セックスバトルエロRPG「ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~」(サークル冥魅亭)体験版感想

ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~

ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ [サークル冥魅亭]

8/7の予告新作で、男主人公がダンジョン探索したりセックスバトルしたりしていくという作品です(ツクール製ではない模様)。体験版あり、2016年09月下旬10月下旬発売予定。

追記:10/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 2,268円、210ポイント還元
DMM販売ページ 2,268円、420ポイント還元
とある村に『魔界の穴』が開き、魔物があふれ出す異変が起った。
腕利きの冒険者である『遺跡渡りゼノ』は解決に向かうが、『魔物娘サキュバス』に犯され、レベルを1にされてしまう。
そこで彼に一目惚れしたサキュバスは、『精液』と『夢魔の薬』を交換する取引を持ちかけるのだが……。


いきなりダンジョンから始まり、ここはプロローグなのでどんどん進んでいってしまってOKです。45度傾いているので下と左を押し間違えることが最初たびたびありましたが、少しすると慣れました。慣れないうちは画面左下のマップを見ながら移動するとわかりやすいです。うっかりマップを消してしまった場合は、Zキーを押せば復活します。


戦闘は武器を選択して攻撃する形式でした。武器ごとに特徴があり、何種類か持ってダンジョン探索という形式です。耐久度はダンジョンに入り直すたびに回復し、壊れる心配はなかったです(同じのを使いすぎると命中度が一時的に下がる)。



進んでいき、3Fのボスとセックスバトルになります。これは勝てない戦いなので、諦めてやられてしまってOKです。


吸われ続けてLV1になったところで街に場面が変わり、ここから冒険のスタートです。偉そうな女(アルティシア)が雇い主で、最初はこの女のみパートナーに選べました。


まずは村内を回って黄色の!マークをひたすら埋めていきます。かなり数が多いですが、ここまで多いのは最初だけでした(一通り見てしまえば、あとはたまに増える程度)。大半は聞き流しても支障なかったので、全部覚えようとしなくてOKです。


店の品揃えについては、ダンジョンで拾った素材を道具屋や武器屋に売ると、素材と関連した商品が増えるという形式です。他に酒場ではクエスト報告ができ、これでもらえるお金が主な収入源でした。


そんな感じでひととおり!マークを見終わると、マップ右上のダンジョンに入れるようになります。


最初と比べて大幅に弱体化してしまってますが仕方ありません。こつこつレベルを上げながら3Fを目指します。


本作ではレベルアップするとステータスを上げることができます。ステータスは教会でいつでもリセットでき、費用もかからないので気楽に振ってしまってOKです。今回はまずは攻撃やWT(搭載力、これが大きいほどアイテムをたくさん持てる)あたりに振り、素材を集めるのをメインにしました。


ダンジョン探索→行動力が無くなったら帰還→店で売却、を繰り返しながら下へと降りていき、3Fで薬草採取屋のコレットと遭遇しました。本作はこういったイベントを見ながら下層を目指していきます(体験版のゴールは30F)。


コレットはマップ右下にいました。ここでもアイテムが購入できます。パートナークエストに購入額関連があったので、お金に余裕があったらこちらで買っていくといいです(なお序盤はやや金欠気味でしたが、探索を進めていくとお金は余りまくりました)。


ダンジョン内で敵から逃げたりすると↑のような”密着モード”になり、うまく選択肢を選んでいくといい雰囲気にすることが可能です(序盤は失敗が多いので、ダンジョン探索繰り返して好感度上げてから狙うのが無難)。終わりにしたい時は”撤退する”を選べばOKです。


探索を終えて自宅で寝ますと、サキュバスが襲ってきます。最初は”今晩は吸わないでもらう”を選んでおくのがいいかと思います(最終的にはサキュバスが我慢しきれなくなって吸われてしまいますが、数日は先延ばしにできます)。レベルドレインされたあとの必要経験値の詳しい計算式はわかりませんが、今回やった限りではダンジョンでちょっと稼げばわりとすぐに元のレベル近くまで戻せる印象でした。


