エロアクションゲーム「姫巫女ー秋葉ー」(Soap-Group)体験版感想

姫巫女ー秋葉ー

姫巫女ー秋葉ー [Soap-Group]

9/11の予告新作で、狐娘な巫女さんが主人公のエロアクションゲームです。体験版あり、2015年09月下旬発売予定。

追記:11/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM 販売なし
秋葉(狐仙)を操作し,逃げ出した妖怪ゴルゴンを封印する
全編高画質2D横スクロールアクションゲームです。


11/28追記:遅くなりましたが体験版やってみました。主要操作はZキーで通常攻撃、スペースキーでジャンプ、方向キーを素早く二度押しでダッシュです。敵の動きは遅めで、回避は容易でした。


吊されてる女の子がいたりのあと、


どんどん右へと進んでいくとボスがいます。回復アイテム的な物はないようだったので、道中のザコで1発2発と食らってしまうと勝つのは厳しくなります。なおボスのセリフ中もザコが襲ってきたので、全て倒してからボスに近づくのがいいと思います(ゲージが画面右上に出たらボスが間近)。

ボスは一発がかなり大きく、2~3発食らうと死亡でした。このあと3回ほどボスに挑みましたが勝てずじまいでした。敵の攻撃をダッシュでうまく避けるのが重要そうです。
(追記:後日再挑戦してようやく勝てました。間合いを取って攻撃のチャンスをうかがい、敵の射程範囲ぎりぎり外あたりから攻撃するようにするとこん棒攻撃から逃げやすいです。なお勝っても何も無し[ステージ右端まで行くとタイトルに戻る]でした。)


敗北後はドットエロのあと、


↑のエロシーンが見られます(動きあり、テキストはなし)。エロシーン後はタイトルに戻され、ステージ頭からの再スタートです(タイトル画面にはロードがありますが、どこでセーブできるかは不明ESCキーを押すとメニューが出てセーブができましたが、ロードは機能してないようでした[ロードするとステージが始まるものの主人公の姿が表示されずプレイ不可])。


ドットエロはザコにもありました。子鬼はバックでレイプ、


途中の中ボスは足捕まれての釣るしエロでした。

まとめ:
オーソドックスな横スクロールアクションゲームで、特に迷うことなくすんなりプレイできました。自キャラも大きめで見やすかったです。

難易度的には、ザコは全く苦戦しませんでしたがボスが強かったです。難易度設定か何かがあるとありがたかったです。

エロシーンは敵に捕まったときのドットエロと、ボス敗北後の一枚絵が見れました。ドットエロは今のところザコ2ボス1の3パターン見れまして、立位Hがあったりなどバラエティーに富んでてよかったです。

11/30追記:当方のPCでは攻撃など問題なく操作でき、BGM・音声も普通に鳴りましたが、作者さんブログのコメント欄を見ると操作性・BGMについての意見がいろいろ出てました(攻撃が出ない・音が出ないなど)。46に開発者さんのコメントがあり、”音声とBGMに関しては、今プログラムさんの方で修正しています。他のバグも修正していきますので、ゲームのアップデート少々お待ちください “とのことです。

姫巫女ー秋葉ー姫巫女ー秋葉ー姫巫女ー秋葉ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)