女主人公エロRPG「二つの剣の物語」(enuemu)製品版感想Part1(ゴブリン退治、サンゴの洞窟、幽霊船)

二つの剣の物語

二つの剣の物語 [enuemu]

12/6発売の新作で、騎士の女の子2人が主人公の作品です。体験版がいい出来だったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,512円、42ポイント還元
DMM販売ページ 1,360円(10%OFFキャンペーン価格)

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「二つの剣の物語」(enuemu)体験版感想
ある目的のために騎士になることを決意したカレン、
同じく騎士を目指すエリシアと共に昇格試験を受ける。
道中には魔物や同級生の罠が待ち受けていたのだった!


体験版終わり(少年が仲間になったところ)のセーブデータを使いました(難易度はノーマル)。街左上にあるギルドに入ると話が進みまして、まずはゴブリン退治をすることになりました。


声をかけてきた傭兵は、3000Gか”体で払う”で雇えます。体で払うを選ぶと前払いで即エロシーンになりまして、胸を揉まれました。ほどよい嫌がり方でよかったです。なお強さ的には3人中一番の強さでした(Lv8、HP256)。

ギルド真ん中あたりの張り紙を調べると依頼内容が確認できます。ゴブリン退治の他にもう一つ「”木漏れ日の林道”の幻キノコを見つける」というのがあり、ついでにやれる内容(ゴブリンの森へ行くには林道を通る必要がある)なので同時にやると効率的です。

装備的には、体験版のイベントの影響かカレンの武器が外れてたので注意です。


木漏れ日の林道で戦ってみると、3戦ほどでニコルがやられてしまいました。防具を強化したいところですが、ここの街に防具屋は見当たらず(武器屋はあり)。以前の街にも”今戻るのはまずい”と言われて戻れません。とりあえず早めに回復するようにしました。

一方雇った傭兵はかなりの守備力で、このあと他二人が死んでもHPがほとんど残ってたりしました。このキャラを雇う雇わないでだいぶ難しさが変わりそうです。


幻キノコは木漏れ日の林道の奥フロアの↑の場所で見つかりました(あるのはここだけではなく、他箇所でも手に入りました)。光っている場所を探していけば見つかります(たまに毒キノコで戦闘になるので注意)。


依頼達成報告は、アイテム入手後張り紙を調べればOKです。マジックダガーは魔力が主に上がる装備でした。魔法はカウンター右のキャラに話しかけると覚えられます。


宿屋に泊まるとニコル視点に切り替わりまして、選択肢でカレンを襲う(ここでは軽く触るだけ)ことができました。緊張感がうまく出ていてよかったです。(このイベントは繰り返すにつれてだんだん内容が変わっていきます)

回復は街右下の銭湯でもできまして、宿屋が40Gなのに対してこちらは半額の20Gです(ただしTPは0になる)。なお宿屋もそうですが、泊まるたびに傭兵がパーティから外れてしまい少し不便でした(そのつど体で払うをやる必要あり)。

西の坑道を目指す場合、ザコ敵を全部倒していくと結構きついので敵をかわしながら進むといいです。敵の近寄ってくる速度はそんなに速くなく、シンボルエンカウントゲームに慣れてる人なら戦闘一度もなしで抜けるのも可能だと思います。


森を抜けて”西の坑道”エリアに入っても、それだけでは地図から入れない(着いたのに満足して出てしまうとまた林道からやり直し)ので注意です。坑道エリアを進んで↑の箇所まで行くとマップから入れるようになります。

ゴブリンは林道の敵とそれほど強さ変わらず、苦戦せずに倒せました。経験値もなかなかよかったので、林道で長々稼ぐよりも早めにこちらに来た方が楽に稼げそうです。


坑道ダンジョン内はそんなに広くなく、比較的すぐボスに着きました(右上方向)。ボスは真ん中のが体力ありまして強かったです。死んでしまうと経験値(280も入る)がもったいないので、防御するなどしてなるべくニコルを死なせないようにします。Lv7でぎりぎり誰も死なずに勝てました。


