「彼女が異種族(ミュー)だった場合~文芸部の真面目な後輩サキュバス~ 」体験版感想


彼女が異種族(ミュー)だった場合~文芸部の真面目な後輩サキュバス~ [Casket]

Casketさんのデビュー作で、サキュバスな彼女との交流を描いた学園ものノベルエロゲです。2/24発売予定。



体験版ダウンロードはこちら

彼女が異種族(ミュー)だった場合 ~文芸部の真面目な後輩サキュバス~


人とそうじゃない者が共に生活している近現代。

男子学生の桜井和人には『異種族(ミュー)』の彼女がいた。



エッチな事に奥手なサキュバスの女の子、浜咲シノン。

彼女との恋人関係は良好。



しかし思春期真っ盛りの和人は、プラトニックな関係だけでは満足できず、

キス以上のステップに進みたいとヤキモキする毎日を送っている。




本作は魔物が人間世界に溶け込んで普通に生活している、ちょっと変わった世界が舞台です。




いきなりエロっぽいシーンで、上目遣いで愛しそうに指を舐められました。このシーンは指舐めだけで終わり、




2人は既に恋人同士でしたが、彼女はかなり奥手です。キスはもちろん、手をつなぐこともハレンチだからと許してくれず(なお理由はこのあとのHシーン後に明かされました)。




場面変わって主人公の自室で、なかなか体を触らせてくれません。我慢できなくなった主人公が必死に頼み込んで許可をもらい、エロシーンです。




主人公が乳揉みしたりしているうちに次第に表情がエロくなっていき、




正常位での絡みになるとエロセリフ多めで淫乱になり、翼と尻尾も出ました。いい雰囲気で終わりますが、主人公は意識が遠のいていって倒れてしまいます。




回想が入り、彼女が入部してきた時のことが語られます。第一印象は悪めで、軽い男は嫌いと拒否られてしまいましたが、日を重ねるごとに次第に親しくなっていき、現在に至ります。




回想が終わったところで気がつき、ここでサキュバスについて説明されました。サキュバスの色香は浴びすぎると危険とのことで、これが気絶した原因でした。主人公とのHで興奮し、色香が大量に出てしまったようです。これまで彼女が奥手だった理由がようやくわかり、打ち解けた雰囲気になりました。



家へと送っていったあと、サキュバスについて調べ、眠りについたところで体験版は終わりです。一度Hしてしまうと発情してしまうらしく、この先どうなるのか気になる終わり方でした。





まとめ:

一風変わった設定で面白かったです。登場するのは主人公とヒロインだけで、シンプルでわかりやすい展開でした。システム的には終始ノベルゲームで、変わった要素はなかったです。



エロシーンはラブラブHがひとつ見れました。それまでの奥手な様子から一変して積極的で、いい変化具合でした。あとは終始眼鏡をつけたままで(行為中も外さず)、文芸部員という設定にうまくマッチしてました。




彼女が異種族(ミュー)だった場合~文芸部の真面目な後輩サキュバス~ [Casket]

シェアする

フォローする

モバイルPC