おねショタ系エロRPG「女騎士リミッシュ ~フェルン奉公記~」(ももしば杏子)体験版感想

女騎士リミッシュ ~フェルン奉公記~

女騎士リミッシュ ~フェルン奉公記~ [ももしば杏子]

1/7の予告新作で、女騎士が侯爵の息子と一緒に旅をすることになるエロRPGです(RPGツクールVX ace製)。体験版あり、2016年02月下旬発売予定。

追記:1/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM 販売なし
女騎士リミッシュがフェルン公爵に呼び出され
公爵の嫡男ラインの世話を任されたところからゲームがスタートします。
ゲームはオーソドックスなダンジョン探索型RPGで
リミッシュとラインの2人PTで
トーラス町を拠点としてダンジョン等を攻略していきます。


主人公の女騎士が侯爵に呼び出されたところから話は始まり、息子の面倒を見てほしいと頼まれます。お金持ちの坊ちゃまキャラはわがまま自己中なことが多いですが、この少年は素直で育ちがいい印象でした。


動けるようになったあと下へと進んで庭園に出ると、女悪魔が出現しました。庭園を右からぐるっと回っていくと対面できます。


女悪魔の方が圧倒的に強いようで、なすすべなく(戦闘なし)少年が襲われてしまいます。


1日1回セックスしないと死ぬという呪いをかけられてしまい、主人公が毎日相手をすることになりました。女悪魔を倒すには力をつける必要があるということで、2人で修行の旅に出ることになります。


緊張気味なHシーンがあったあと、翌朝出発です。


自室のテーブルを調べるとHシーンが回想できました。シーン名で内容がなんとなくわかり、探すあてができていい表示でした。


ハートマークのところではエロシーンが見られます。ベッドではHシーン(体験版ではメイド服に着替える必要あり、CGは最初のHシーンと同様)があり、鏡では着替えのぞき見ができました。


エロシーンは他に、屋敷東側の温泉でも見られました。



出口近くにある段差は階段で、ここから地下へと降りられます。地下のワイン庫ではリミッシュがオナニーを始め、のぞき見したラインは自分では不満なのかと不機嫌そうです。

屋敷南側が出口です。フィールド画面的な物はなく、屋敷を出ると町に直接移動できる形式です。


依頼は南東の斡旋屋で受けられます。兵士が立っている建物です。触れただけで人と話せる仕組みになっており、結構便利でした。


体験版では依頼を一つのみこなせます。受けたら町を出て”辺境の岩窟”へ向かいます。


戦闘はシンボルエンカウントでした。戦闘回避は楽でしたが、ボスと戦って勝ちたい場合はLV2~3まで上げて技を覚えておいた方がいいです。


先へと進んでいき、↑の岩を落とすとボス部屋に入れるようになります(ボス部屋に入る前にセーブ推奨)。


ボス部屋に入ると選択肢が出て、戦うか戦わないかを選べます。”討伐をしない”を選ぶと危害を加えないことを約束させ、平和的に依頼達成です。良いリーダーになりそうな感じがうまく出てました。


戦闘を選んで負けた場合、寝取られ系の敗北エロが見られます。ラインの悔しそうなセリフがあり、寝取られ感がうまく出てました(入り口まで戻されたあと、再度部屋まで行けばまた戦うことができます)。

勝利を目指す場合は、ノームリーダーの攻撃力がかなり高いので、真ん中のリーダーから倒すようにするといいと思います。スキルは暗闇食らう前にハードヒットを撃っておくといいです。

報告に戻って依頼完了で、体験版はこのあたりで終わりのようです。回想を見るとBADEND1が埋まってないですが、今のところそれにはたどり着けず。
(追記:作者さんブログによると、”バッドエンドはノームリーダーにとある条件を満たして負けるとバッドエンドに進行します”とのことです)

まとめ:
女騎士と少年がいい主従関係で、あまりない設定でよかったです。ストーリーも最終目的がはっきりしていて理解しやすかったです。

ゲームバランス的には、とりあえず体験版の範囲は簡単でした。ボスはLV1だとさすがにきつかったですが、少しザコを倒してレベル上げてから挑めば問題なかったです。

エロシーンは序盤から豊富に見られ、女騎士の巨乳がうまく表現されてました。シチュも着替えやお風呂などバラエティに富んでいてよかったです。回想で未見箇所のタイトルが表示されるのも親切でした。

女騎士リミッシュ ~フェルン奉公記~

女騎士リミッシュ ~フェルン奉公記~ [ももしば杏子]


・過去作品
イルツォーク・サーガ ~女戦士レンの冒険~

イルツォーク・サーガ ~女戦士レンの冒険~

黒髪ロングの女戦士レンの敗北陵辱中心のエロRPGです。

ヘルヴェナ冒険記

ヘルヴェナ冒険記

4人PTのシリアス系ダンジョン探索攻略エロRPG。ボス戦敗北凌辱のほか、各キャラ毎に街でのHイベントも多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)