「お家に帰るまでがましまろです」(まーまれぇど)体験版感想


お家に帰るまでがましまろです [まーまれぇど]

まーまれぇどさんの新作エロゲで、ケーキ屋が舞台のラブラブ系作品です。体験版が出ていたので早速プレイしてみました(一時期ダウンロードが重かったですが、現在は各所で問題なくダウンロードできます)。本編は7/28発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
お家に帰るまでがましまろです(DLSite)
お家に帰るまでがましまろです(Getchu)
「ねえ、大丈夫?」
行き倒れていた僕に、彼女が手を差し伸べてきた。
その手はふわふわと柔らかく、まるでマシュマロのようで―
「私たちのお店にようこそ!」
やってきたのは洋菓子店‘marshmallow tree’
彼女はそこの新米オーナーで、僕を住み込みで雇ってくれるという。


主人公が空腹で行き倒れているところを女の子(春日部花音)助けられ、店に来るように誘われるところから話は始まりました。


金髪女(礼羽ライコネン)はライバル店「スヴニール」のカリスマパティシエですが、冒頭で店を辞めてしまいます(何らかの理由でケーキ作りの情熱を失ってしまった模様)。


他には大人しい雰囲気の絵本作家(皇鈴紗々、新作がうまく描けずにスランプ気味)も重要キャラなようで、子供達との交流シーンなどで出てきました。


主人公が連れていかれたのはケーキ屋で、ここが本作の舞台です。なおマシュマロ屋ではなく普通のケーキ屋です。


助けてくれた花音が店のオーナーでした。店員いわく捨て猫をよく拾ってくるらしく、主人公が保護されたのはその延長という感じです。


銭湯で綺麗にして身なりを整えたあと、早速店の手伝いです。まずは路上に出て客引きを始め、手慣れている感じでした。


店員達がケーキで歓迎会をやってくれますが、主人公はケーキを食べられず。ケーキの形でなければ食べられるということなので、アレルギーというよりは何かトラウマがあってこうなったのかもしれません。このあたり詳しくはまだ明らかにならず。



このあとは、恩返しするために客を増やす手立てをあれこれ考える(店の問題点を見つけて改善していく)、というシーンが続きます。


そんな感じで集客はめどがたち、残った問題はパティシエ不足でした。


礼羽は次第に主人公と親しくなり、本編で店とどう関わってくるのか気になるところでした(もし手伝ってくれれば大きな戦力になりそう)。


後半に入ると、電球交換でパンモロだったり、


扇風機で涼んでいるところに出くわしたりなど、お色気シーンが時々出てきました。


店に届いた荷物から薬物が出てきて、主人公が警察に捕まってしまう、というところで体験版のストーリーは終わりです。





ラストにエロシーン紹介(エロCG+紹介トーク)がありました。


体験版を終わりまでプレイしたあと、はじめからを選ぶとHシーン2つを見られます。


花音のは店内厨房でラブラブHで、


パイズリフェラのあと、


さらに続いて騎乗位Hです。女側がやたらと積極的で、ラブラブ感が満載でした。


礼羽(金髪のパティシエ)とは、まずは学校内・教室でHです。既に一度Hして処女喪失済みという状況です。


こちらも女側が積極的で、鍵をかけられたあと押し倒されてしまいます。手コキしつつ亀頭責めされ、恥ずかしいセリフを言わされる、女性上位な展開でした。


大量に射精させられたあとさらに続き、上にまたがって尻を向けながらの騎乗位です。黒下着がセクシーで似合ってました。


中出しさせられたあと、女のマンションに場所を変えてさらに続きます。


こちらは主人公がリードし、キスしながらのハメです。


イチャイチャしているうちに朝になってしまいました。行為はまだ続き、今度はパイズリです。


終わりのシーンもラブラブ感がうまく出てました(礼羽いわく関係はセフレ)。


まとめ:
話的には、ほのぼのまったりとした日常シーンがずっと続いたあと、ラストの薬物シーンでいきなりシリアス展開になりました。店の経営的には、こういう設定だと多額の借金があったり店が潰れかけだったりが多いですが、本作の店に問題はそれほどなさそうな印象でした(常連客もそれなりにいました)。

システムはオーソドックスなノベルゲームでしたが、動作は自分のPC(CPU:i5 2500K、メモリ:16GB、ビデオカード:RadeonR9 270X)だとやや重かったです。

Hシーンはどちらも女側が積極的で、特に礼羽の方は内容・回数ともかなり積極的で、搾り取られ感あるエロ内容でした。場所は厨房・学校の教室など色々で、飽きないように工夫されていてよかったです。


お家に帰るまでがましまろです [まーまれぇど]


・主な過去作品

PRIMAL×HEARTS

「私たちと共に学園を盛り上げていこう!」
「一緒に生徒会活動をしてくれますよね?」
間ノ島(あいのしま)学園だけにラブアイランドな展開を期待したのに、
これじゃどっちを選んでもラフでタイラントな事態になってしまうかも!?
2つの生徒会からの期待を一身に背負い、どっちを選ぶのか悩ましい毎日が始まろうとしていた――


PRIMAL×HEARTS2

運動部が月華会、文化部が天道会を支持するという代理戦争状態に巻き込まれ。
しかも、状況は五分と五分で膠着したまま。どうやらその均衡を崩すのが、俺が持っている最後の1票らしい。
聞いた話によると似たような状況が6年前にもあったらしく、勝手な期待をかけられた俺は、転入初日から引っぱりだこになってしまう。
なんだか姉から聞いていた話とはだいぶ違うような気が……!?


星ノ音サンクチュアリ

葛城真人は落第の危機を回避すべく、夜空に手を合わせていた。
その願いが通じたのか、はたまたただの偶然か。
学年やクラスをシャッフルしてチームを作り、それで成績を競う『特別試験』が行われる事になったのだ。
ここで結果を出せば落第回避、まさに千載一遇のチャンス!
おまけにチームメイトは美少女ばかりとくれば、おのずと気合も入るというもの。


恋色マリアージュ

髪の毛はさらさらで、出るところは出ている悩ましボディ。そしてなによりも、抜群にかわいい。
実家の旅館に融資してくれた上に、お嫁さんまで貰えちゃうなんて……まさに冗談みたいな本当の話。
でも、今すぐ結婚は困る。彼女はとても魅力的だけど、お互いまだ学生なわけだし。
何よりも、一度くらいはちゃんと恋愛というものをしてみたい。


キスと魔王と紅茶 〜Kiss×Lord×Darjeeling〜

学園の七不思議みたいなものは、どこにでもあるものらしい。。
うちの場合だと、『魔王伝説』なんていう胡散臭い言い伝えがそれ。
でも少しだけ違うのは、それがホントになってしまったって事。
美貌の生徒会長・九曜更紗の突然の誘惑、覆い被さってくるシルエット。
唇を重ね、気がつくと俺は……魔王になっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)