憑依ものエロゲ「憑依彼女~ツキカノ」体験版感想


憑依彼女~ツキカノ [WendyBell]
WendyBellさんの最新作で、欲求不満な幽霊少女が女の子に取り憑いて主人公に迫ってくるという憑依もの作品です(定価8,800円のフルプライス作品)。体験版では姉とのH、夜の公園で青姦、痴漢強要→駅トイレでハメが見られました。本編は2019/01/25発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
憑依彼女 ~ツキカノ
どこにでも居そうな普通の男子という「水澤 礼治」は、
ある日いつもの様に行き場のない性欲を持て余し、
エロ妄想を膨らませて自慰行為に励んでると、ふと誰かがみてるような気がした。
誰かが覗いてるなんてそんなことはない筈だが、気になって周りを見てみると、
なんとどこから入ってきたのか女の子が横から見て居るのに気が付いた。

幽霊と遭遇


男主人公(女には縁がない地味な学生)が自室でエロ漫画片手にオナニーしているところから話は始まり、誰かに見られている気配を感じて集中できず。あたりを見回すと、幽霊(アンリ)がいることに気づきます。他の人にはこの幽霊は見えてないらしく、主人公に自分が見えていることに幽霊は驚き嬉しそうです。自分のことは気にせずオナニーを続けてと言われるものの、当然ながらそういう気分ではなくなってしまってます(人に見られながらやるのは抵抗あり)。このあたり、なかなかインパクトある導入部でした。


主人公は状況を受け入れられず、これは夢なのだと理解し、だったら遠慮せず好きに振る舞おうと、手コキを要求します。幽霊はOKしてくれましたが、伸ばした手は主人公の体に触れられずすり抜けてしまいました。ここでようやく主人公は相手が幽霊に事に気づき、慌て具合がいいリアクションです(ただ見た目が可愛いということで、そこまでの恐怖心は抱かず)。幽霊は、手頃な女に取り憑くことを画策し、壁をすり抜けて隣の姉の部屋へと向かいます。

幽霊が姉に憑依して迫ってくる


しばらくすると姉が入ってきます。状況的に幽霊が取り憑いているのは明白ですが、主人公は様子が変だとは思いつつもそれにはまだ気づかず、寝ぼけてこっちに入ってきたのか程度の認識です。


姉は普段はクール系キャリアウーマンとのことですが、幽霊が取り憑いているため淫乱化しており、ビッチ・肉食系な目つきです。手コキの話題が出たところでさすがに主人公も、中身が先ほどの優麗なことに気づきました。


さらにフェラチオと続き、主人公のうろたえ・抵抗具合が常識的でリアリティあっていい描写でした。


行為はさらに続いて騎乗位です。精神はアンリですが肉体は姉ということで主人公は逃れようとしますが、押さえつけられ挿入を許してしまい(姉は体を鍛えている体育会系)、童貞を奪われてしまいました。ヤってるうちに主人公も次第に受け入れていき、最後はアンリの名前を呼びながらの和姦です。


幽霊は姉を部屋に戻して服を着て寝かせたあと戻ってきまして、まだ成仏はしない、楽しめそうだからしばらくここに居着くと宣言してきました。


翌日、いつもより遅く起きてきた姉は複雑な表情です。主人公と顔を合わせる気まずさに耐えられなかったのか、普段は欠かさない朝食(姉は体育会系で健康オタク)も食べずに出かけてしまいました。ここで憑依について幽霊が解説してくれ、寝ている最中に憑依された場合、その間の記憶は夢として認識されるとのことです。つまり姉は弟とヤる夢を見たことにショックを受けていました(どんだけたまってるのよと自己嫌悪したと思われる)。

夜の公園で覗き女とH


学園シーンはここではなく、夜に時間が飛びました(幽霊がいつ出るかとヒヤヒヤしながら1日過ごした)。幽霊に言われるままについていくと、公園でこっそりヤっているカップルのところに案内されました。


次に憑依するのはこのカップルではなく、それを覗き+動画撮影をしている女の子(佐原 リナ)です。


憑依2回目ということで主人公も状況の理解が早く、慌て方も微妙に変わり、警官にでも見つかったらまずいと困惑します。


その後積極的になった(アンリにやられっぱなしなのは癪)主人公が反撃的に乳揉みしていきますが、早くも女の子がイってしまいアンリの憑依が解けて正気に戻ってしまいました。女の子は一瞬慌てるものの、Hに乗り気で、行為続行です。処女が勢いでヤってしまっていいのかと迷って手を出さない主人公に焦れ、女側から対面座位です。

事後、コンビニへ向かっていると、アンリがまた何かやらかしそうな気配でしたが、結局何も起こらず帰宅です。このシーンはエロはなく、アンリが生前どんな生活をしていたのかの描写でした。学生で、学年も主人公と一緒だったとのことです(どこの学園だったかなどははぐらかされてしまいました)。


