エロアクションゲーム「VREA R 紅色の少女と閉鎖された学校」(温泉雪そふと)体験版感想

VREA R 紅色の少女と閉鎖された学校
VREA R 紅色の少女と閉鎖された学校 [温泉雪そふと]
11/13の予告新作で、VRMMOの世界に入った女主人公が脱出を目指して奮闘していくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は7日ある内最初の2日をプレイできました(エロシーンは敗北エロが複数あり)。本編は2022年01月下旬発売予定です。
異常な仮想世界で富豪達の射幸心を煽るため、
現実の情報を大量に持ち込める能力を持った主人公が、
レイドボス「紅色の少女」として参加する。

使える武器は銃のみ


VRMMOの説明から話は始まり(スキップ可能)、同意するとさっそくゲーム世界です。ハンドガンを持って困惑している少女をここからしばらくの間操作することになりました(なおこの少女は主人公ではありません)。


基本操作はAキーで攻撃、Zキーで調べる、A+Dキーでリロードです。なおメニューはこの時点ではまだ出せませんでした。


まずは段ボールを撃つチュートリアルで、試しに遠目から撃ってみたものの届かず、2マス程度まで近づかないと当たりませんでした。あとは殴り攻撃はない模様です。なおこのゲーム世界の戦いはチーム戦らしく、色々なキャラが次々出てきました(下で観戦している)。

チュートリアルが終わったところで改めて説明が入り、ゲームの目的は学校からの脱出、日数経過でイベント発生、7日間経過してしまったりボスに倒されてしまうとゲームオーバー、などが説明されました。

無駄撃ちしてしまい窮地に


ここから自由に動かせまして、ざっと話を聞いた後部屋から出てみました。廊下を人間らしきものが歩き回っていますが、これは味方ではなく敵なのでご注意ください。初見時はここでこの敵とじっくり戦ってしまい、気がついたら弾薬が全部なくなっていました。


その後、上の部屋にある箱を開けるとイベント戦闘になりましたが、弾切れでどうにもならず。この敵を倒さないと弾の補充はできないようで、詰み状態に感じたので最初からやり直しました。

情報に従って進むと、巨大な敵と鉢合わせし…


無駄撃ちをせずに進めると、上の部屋のイベントを問題なくクリアできました。倒してアイテムを手に入れたら、保健室(最初の部屋)に戻ります。


次の目的地は1F北棟で、左上から進みます。


画面が切り替わった後、数歩左に進むと巨大な敵が登場し、なすすべなく即死でした。(ここについては読み進めていくと次第に明かされ、本来ならここにいるはずのない敵だったようです)



気がつくと人間男達に囲まれていて、わけがわからないままハメられてしまいます。

主人公が登場


場面変わって、別の女が登場し、こちらが本作の主人公でした。運営らしきAIからレイドボスと言われていますが、こちらも目的は学校からの脱出です。


先ほどのような失敗はしたくないので弾を温存し、避けて探索を進めることにしました。まずは右に進み、”錆びた硬貨”を入手です。


左へ戻り、敵を避けつつぐるっと回っていくと先ほど探索したエリアに出ました。箱を硬貨で開けると、”謎の粘土”を入手です。


その下の保健室に入ると、シャワー室になにかあるかもしれないという情報が得られました。



左寄りの食堂に入り、上の方にある掲示板を調べると821という数字が得られました(あとで手動で入力する必要に迫られ、メモを取っておく必要がありました)。


3回ほど敵にやられたところでハートマークが出てエロ展開になりました(この後もTPの増加に伴って時々発生)。

シャワー室は繰り返し調べる必要あり


上の方にあるロッカーが、保健室で聞けたシャワー室のようです。一見外れでしたが、繰り返し調べると3回ほどで進展があり、”購買部の鍵”を入手できました。この部屋の左にある白い物体は洗濯機で、ここで先ほど手に入れた三桁の数字が必要になりました。正解すると弾薬などが手に入ります(なお今回プレイしたVer1.02では、繰り返し入手できました)。


購買部は左下(食堂の下)の部屋です。”購買部の鍵”を使って入り、右の方で手に入れた粘土を渡すと話が進みます。あとは買い物もでき、銃の弾薬は20発で50ゴールドでした。爆弾の販売は翌日からとのことなので、拠点に戻って寝ることにしました。




前日と同様、寝るとイベントが4つ見られ、2番目は他チームの状況が描写されます(いずれもエロ要素はなし)。

覚醒システムが開放に


目を覚ますとAIが話しかけてきて、”覚醒システム”を導入したとのことで、Sキーで覚醒状態になれました。時間制限があるようなので、覚醒したらサクサク動くのがよさそうです。


