ましまるソフトさんの新作エロRPG「リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~」体験版感想

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~ [ましまるソフト]

2015/7/16の予告新作で、「シズミルク ルシマ島の女神」(2014年6月発売)のサークルさんの新作です。今回は女騎士が主人公の話です。体験版あり、2015年10月下旬2016年12月下旬発売予定。

追記:2016/12/30に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM 販売なし
彼女の率いる【戦部隊:白銀の矛】の輝かしい戦績
「生きた神話か伝説か」というほどの英雄譚。

人々を賑わせるそんな彼女の実像は
世間知らずで子供っぽくて甘えたがり。
不意に心が動けば直ぐに涙を浮かべる少し残念なお嬢さま。

しかし――涙で瞳を潤ませながら
真っ直ぐな優しさを胸に抱き、健気に生きるお嬢さまでした。


父との思い出などが語られたあと、お供の兵士たちと一緒に旅をする様子が描写されます。


主人公は実際は若干天然・世間知らずという感じですが、色々脚色されて伝えられた結果、民衆の印象的には完璧超人ということになってます。



読み進めていくと戦闘が随時ありまして、弱点などのシステムなどがわかりやすく解説されました。攻撃は打撃・法撃・斬撃の3種類あり、敵ごとにどれかひとつが弱点になってます。火・水・木などのよくある属性パターンとは違ってどれが弱点かは敵の見た目ではわからず、一発殴ってみないとわからないのが少し不便でした。

・敵の弱点
ジュモー(木):打撃
コーモ(コウモリ):法撃
ゴブリン:斬撃
ドクアルキノコ:法撃
コブータ:斬撃


戦闘でピンチ(瀕死)になるとお供の兵士たちがものすごい勢いで回復してくれてまして、過保護具合がうまく表現されてました。


敵を避けたり倒したりしながら西へとどんどん進んでいき、橋のところまで来るととイベントが発生します。



水の飲み過ぎで尿意が来てるのを隠しながら、兵士たちを先に行かせてうまいこと一人になります。


無事放尿が済んだかと思いましたが、突如謎の爆発が起こり、


気がつくと橋がなくなってまして、兵士たちとはぐれてしまいました。ここから先は一人だけで旅をすることになります。



居場所の合図になればとたき火をすると何か敵が寄ってきまして(戦闘はなし)、必死で逃げて村にたどり着きます。逃げるシーンなどは文学的な感じの描写でした。


女村長に自分はリントだと主張するものの、竜をもなぎ倒すという屈強なイメージと違いすぎて信じてもらえません。


主人公は性的な知識が無いようで、おまんこの意味がわからず危うく騙されそうになります。


村の女の子が助けてくれて世話になる家が見つかるものの、そこでもリントとは信じてもらえず、コスプレ扱いされてしまいました。お姫様系主人公の作品は色々ありますがこういう展開はなかなか珍しく、面白くてよかったです。


翌朝動けるようになったあとは、左へと進んで青い屋根の家(診療所)を探します。村はそんなに広くなく、わりとすぐに見つかりました。


なおやるべきことがわからなくなった場合は、メニューから行ける(もしくはWキー)”心証庭園”のフィールドで確認することができます。親切でいい仕様でした。


診療所にいたのは男老人で、女医者にしか診られたことのない主人公は恥ずかしそうです。帰ろうとしますが、病気が住民に広まってしまってもいいのかと言われると渋々従い、住民思いな性格がうまく表現されてました。


ここのエロイベントはおっぱいをじっくり観察されるセクハラ系でした(軽く見られるだけで終了、流れ的に本編で続きがある模様)。



続いて!マークの付いている老婆(診療所の右上にいる)に話しかけるとイベントが進みます。話が終わるとワールドマップ(ESCキーで出るメニュー内にあり)に行けるようになります。


ワールドマップは↑のような感じの移動先選択式です。


次はなくしてしまったがま口(財布)を探しに行くことになります。がま口は”魔瘴の森”にあります(西へと進んでいくと見つかる光っている箇所)。


無事見つけたあと、村のセーラ宅に戻って話を聞くと、借金取りがやって来ました。修羅場な雰囲気でしたがなんとか乗り切り、体験版のストーリーはここまでです。


引き続きプレイが可能で、ワールドマップに”クルサ林道”が新たに出現してます。敵を避けながら奥へと進んでいき、↑のこうもりを見つけたら右へと進み、


↑がボスキャラ(ゴブリンリーダー)で、敗北するとエロイベントが見られます。



ここまでのイベントはどちらかというとコミカルなノリでしたが、ここのイベントはシリアスな雰囲気の無理矢理陵辱です。




結構頻繁に表情が変わり、手の込んだ作りです。演出的には漫画風の擬音表現が特徴的でした。



他には村出口の兵士に話しかけると、身体チェックと称して腋のにおいをかがれてしまいます。恥ずかしがり具合がうまく表現されてました。


まとめ:
わかりやすいストーリーで、バグ的なものも特になく、完成度の高い内容でした。雰囲気的にはコミカルな日常シーンと、シリアスなエロシーンのギャップがよかったです。

戦闘のゲームバランス的には、弱点をうまく突くと比較的少ないターンで倒せました。敵が強くて行き詰まるような場面はこれといってなく、さくさくスムーズに進められました。

エロ的には、ゴブリンに異種姦陵辱される敗北エロシーンと、村の医師におっぱいを診察されるセクハラエロが見れました。敗北エロは陵辱感がうまく出ていて、絵的にも細かく変化しまして贅沢な作りでした。セクハラの方も無理のない自然な流れでよかったです。

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~ [ましまるソフト]


・過去作品
シズミルク ルシマ島の女神 Ver2

シズミルク ルシマ島の女神 Ver2

主人公は初心で真面目で良い子のRPG、島が異変に包まれ、その優しさに付け入られた彼女を待ち受けるのは、セクハラと貞操の危機の連続でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)