疲れ切って眠りについたあと、気がつくと幽霊に手を引かれて空を飛んでおり、この幽霊はいろいろなことができるようです。

奥手女に痴漢するハメに


場面変わって休日で、電車に乗っていると幽霊が痴漢の話をし出しました。痴漢願望を持っている女を見つけたとのことで、連れていかれた先には真面目そうな眼鏡スーツ女(瀬口 顕子)がいました。


アンリから痴漢するよう急かされますが、当然ながら主人公は捕まることを恐れて簡単には手を出せず。早くやらないと騒ぐと幽霊から脅され、痴漢せざるを得ない状況に陥ります。主人公の常識的な警戒感・倫理観がうまく描写されてますシーンで、憑依設定もうまく利用されてました。周りに騒がれないかとビクビク警戒しつつ手を伸ばしていき、このあたり緊張感がうまく出てます。


幽霊は尻と胸を触らせただけでは満足せず、性器愛撫を要求してきました。満足させないと憑依が解けないと言われ、さらに過激になっていきます。


女は一時満足したように見えましたが、まだまだ欲求不満でした。主人公の腕を掴んで何か言いたげです。連れていかれた先はユニバーサルトイレ(身障者用の広い個室)でした。


トイレに連れ込まれ、強引にフェラされます。女が積極的なのに対し、主人公は想定外の展開に困惑気味です(中身がアンリなのか測りかねている)。


主人公が射精しても女の気は収まらず、上にまたがって抱きついてきます。女性上位なイチャイチャ感がうまく出てました。


帰り道、このあたりになると主人公も幽霊のイタズラ好きな性格がわかってきて、さっきはずっと(トイレでの行為中も)取り憑いていたのだろうと指摘します。が、真面目な雰囲気で、自分は取り憑いてない、あの女が望んだことと否定されました。幽霊はこれから当分主人公宅に居着く気満々、というところで体験版は終了です。(なお体験版では出てきませんでしたが、ヒロイン紹介を見ると他に女教師、自殺未遂の娘、転校生がいました)

感想まとめ

憑依をうまく使ったストーリー展開で、話のテンポもよく面白く読めました。キャラ的にも、いたって常識的でしっかりうろたえてくれる主人公と、悪戯好きなアンリがいい具合に対照的でした。あとはアンリがどういう死に方をしたのか、この先肉体復活があるのかどうかが気になるところでした。

システムはオーソドックスなノベルゲーで、体験版の範囲では選択肢はなかったです。動作は起動時に数秒固まった感じで待たされましたが、その後は問題なく動作しました。

エロは女性上位で、普通だったら主人公と関係しそうもない女に幽霊が憑依して強引にH、という展開が中心でした。主人公の抵抗具合(”誰かに見つかったらマズい”など)がいい描写で、時々攻めに転じるシーンがあるのもバランスよかったです。


憑依彼女~ツキカノ [WendyBell]

主な過去作品


匣の中の情事
主人公はごく普通のサラリーマン。会社での評判も真面目そうな普通の社員。
ある日、いつものように就寝前のネットサーフィンをしていると、
たまたま関心のある内容が載っていた普通のブログだと思ってみていたら、
実は自分のアダルトな体験も書いてるブログに突き当たった。


なつこい!
どこにでもあるような田舎町で、平凡な日々を送る聡。
あるとき、同じ町に住む女の子、石垣ゆかりが、廃墟に続く道に出入りしているのを見付け、興味をそそられあとを付けてみる。
そうして、山の中にある空き家で、その子がオナニーに励んでいる姿を覗き見てしまう。


カテキョしちゃお! ~ひとつ屋根の下、むひょひょ合宿物語~
幼い頃からある程度勉強ができていた俺。
勧められるまま何となく進学校に進んだものの
周りのレベルについていけずに成績は下降線まっしぐら…。
そんな俺を心配した家族が夏休みを返上して
学力向上することを提案してきた。


露出変態遊戯
ある日、帰宅途中の電車の中で、駅に着くまで我慢できずにお漏らしをしてしまう。
遅い時間で乗客が少なかった事と漏らしたのが少量だった事もあり
他の乗客には気付かれなかったが、
汚れた下着を履いたままでいるのは我慢できなかったので
駅のトイレで下着を脱ぎ捨ててそのまま帰宅する事に。
この時の「お漏らしをしてしまった上に下着を着けずに街中を歩く」という行為に
今までの平凡な日々では感じた事の無い胸の高鳴りを覚える。


痴漢衝動
満員電車に乗りながら、明は思った。
「あんな子なら、痴漢されても声なんか上げないんだろうな……」
ふと頭に過ぎった、そんな考え。だが明は次第に、
その考えにとりつかれていってしまう……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)