女主人公エロRPG「ゆきいろ*くえすと」(ポテト生活)体験版感想

ゆきいろ*くえすと

ゆきいろ*くえすと [ポテト生活]

1/26の予告新作で、拉致されて異国に来てしまった雪女が元の国に帰るためにお金を稼ぐという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版あり、2017年01月下旬発売予定。

追記:1/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、27ポイント還元
DMM販売ページ 777円(20%OFFキャンペーン価格)

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「ゆきいろ*くえすと」(ポテト生活)製品版感想
魔物である雪女のサヤは、ある日事件に巻き込まれ
遠い西の地へ連れてこられてしまう。
故郷の東に帰るにはお金が必要…
この西の地でなんとかお金を工面しなければならない。
果たしてサヤは故郷へ無事帰れるのだろうか…。


この世界は東と西の大陸に分かれていて、遠く離れているため行き来には大金がかかるということです。開始時点では主人公は平和に暮らしており(場所は東大陸)、性格は穏やかでおとなしめという印象です。

室内の棚(左上の光っている箇所)を調べて”お守り”を手に入れておくと、このあと一つ目入道に犯されずに済みます(犯されたい場合はもう一度調べることで返せます)。


家を出たあとは、左の光っている箇所を調べます。


その後上へ進んで母の墓参りをしていると、前から主人公を狙っていた一つ目入道がやって来て、強引に拉致されてしまいます(今までは強い母がいたため手を出せず)。


屋敷に場面変わり、監禁されてレイプされます。CG・テキストとも、無理矢理感がうまく表現されてました。


終わったところで屋敷に人間男が乱入してきまして、一つ目入道が戦うもののやられてしまいます。一つ目入道は強引なやり方ではありましたがそれなりに愛はあり、このシーンはちょっと切ない感じでした。残された主人公は人間男に連れていかれ、


気がついたあとは扉を調べると話が進みます。ここは東大陸から西大陸へと移動中の船内でした。牢から出たあとは、避けながら下へと進みます。


船員とぶつかると戦闘になり、勝つのはほぼ不可能です。敗北後、正常位で無理矢理犯されるレイプシーンが見れました(シーン後、牢に戻されます)。


海へと飛び込んで逃げ、


気がつくとお屋敷です(ここは西の大陸)。東の大陸へ帰るためのお金、3万デルを稼ぐというのが本作の目的です。



まずは街右上の骨董屋へ向かいます。男は魔物オタクで、主人公を見て興奮気味です。拾ったアイテムはここで売れるということです。



ギルドは骨董屋から左に行ったところです(噴水の右上、老人が建っている建物)。依頼を受けましたが、報酬は500デルと少なめでした。


終わったら貸してもらった住まいへと向かいます。街の右上、骨董屋の上です。


依頼の森は、街の上から行けました。


戦闘はシンボルエンカウントです。敵の数は少なめで動きも遅く、回避は楽でした。


初見時は気づかないままクリアしてしまいましたが、ザコのスライムにもエロシーンがありました。レベルが上がると負けるのが大変になるので、LV1のうちに負けておくと楽です。


右上に進んでいくと魔法陣があり、その先でボス戦です(負けると敗北エロ後ゲームオーバーなので、挑む前にセーブ推奨)。


ボスは拘束を高頻度でやってきまして(立ち絵変化あり)、LV1ではちょっときつく、負けてしまいました。


敗北エロは触手責めです。嫌がる様子がCG、テキストともにうまく表現されてました。



人が通りがかって助けを呼ぼうとするものの、口を塞がれて声を出させてもらえず、森の奥へと連れていかれます。



連れていかれたあとで人が見に来るものの既に遅く、ドットエロのあと、さらに犯されましてバッドエンドです(タイトル画面に戻る)。


その後しばらくレベルを上げ(比較的さくさく上がりました)、LV4で何とか勝利できました。運よく勝てたという感じでしたので、確実に勝ちたい場合はもう少し上げてから挑むのがいいと思います。


街に戻ってギルドで報告すると、ボスを倒した報酬として2000デルももらえました。


家に戻り、これからも頑張ろうというところで体験版は終了です(引き続きプレイ可能なものの、受けられる依頼はもうなし)。


まとめ:
うまくまとまっていていい内容でした。ストレスなく快適にプレイでき、ゲームの目的も”3万デル稼ぐ”とわかりやすかったです。キャラデザも、おとなしく優しげな性格がうまく表現されてました。

ゲームバランスもちょうどよかったです。ボス戦は最初は負けてしまったものの、少しレベル上げをすれば無事勝てました。シンボル数もやや少なめで、先に進みたい場合にも、レベルを上げたい場合にもちょうどいい数でした。

エロシーンは一つ目入道による陵辱、船員による陵辱、スライム姦、触手ボスの敗北エロが見れました。どれも無理矢理感がばっちり出ていて、CGも贅沢に使われてました。

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「ゆきいろ*くえすと」(ポテト生活)製品版感想

ゆきいろ*くえすとゆきいろ*くえすとゆきいろ*くえすと

・過去作品
逢魔ガ刻  黄昏ニ烟ル少女

逢魔ガ刻 黄昏ニ烟ル少女

ヒロインを狙う淫獣の魔の手から逃れることはできるか? 異種姦陵辱ADV。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)