触手陵辱エロゲ「VenusBlood -HYPNO-」AVG体験版感想

DualTailさんの新作エロゲ「VenusBlood -HYPNO-」AVG体験版感想です。本編は11/28発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
VenusBlood-HYPNO-
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ DualTail ≫ VenusBlood -HYPNO-


今回の体験版ではストーリーとHシーン4つがプレイできました。


ストーリーの方から見ていきます。状況説明のあと戦闘画面が出ますが、今回の”AVG体験版”では実際の戦闘はなしで進みます。


読み進めていくと触手エロシーンになりました。陵辱・尋問系のシチュです。


続いて蛇持ちの巨乳美人(カルヴィア・クルルセヴニ)が出てきました。キャラ紹介を見ると”万象統べる闇の魔帝”となってまして重要キャラのようです。


もうひとつエロシーンがありましてストーリーは終わりです。レオンが主人公で、女キャラを触手で陵辱していくという感じの話でした。





エロシーンの方は4つとも触手系でした。いいエロCGでよかったです。

まとめ:
エロ的には触手陵辱のエロシーンが色々見れました。ビジュアル的にはどのキャラもいいキャラデザでした。ゲームシステム的には拠点侵略がメインの作品のようなので、戦闘などをできる体験版が出たらそちらもやりたいと思います。
その誇り、その魂、我に捧げよ─!
遙か太古より、女神の御座として栄えた『聖地ヘルヴェティア』。
しかし今やかの地は、共謀して女神を討った魔族の女王たちによって支配されていた。4人の女王による相互不干渉の関係は、魔帝・カルヴィアの不穏な行動を受けた他の3人が宣戦布告を発したことにより瓦解する。

四方を敵に囲まれながらも、魔帝・カルヴィアは己が勝利を疑わない。かつて女神と争ったヘルヴェティア戦役において、実質的な勝利をもたらしたとされる秘匿部隊――『漆黒装隊』が手駒にあるからだ。戦乱の英雄と目されながらも歴史の闇に葬られた部隊、それを率いる主人公・レオンハルト。再びの戦乱を舞台に、彼の野望が飛翔する――!


VenusBlood-HYPNO- [Dual Tail]


・過去作品

VenusBlood -GAIA-

押し寄せる敵は、迷宮へと誘い込み、撃破せよ! 禁断の産卵技術で、神獣の巫女に最強の魔物を孕ませよ! 果たして、生き残るのは、聖か魔か? 神への新たな挑戦が、ここに始まる─。


VenusBlood-EMPIRE-

女神悪堕ち触手SLG第2弾。ゲームの目的は、魔族の国「バルドル帝国」の前線指揮官となり、敵対する光の女神たちが守護する五つの国を陥落し、手に入れることです。そのためには、各地域の奪った都市を軍事拠点・生産拠点として利用し、自軍の勢力を増加させていく必要があります。

VenusBlood-Chimera-

選ばれたのは3人の姫。 クロト王国の姫将軍ミネルヴァ。 ユピテル皇国の聖女ミディール。 サヴリナ王国の戦姫ブリジット。 彼女達は、生贄としてタラニスの居城へと向かう一方、悪魔に一矢報いんと、密かに『王家の宝具』を持ち出すのだった。 しかし、これがキメラによる終わりなき異種姦調教への悪夢の始まりだということを、彼女達はまだ知らない…。


VenusBlood-ABYSS-

魔王軍に属する魔族の女たちを、主人公が操る触手で快楽漬けに!魔物の子を「産卵」させて、魔王軍の戦力を増強!最強の魔王軍を編成するために、女達を徹底的にアヘリ狂わせろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)