そんな感じで探索を進めていくと、コレットが兵士たちに森の奥へ強引に連れていかれるイベントが起こりました。



村を訪れて情報を聞いたあと、助けに向かいます(”緊急ミッション”が発生すればOK)。


11F以降、階段を降りるたびにコレットの様子が描写され、次第にピンチになっていきます。寝取られな感じの進行でした。13Fでエロシーンが見られます。



さらに進んでいき、↑のBOSSでボス戦です。強さは大したことなく(下手なザコより弱い)、LV11で楽に勝てました。



次は位の高いシルドリアがダンジョン探索に参入してきます。ここからはイベントを見る→いったん街に戻る、を繰り返して下層を目指します。



ここまで進めると、先ほど助けたコレットをパートナーにすることができました。アルティシアと違って主人公の心配をしてくれたりします。ダンジョンに入る時に支給される”コレットの特製回復薬”はダンジョンを出ると回収されてしまうので、どんどん使ってジャイアントキリング(格上の敵を倒すと獲得できる)を狙っていくといいです。


あとはこのあたりまで来るとお金もかなり余ってきまして、(WTが負担にならない程度に)店で薬草を買いまくるのもいいと思います。


探索を進めていき、30Fが体験版のゴールです。この階ではパートナーとはぐれてしまい、ひとりで戦うことになります。ザコを全部倒していくのはきついので、適当に逃げてしまうのが楽です。


ボスのフェアリーとはいきなりセックスバトルはできず(性技を選択しても全く当たらない)、まずはトークでいい雰囲気にする必要がありました。頑張ってセックスバトルに持ち込んでも性技やEPに振っていないと全く勝ち目がないので、うっかりボスに着いてしまったなど準備が整っていない場合は、↑のような要求は断るのがいいかと思います(中途半端に渡してしまうともったいない)。



フェアリーに挑む前に、コレットを口説いて(アルティシアと比べてちょっかい出しても抵抗されにくい印象)Hに持ち込んでおくとトーク→セックスバトルのいい練習になります。”エッチな雰囲気”になったあとは、いつもと同じように”帰還者の糸”で帰還してしまってOKです。


自室に連れ込んだあとのトークは、言われるままに貢ぎまくると手っ取り早いです。ここでの盛り上げ具合次第でセックスバトルでのダメージが変わるようです。


セックスバトルは、性技・EP未振りだと↑のようにほとんどダメージいかず、振り直してエロ特化しないと削りきるのは難しい印象でした。



フェアリーに何回か負けた末、LV21で(教会でステータスリセットして)性技とEPに均等に振って(性技155・EP498)ようやくまともにダメージいくようになり勝利できました。挑む際はLP5なのを確認してから突っ込むといいです。騎乗位まで行ければあとは楽でした。


騎乗位になったあとは、”降参!”が出るまで繰り返しHし続けます。”降参!”を選ぶと戦闘に勝利し、体験版はここで終了です。


まとめ:
非常に凝った作りで、中身の濃い作品になってました。通常の戦闘とセックスバトルがいい具合にバランス取れていてよかったです。ゲーム進行的には、キャラ強化や好感度アップに時間がかかる作りでした。じっくりとやり応えがあって面白かったです。

細かい点にも配慮がされてました。パートナークエストの条件が全部ずばりと表示されるのはありがたい作りで、”埋まるまで何もヒントが表示されない”というゲームが結構多いので非常に助かりました。ダンジョン探索やアイテム集めをしていく上でいい目標になりました。

教会でのステータス振り直しにコストがかからないのもよかったです。どんどん気軽にリセットして、状況に合った最適ステータスを模索していくことができました。例えば序盤アイテム集めしたい時は攻撃力だけでなく、WTにも振ると効率いいです(命中などは必要ポイントが多く、効率があまりよくない印象)。一方セックスバトルで勝つには、ステータスリセットして(戦闘で勝つことはいったん諦めて)エロ特化しないときつかったです(性技・EP未振りだと全く勝ち目がない)。

バグについては、1.00だと固まって無反応になることが多少ありましたが、現在の1.06ではそういったことは特になく快適にプレイできました。サークルさんブログに細かくアップデート履歴が載っており好感持てました。

パートナーとのエロは、ダンジョン内で口説いていい雰囲気に持っていったあと、自宅などでのHに持ち込むという流れでした。初Hにまでに相当な時間がかかり、リアリティある作りでした。他作品ではここまで細かいのはなかなかなく、珍しくていいと思います。ビジュアル的にも、どのキャラも可愛く、いいキャラデザインでした。

ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~