学園ものエロゲ「カサブランカの蕾」(DOLCE)体験版感想


カサブランカの蕾 [DOLCE]

5/26発売予定の新作エロゲで、学園ものの作品です。体験版では冒頭部分をプレイできました(エロシーン4つあり)。

体験版ダウンロードはこちら
カサブランカの蕾
ドクドクドク……ッ。
真っ赤に燃えたぎる欲望が全身を駆け巡った。
ドクドクドク……ッ。
真っ黒で、薄汚い情熱が迸る。
真っ白で穢を知らないその花を。
真っ白で可憐で、触れる事さえ許されない君を。
染めたい、染めたい、染めたい。
僕の色に、僕のモノに、僕の愛に。

主人公の成瀬イツキはまだ知らなかった。
それが、平穏で穏やかな日常の自分の中に潜む……。
本当の姿だった事を。


最初に出てくるのは椎名ユリで、失恋して(相手は平山ミク)落ち込んでいる主人公を慰めてくれます。前から主人公のことが気になっていたらしく、告白してきました。主人公はミクへの思いをまだ断ち切れていませんが、OKしてしまい、恋人関係になります。



話の季節は夏です。制服はエロゲでは珍しい公立タイプで、清楚・上品な雰囲気です。話とうまくマッチしたデザインでした。


教室に着くと馴れ馴れしい女の子(四條カナ)が登場です。面白いことや恋愛話が好きというタイプで、この先のエロ展開の発端になるキャラです。


続いて告白した相手(平山ミク)が登場し、 主人公に彼女ができたと知ると少し動揺した様子です。


忘れ物を取りに教室へ戻ると、ミクの忘れ物な着替えを見つけてしまいます。欲求を抑えられずついつい白靴下を手に取ってしまい、オナニーを始めてしまいます。やってはいけないことをしているという罪悪感・緊迫感がうまく描写されてました。



途中で女子生徒に見つかってしまい、元気系女の子の四條カナでした。騒ぎたてられることはなかったですが、いいネタを見つけたという感じでエロ展開になります。


勃起した肉棒を観察されたりからかわれたあと、


ミクの靴下を使ってのオナニーを求められます。出したらまずいとわかっていても止められず、靴下を精液塗れにしてしまいます。なお射精前には画面右下にカウントダウンが入りました。


黙っている代わりにオモチャ(言いなり)契約させられ、この先色々と命令されることになります。


罪悪感やこの先どうなるのかという不安感で心がモヤモヤするものの、彼女には言い出せず。


最初の命令は彼女とのHでした。まだ付き合って間もないということで困惑しますが、逆らえずに渋々承諾します。


命令を実行していい物か悩む主人公を、何も知らない彼女は親身に心配してくれます。


命令に背中を押される形で彼女に迫ってエロ展開になります。保健室で乳揉み→手マンのあと、


ベッドで対面座位のHシーンです。恋人同士の初々しい絡みという雰囲気でした(なお処女でした)。


次はもっと過激なことを命令されるかと思いましたが、次の命令はミクの笑顔を撮ってくることという意外なものでした。


チャンスをうかがいあとをつけていくと、校舎裏で2人きりになります。写真撮影をすんなりOKしてくれ、無事笑顔の写真を撮ることができました。


このキャラには告白してフラれたということですが、そこまで嫌われてはいない感じです。お互い丁寧語なのが微妙な関係をうまく表現してました。友達くらいにはなれるかなと思ったところで、靴下の件を相談され主人公は動揺します(犯人が主人公だとはバレていない模様)。


そんな感じで2人で話しているところを彼女に見られてしまい、嫉妬で不機嫌になります。キスして口説くと機嫌が直り、わかりやすくて可愛い彼女という感じでした。


翌日は図書室に呼び出され、机下で足コキです。射精せずに我慢できたら問題の靴下をミクに返してあげると持ちかけられますが、先日撮ったミクの写真を見せられながら巧みに攻められ、たまらず射精してしまいます。


頑張ったので返してあげるということで、靴下の件はこれで解決です。


次は彼女と教室でHしなさいという命令が出されます。教室でフェラのあと、


誰か来たらまずいと困惑する彼女を押さえつけて、バックで挿入です。


四條カナの言いなりはいいかげん嫌だということで、抵抗することを決意し、


なにか弱みはないかとあとをつけていき、バスケ部を辞めたことを知ります。強豪校に負けて気持ちが折れたということですが、果たしてそれだけが理由なのかはまだなんともわからず。


投げやりな態度にかっとなったのか、壁に押さえつけて襲ってしまいます。これまで逆らえずにひどい目に遭わされてきたので、納得いく行動でした。


撫で回しつつ言葉責めし、中に指突っ込んで責め立てます。紫下着が適度に大人な雰囲気で、キャラ設定にうまくマッチしてました。


イかせたあともさらに行為が続き、押し倒しての正常位です。これまで男性経験豊富そうな態度を見せてきましたカナですが、いざ挿入すると処女でした。続けていいと言われてピストンし、我慢できずに中出ししてしまいます。体験版はここで終わりです。


まとめ:
初々しい青春ものという雰囲気で、なかなか珍しい内容になってました。彼女以外とHしてしまう展開にも無理がなく、終わりまでダレずに一気に読めました。あとはミクに振られた理由が体験版では結局わからずじまいで、適度に謎がのこっていていい終わり方でした。

ノリとしてはコメディというよりはシリアス寄りで、オナニーシーンなどはバレたらまずいという緊迫感がいい具合に出てました。

システム的にはオーソドックスなノベルゲーで、変わった要素はなしでした。選択肢も体験版の範囲ではなかったです(2人ともと関係してしまうのは回避不可と思われます)。

ヒロイン三人は真面目な彼女・性経験豊富なフリをする女友達・告白するものの失敗した片思いの相手と三者三様で、うまくバランス取れていてよかったです。


カサブランカの蕾 [DOLCE]


・関連作品
あやめの町とお姫様[MORE]

あやめの町とお姫様

4年ぶりに地元に戻った白石哲也は、あやめ園で夢の中の少女にそっくりな子・古川あやめと出会う。成り行きで彼女の面倒を見ることになった哲也だが、彼女は知れば知るほどとんでもない人物だった……

祝祭の歌姫 -君と紡ぐ明日への歌-[MORE]

祝祭の歌姫 -君と紡ぐ明日への歌-

新ブランド「MORE」デビュー作品!! 音楽の都・ヴォルフバーグを舞台に身分や文化、価値観が違う少女たちが歌で奇跡をもたらす物語。

少女アクティビティ

先ほどまで泣いてた彩夏に俺は押し倒された。とある事から幼なじみの彩夏とセックスをする事になった主人公の健流。ただの幼なじみだったはずの二人の奇妙な関係が始まった。

この恋、青春により。

桜庭学園にまた春がやってきた。それぞれは新しい期待を胸いっぱいに膨らませ、桜の景色の校門をくぐる。野球部所属、主人公の武下勝也は昨年惜しくも決勝で逃した全国大会を。泉千春は自分を変えるためにも、秘めた想いを今年こそはと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)