたあと、右へと進むと先ほどの襲撃現場です。男友達が走ってきて、”倉庫の鍵”を渡してきました。




その後ナイフ男を探すものの見つからず、いったん入り口まで戻りました。ホール左上、セーブポイント横の部屋が倉庫です。




カギを使って倉庫に入ると委員長を発見し、




再会を喜んでいるとナイフ男が現れます。こちらに武器はなくピンチになるものの、幽霊が現れ、結果的に助けてくれる形になりました。




ここからしばらく、次に行くべき部屋が見つからず苦戦しました。怪しい箇所を調べながらぐるぐると回った後、ロビー右上の部屋に行っていなかった事に気づき、話が進みました。




ここでは2階への鍵が手に入るほか、




障子を開けると風呂があります。触られたのが気持ち悪いからと、女2人が風呂に入ることになり、




2マス右に行ったところにのぞき穴があり、




覗くと全裸姿が見られる他、2人の会話も盗み聞きできます。




覗いていたことが先輩にはバレてましたが、怒られることはなく、威圧感と余裕ぶりがよかったです。




一方選択肢で下を選んでいた場合は、幼なじみと委員長の裸が見られます。




次は”東側の廊下にある少し広い客室”に行ってみようとのことです。この箇所は次の目的地がズバリと指定され、わかりやすくてありがたかったです。




東側の部屋は3つあり、目的の部屋は一番下です。入ると別れたメンバーと合流します。




ロビー真ん中上にある扉でカギを使い、2階へと進むと体験版は終了で、






終わりにダイジェストが見られました。



・1階の進め方まとめ

1.動けるようになったら右下から東側廊下へ ナイフ男が登場

2.東側廊下を上へと進んでいくと、何か割れる音が響き部屋に入る

3.動けるようになったらドアに近づく

4.部屋に閉じ込められたと認識後、壁際にあるレバーを調べる

5.ロビーへ戻る(ここでセーブ推奨)

6.西側へ 左下の部屋に入るとイベント

7.奥の部屋のガイコツを調べ、”使用人部屋の鍵”を入手

8.廊下を上に進むと、女の子2人に操作キャラが変わる 左へと進むと、ナイフ男に襲われるイベント

9.ナイフ男から逃げるアクション系イベント

10.動けるようになったら、いったんロビーに戻ってセーブ

11.西側廊下を上へと進み、女と合流 選択肢でどちらを選ぶかで、風呂覗き見シーンの内容が変わる

12.北側廊下で男友達から”倉庫の鍵”を入手

13.ロビーに戻り、セーブポイント横にある倉庫へ入る 委員長を発見、幽霊が出現

14.ロビー右上の部屋に入る “2階への鍵”を入手

15.障子から奥へ進むと風呂

16.動けるようになったら2マス右の壁を調べるとのぞき見できる

17.東側・右下の部屋へ 別行動の2人と合流

18.ロビー中央上の扉から2階へ進む





まとめ:

館の不気味さがうまく表現されており、ストーリーも館ものの王道な感じでわかりやすかったです。登場キャラもそれぞれ性格違い、うまくバランス取れてました。



ゲームシステム的には、ジャンルはロールプレイングになってますが、どちらかというとアドベンチャーという印象でした。(少なくとも体験版の範囲では)プレイヤーが何かを選択したりできる場面は少なく、イベントの発生する部屋を順繰りに回っていく1本道な作りになってました。



謎解き・ゲーム進行については、おおむねサクサクと進んだものの、次行くべき部屋がなかなか見つからずに苦戦する場面もありました(ヒント・お助け機能はなし)。せっかく仲間が一緒にいるので、何かアドバイスをくれる”相談”的なコマンドかなにかがあってもいいかなと感じました(本編は既に完成しているようなので、発売後のアップデートに期待)。



エロシーンはナイフ男による乳揉みのほか、風呂覗き見が2パターンありました。どちらもいい体つきに描かれており、いつバレるかという緊迫感もいい具合にありました。



或る館にて或る館にて或る館にて

・関連作品
腐界に眠る王女のアバドーン

腐界に眠る王女のアバドーン [さくらぷりん]


暗い森にひっそりとたたずむ今は誰も住んでいない「綾小路邸」

家の持ち主である綾小路の友人であり大学教授である山之辺は

古くからあるこの屋敷に興味を抱き、綾小路の許可を得て

助手を連れ探索へとやってくる

そこで起こる恐怖の現象の数々…

それはやがて山之辺の息子、焔とその友人達をも巻き込み始める…


モバイルPC