店経営もののエロRPG「イトリちゃんのエッチなお薬屋さん」(ぴーちパレット)体験版感想

イトリちゃんのエッチなお薬屋さん

イトリちゃんのエッチなお薬屋さん [ぴーちパレット]

5/24の予告新作で、店経営もののエロRPGです(RPGツクールMV製)。体験版あり、2016年05月下旬発売予定。

追記:5/26に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM 販売なし
イトリちゃんはちょっとHに興味のある普通の女の子。
昔あこがれた薬師のお姉さんを目指して日々勉強中。

ひょんなことで薬屋を開業することになってしまったイトリちゃんは
自由の街メルメルで思うがままの生活を始めます。

依頼をこなしたり、素材を集めたり、お店で薬を売ったり、魔物を倒したり・・・・・・
お店を有名にするも、調合を極めるも、エッチに浸るも、あなたの選択次第。

最初に回想シーンが入り、主人公は幼少期に重い病でしたが薬師のお姉さんにもらった薬で治ったということで、それがきっかけで薬屋を志します。


主人公がお風呂に入っていると知らせが届き、自分の店を持てることになりました。



薬屋経営が本作のメイン要素になります。村の外で素材を集めてきて合成し、依頼主のところに持っていくと報酬(+たまにエロイベント)がもらえるという流れです。

なお本作は歩き回るとどんどん時間が経過していくという仕組みになってます。今回の体験版は1日目夜~2日目朝あたりで終わりでした。


体験版の特典として自室の青く光っている箇所で媚薬の材料一式が手に入るので、まずはこれを入手しておくといいです。


依頼は店の外に出ている!マークを調べることでできました。受けた依頼は、室内上部の張り紙で確認できます(達成すると自動的に消える)。


合成は部屋真ん中あたりの流しを調べるとできます。必要な物がわかりやすく表示され、使いやすい合成システムでした。


媚薬の依頼主宅は、村の東端にある↑の家です。



中に入って渡そうとすると、効果は確かめたのかと問い詰められ、主人公が自分で飲んで実証するハメになります。媚薬の効果は抜群で、ハメられるうちにどんどん淫乱化していきました。


他の依頼を達成するには、自力で材料を集める必要がありました(一部道具屋で買える材料もあり)。村の外に出まして、草や花の上に乗ってエンターキーで調べると材料が手に入ります。


戦闘はシンボルエンカウントです。どの敵もかなり強く、何種類か戦ってみましたが勝てる敵はいませんでした。体験版では避けておくのがよさそうです。(攻撃力が低めだったので村に武器屋がないか探してみたものの見当たらず)


今回はここで時間切れになってしまいましたが、依頼は他にも兵士にポーションを届けたり、売春宿に避妊薬を届けるなど色々あり、アイテムにうまくマッチしたクエスト内容になってました。


まとめ:
うまくまとまっていて悪くないゲーム内容でした。説明も手短でわかりやすく、特に詰まることなくどんどん進められました。

戦闘は難しめで自分がやった限りでは勝てませんでしたが、主人公が非力な女の子という感じなので特に違和感はなかったです。避けるのはさほど難しくはなく、材料集めは問題なくできました。

エロシーンは媚薬を持っていくと見られます。主人公の様子がどんどん変化していき、媚薬の効果がうまく表現されてました。

イトリちゃんのエッチなお薬屋さんイトリちゃんのエッチなお薬屋さんイトリちゃんのエッチなお薬屋さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)