ボスを倒すと場面切り替わって、エリシアの今の状況が描写されました(盗撮+尻揉まれ)。ボッツァーは悪徳商人のようです。


ギルドで報告すると早速次の目的地が示されまして、雨降り浜→サンゴの洞窟→海賊のアジトと進めばいいとのことです。張り紙を見るとサンゴの洞窟で”人魚の涙”を入手するクエストがありましたので、ついでに手に入れておくとよさそうです。


ギルドを出るとエリシアが襲ってきます。先ほどのボス戦で疲弊したまま戦闘に入ってしまい、敵HP半分あたりまでは削れましたが負けてしまいました。負けても話は進みまして、会話後仲間になります。勝った場合どうなるのか気になるところですが、ボス戦前のセーブデータしかなかったのでそのまま進めました。
(追記:2周目では楽に勝てまして、戦利品は精神の指輪(最大MP+15)でした。話的には変化はなく、負けたときと同じように進みました。)

ここまで進めたあと傭兵を再度雇うと、”体で払う”の内容がキスシーンに変わりました。


雨降り浜の敵は攻撃力が高めで、さきほどのゴブリンと比べるとだいぶ強いです。そのぶん経験値も多く、1戦で100を超えることもたまにありました。


左に進んだあと、下に進んでいくとサンゴの洞窟があります。

サンゴの洞窟はかなり広いです。構造的には、二股分岐で外れの方に宝箱があるというパターンが多かったので、迷うことはそれほどなく進めました。


クエストアイテムの”人魚の涙”は2フロア目の左下の方にありました。手に入るトライデントは傭兵が装備でき、元々装備しているのと比べて攻撃力+8でした。


2フロア目を下に進むとボスがいます。だいぶ疲弊していたのでいったん戻り魔方陣を探したところ、右上あたりにありました。


ボスは巨大なイカでした。スキル的にはエリシアの雷の剣(弱点属性なのでダメージ大)やニコルの治癒功(技なのでどんどん使える)が便利でした。体力は結構あるものの攻撃はそれほど激しくなく、ピンチになることはなく倒せました(LVは約10)。

さらにサンゴの洞窟が続きまして少し広すぎる感じがありましたが、進んでいくと出口が見えてきます。次の海賊のアジトは探索・戦闘はありませんでバランスは取れてました。



海賊のアジトではニコルを人質に取られての羞恥脱衣イベントが見られます。キャラの強弱関係をうまく使っていていいシチュでした。


幽霊船はアジトを出て右にあります。こちらは洞窟と違って広くなく、ひたすら下に降りていけばいいので楽です。敵も少なめでした。

宝箱は中身が敵(亡霊)のものがありまして、倒すと”亡霊の短刀”が手に入ります。結構強力だったので2本手に入れておくといいです(ボス戦で2本手に入りましたので、取り逃しても平気です)。


1Fまで行くとボス戦です。色欲の亡霊と亡霊*2です。サイドを倒して色欲の亡霊だけになればあとは楽です。魔法攻撃は少し痛いので、全員HP100↑をキープしておくと安全です。


船長室は3F(船入ってすぐのフロア)上の方の↑の箇所です。ここでもボス戦があるので、先ほどの戦いで疲弊している場合は回復+TP溜めしてから挑むのが無難です。強さ的には先ほどのボスより若干弱い印象でした。毒を結構な頻度で食らいますが、数ターンで効果が消えるので無理に治さなくても平気です。


ギルドに報告に戻りまして、次はゴールドロードを通って帝都リンガルドに向かうことになりました。ギルドを出ると城の状況が描写されまして、何か動きがあるようです。

ここまでまとめ:
ほどよい敵の強さで、ゲーム進行的にもやることがはっきり示されるので詰まらずに進められました。話的にはまだまだ先が長そうな印象です(回想部屋の埋まり具合は19/66)。

続きはこちら
女主人公エロRPG「二つの剣の物語」(enuemu)製品版感想Part2(帝都で踊り子、砂漠、業火の遺跡)

二つの剣の物語二つの剣の物語二つの剣の物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)