「忘却執事と恋するお嬢様の回想録」(Campus)体験版感想

忘却執事と恋するお嬢様の回想録 [Campus]

Campusさんの新作エロゲで、お嬢様と少年執事な学園物ノベルエロゲです。体験版では執事として雇われ働き始めるまでの冒頭部分と、Hシーン(手コキ・フェラ・立位・正常位)が見れました。本編(基本無料・エロあり版のみ有料)は2017/10/27発売予定です。

追記:10/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 3,240円、90ポイント還元
DMM販売ページ 3,240円
全年齢版 無料
このままじゃ終われない このままじゃ報われない このままじゃ幸せになれない
たった一つでいい、真実が欲しい
そんな、どこにでもある、ありふれた話、ありふれた恋物語
執事ぼく と お嬢様わたしが幸せを掴むまでの物語


タイトル画面からいきなりエロシーンを見られましたが、まずはストーリーの方から見ていきます。執事として雇われるシーンからスタートしたあと、


場面変わって学園で、ここからしばらく回想で、雇われるまでの経緯が語られます。主人公はラーメン店でバイトしているものの、繁盛はしておらず給料は未払いでした。主人公は幼少期に心臓手術をした時の影響でその頃の記憶を失っていますが、まるっきり忘れているわけではなく、おぼろげには覚えているようです。



なんとかして思い出せないかなと思いつつ屋上でぼんやりしていると、ヒロイン(千鳥雛乃)と遭遇します。時計を見ながら涙を流しているところを目撃してしまい、放っておけずに理由を尋ねますが、はぐらかされてしまいました。翌日、友人から女の子のことを教えてもらい、学園でも有名なお嬢様でした。特権で普段は学校に来ず、テストの時だけ来ているとのことです。


主人公は安アパートで一人暮らしですが、家賃滞納で大家に催促されてます。給料を受け取るべくバイト先へと向かうと、店主が夜逃げでもしたのか潰れてしまっていました。あてにしていた給料が支払われず、家賃が払えずに大家に追い出されてしまいます。


どうしたものか途方に暮れていると、通りがかった犬が怪我していることに気づきます。ほぼ無一文な状況にもかかわらず、なけなしの金で包帯を買って治療し、主人公の人柄が自然な形で描写されてました。


首輪に書かれていた住所へと犬を連れていくと、先日屋上で会ったお嬢様の家でした。


助けてくれたお礼ということで夕食をごちそうになることになります。主人公が名前を名乗ると、相手の顔色が変わりましたが、お互いの過去についてはまだ語られず。


お嬢様は執事を一人決めるよう急かされており、そういった流れで冒頭のシーンに至ってました。


執事は監視役的で、この家にとってただの召使い以上のものがあるようです。自分には無理だと遠慮する主人公ですが、雛乃の押しに負けて承諾し、住み込みで働くことになりました。


先日の屋上でも見ていました時計には、何か2人の大事な思い出があるようですが、主人公は気づかず。


翌日から早速執事の仕事で、まずはお嬢様に紅茶を入れるようメイド長から頼まれます。メイド長いわく普段なら着替え終わっている時間ということですが、お嬢様はセクシーなネグリジェ姿でした(主人公のことを考えていて寝付けなかった模様)。しばらくして我に返り、主人公を部屋の外に出して着替えだします。


こういった展開だと理不尽に殴られたり蹴り飛ばされたりするパターンが多いですが、このヒロインはそういったことはせず(少し寝ぼけて取り乱す程度)、品のある理性的なお嬢様という雰囲気でした。


使用人の皆に紹介したいと、パーティ会場(夜の開催に向けて慌ただしく準備中)へと移動すると、人手が足りないと厨房へ連れていかれました。飲食店でのバイト経験ありということでばっちりこなし、手際の良さでコックに気に入られます。


続いて屋敷の雑務的な仕事を次々やらされますが、どれもばっちりこなしていきます。貧乏生活なためバイト経験が豊富ということですが、あまりに万能すぎて、このシーンは若干コメディ感がありました。


当初は厳しかったメイド長にようやく認めてもらえたあと、手術の影響で幼少時の記憶が一部ないことを雛乃に明かします。お嬢様はなるほどという顔をするだけで、主人公が忘れている内容をまだ教えてはくれず。


夜のパーティでは、酔っ払い社長に絡まれているメイドを助けます。後先考えずに行動した主人公はピンチになりますが、お嬢様が助けてくれまして、どちらも正義感強くてお似合いという感じの2人でした。


ガラスの破片で切ってしまった怪我の治療をお嬢様にしてもらい、距離の近さに赤面するというところで体験版は終わりです。


本編は基本無料、エロあり版が有料ということです。


エロシーンはタイトル画面から見られ、まずは手コキです。時間軸的には体験版より少し先の話のようで、既にすっかり親しくなってました。いいところまでいったところで寸止めされ、このシーンは若干女性上位という感じです。


続くフェラシーンでは、主人公に気持ちよくなってもらおうと夢中で頑張り、主人公への愛情具合がうまく表現されてました。


立位バック気味にハメるシーンは、ドレスや下着がしっかり描かれていて、お嬢様感がばっちり出てますいい着衣Hでした。


続いて正常位で、こちらはヒロインの顔がよく見えます。場所は学園で、


廊下を誰かが通りかかり、キスで口を塞いで息を潜めます。バレたらまずいというスリル感がいい具合に出てました。


まとめ:
キャラ的には、主人公・ヒロインのどちらも礼儀正しく常識的で好感が持てる性格で、お似合いなカップルという印象でした。2人は過去に入院経験ありですが、どちらも現在は健康に問題はない模様です。重苦しい病弱的な描写は特になしでした。

ストーリー的には、主人公の状況がテンポよくわかりやすく説明・展開されまして読みやすかったです。幼少期に何があったかが記憶喪失でいい具合に隠されており、この先どういった展開で明らかになるのか気になるところでした。

エロシーンはいいイチャラブ具合で、特にヒロインのデレ具合がよかったです。ビジュアル的には、お嬢様感バッチリなドレスが丁寧に描かれていて印象に残りました。

忘却執事と恋するお嬢様の回想録 [Campus]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)