少年が主人公のエロRPG「ぼくさがし。」(KERAKU)体験版感想

ぼくさがし。

ぼくさがし。 [KERAKU]

12/1発売の新作で、少年が主人公のエロRPGです。体験版あり。

DLSite販売ページ 756円、21ポイント還元
DMM 販売なし
優しい声と光に導かれ草むらで目覚めた少年。
「ここはどこ?・・・ぼくは誰だろう?」
海に沈みゆく島、沈没を待ちながら生活を続ける人々、少年の事が好きなモンスター達。
失くした記憶を探しに、少年の探求の旅がはじまる。



体験版感想です。画面の雰囲気はファミコン時代風のレトロな感じでした。上に進むと女の子が襲われてまして戦闘になります。


戦闘はアクション戦闘でした。体当たりしていけば倒せます。


倒したあとはお礼にご奉仕してくれました。


右に進みますと怪しい箇所があります。上に乗ったあとアイテム欄から玉を使うと話が進みます。はめたあと再度乗るとワープできます。


ここから先はモンスターがたくさんいます。倒したあと画面移動で復活しまして、どんどんレベル上げができました。倒していくうちにHできることがあります。



敵は何種類かいまして、逆レイプになることもありました。


右上に進んでいくと遺跡のようなものがありまして、奥に進むとボスがいます。LV7では勝負にならない感じでした。しばらくレベル上げが必要そうです。

ここまでまとめ:
レトロな感じがうまく出ていていい雰囲気でした。敵キャラの絵も可愛く描かれていてよかったです。

関連記事:
ぼくさがし。 (製品版):111のデジ同人感想

ぼくさがし。ぼくさがし。ぼくさがし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)