あとは装備強化が可能になりましたが、金が全然足りず(武器は500G、防具は300G)。


何カ所かある階段前の岩は、C4爆弾で壊せます(装備変更はQキーなどからできます)。銃以上に弾数制限がきついので、うっかり無駄置きしないよう注意です。壊して進んだ先は、視界が狭い上にこれまでより更に強い敵が出てきまして、探索は厳しいものがありました。



拠点左の岩を壊して進み、左へ進んだところにある教室でイベントがありました。盗み聞きするとアタッシュケースの情報が得られます。



敵にやられた時のエロイベントはまだ続き、パターン豊富です。

男に変わり、カードバトル


話が進まなくなったので3日目へ進みました。1日目の時と同様、他者の状況を見られ、西チームが何やら不具合を見つけたようです。


人工の夢を選ぶと、3方向どちらに進むかの選択があり、左に進むと、裸の男がカードゲームを始めました。ここから”寝る”を選ぶまではこの男を操作することになります。


最初はコストが1しかなく、デッキに1枚しか入れられません。最初のうちは連戦連敗でしたが、下の方の銀髪男は出してくるカードが1枚なので運が良ければ勝てることに気づき活路が見いだせました。何度でも挑めるので、これを繰りかえせば金が増えていきます。


金が貯まって”コスト”や”カード枚数”を買えると一気に楽になりました。なおこれらの強化アイテムは買っただけでは意味がなく、アイテム欄から使用する必要があります。あとは適当にバニーや★1に勝って、ガチャで出るカードの種類を増やしていけばどんどん強化していけます。


コスト3キャラ2とコスト4アイテムの編成で★1は何が来ても楽々勝てるようになりましたが、右端にいる★2はいくら精鋭を揃えてもデッキのカード枚数的に厳しかったです。


奥の部屋にいる”紅色の少女”はライフが多くて一見厳しいように見えましたが、1体だけなので頑張れば勝てました。他と違ってキャラが固定なので対策も立てやすいです。なおもし勝った場合、エロシーン後にゲームオーバーになるので、挑む前にセーブしておくのが無難です。空飛ぶクラゲ、キメラ、林檎入りの木箱の青染めで挑んで勝利できました(赤には青が強い模様)。


勝利後、女を発情させてハメるエロシーンが見られます。

3日目、他メンバーがボスに突撃



寝て話を進めまして、3日目朝、銃声が聞こえ、不具合を利用してボスに挑んだメンバーが全滅したようです。体験版はここで終了で、強制的にタイトル画面に戻されました。


ロードしてやり直し、危険だから行くなとAIに言われていた校門に突撃してみました。意外にも即死ではなく多少は耐えられたものの、敵HPが10000もあり、倒せる気はせず。なお負けてもエロ要素はなく、ゲームオーバーになるのみでした。

感想まとめ

謎解き・アクションともに難易度高めで、話も登場キャラ数がかなり多く凝った作りで、1周やっただけでは十分理解しきれない部分もありました。やり応えを求めるプレイヤー向けの作品という印象でした。

アクション部分については、敵の数が多めな上に弾薬にも制限があるため、(ガンアクションという説明になっていますが)ガンガン撃ちまくって進むというのは難しく、基本的に敵を避けて探索を進めていくことになりました。あとは通常のRPGのような感覚でダッシュしてしまうとスタミナがすぐ切れてしまうのも厳しかったです。普段は温存して歩き、敵に攻撃されそうになったときにダッシュで逃げるようにすると安定しました。

エロ要素は、敵にやられるのが積み重なると見られるエロ展開が主でした。敵はゾンビなど魔物ばかりでしたが、エロシーンについては今回見れた限りでは異種姦はなく、いずれも人間が相手で、男達に翻弄されて体を許してしまう様子などが見られました。

VREA R 紅色の少女と閉鎖された学校
VREA R 紅色の少女と閉鎖された学校 [温泉雪そふと]

過去作品


VREA 少女と仮想世界の秘密
今作の主人公「佐倉茜」が、
VR・MMORPG「VREA」に入り込み、
仮想世界の秘密に触れてしまうカードバトルRPG


VREA1.5 少女の仮想世界を狙う者達
「VREA 少女と仮想世界の秘密」の続編!
仮想世界VREAを舞台に、
主人公の佐倉茜が洗脳の力を使ってVREAを守ることになる。