タワーディフェンスエロゲ「ラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁を」(緒絶霊園)体験版感想

ラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁を

ラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁を [緒絶霊園]

3/26の予告新作で、城へと襲撃してくる冒険者達を撃退していく防衛系ゲームです。体験版あり、2017年03月下旬発売予定。

追記:3/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円
DMM 販売なし
真祖ラズベリル様の眷属となって、襲い来る冒険者達(♀)から彼女の城を守ろう!
マウスのみでお手軽に操作できる、横視点のタワーディフェンス(防衛)型アクションゲームです。
プレイヤー側がモンスター(使い魔)を操り、女の子(冒険者)を迎撃するという、一風変わった内容となっております。


主人公はラズベリル(↑の女の子)との戦いに敗れた元勇者で、城の警備を言いつけられてます。なお操作はマウスのみ対応でした(ノベル部分含む)。


ゲーム内容は魔法陣から味方キャラを召喚して戦わせるというもので(自分自身は戦わない)、↑のように画面右端にある水晶を攻撃されて壊されてしまうとゲームオーバーです。体験版ではステージ1をプレイできました。まずは画面右下の▷ボタンを押してゲームを開始します。


冒険者は画面左側からやってきます。とにかく確実に勝ちたい場合はなるべく右へと来られないよう、画面左にいるうちに倒してしまうといいように思います。何回か繰り返しプレイした結果、ユニットはスライム(防御力が高め)かゴブリン*2を左寄り、テンタルクス(射程が長いものの接近されると弱い)を右寄りに置くと安定しました。

なお一度に召喚できる数は合計ポイント4です(ポイントはゴブリンが1、他が2)。召喚になにかが必要ということはないので、やられたら即再召喚し、マジックストーンを4ポイント全部使い切った状態を維持するのがセオリーと思われます。



侵入者を倒してのドットエロが本作のメイン要素ですが、画面左寄りで戦闘をやってしまうと画面外でレイプが始まってしまい、犯しているところを見れないことが多かったです。エロを鑑賞したい場合は、ある程度侵攻を許してから攻撃開始すると(=画面右寄りに味方ユニットを置く)画面真ん中あたりで犯せる確率が上がります。


そんな感じで進めていき、侵入者を全部犯し終わると体験版は終了です。


まとめ:
やるべきことがはっきりしているシンプルなゲーム内容で、面白くプレイできました。難易度的には簡単めで、多少適当に召喚しても勝つことができました(テンタルクス*2などをやるとさすがに負けてしまいますが)。

エロは侵入者を捕まえた時のドットエロがメインで、それぞれのモンスターの特徴がうまく出ているいい動きでした。あとは本編では3ステージごとにラズベリルのご褒美エロがあるとのことです。

ラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁をラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁をラズベリルキャッスル!~愚かな冒険者たちにえっちな制裁を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)