Tag Archives: 背徳堂

女子に誘惑されまくる「コクハクゲエム」(背徳堂)体験版感想

コクハクゲエム
コクハクゲエム [背徳堂]
2022年11月10日の予告新作で、奥手な男主人公が女子3人の誘惑に耐えられるかという学園もの作品です。体験版は巨乳ギャル女への告白に失敗するところから始まり、オタク先輩(汐里)との関係が描写されたあと、女子3人がそれぞれ誘惑してくる1日目をプレイできました。本編は2022年11月23日発売予定です。

追記:11/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,430円、130ポイント還元
ゲーム内で4日間を過ごし、想い人である汐里に告白することでクリアとなります。

しかしその間、「告白ゲーム」に乗じた女子からの誘惑に耐えなければなりません。
主人公の純潔を保ちつつ最終日を迎えましょう。

ギャル子に告白するもののあっさり振られる


ギャル系の女子(桐島 舞夏)に主人公が屋上で告白する(脈ありだと思い込んでアタック)ところから話は始まりますが、舞夏は実は彼氏持ちだったということであえなく玉砕でした。舞夏は主人公のことを罵倒して去っていき、取り残された主人公はがっくりと落ち込みます。


その後、舞夏が悪ふざけで、わざと主人公に胸をアピールするなどしてその気にさせて告白させるよう仕向けていたことが明かされます。その話を聞いた舞夏の友人女子(倉石 凛)は呆れたような態度で、こちらは舞夏と比べると多少常識人かに見えましたが、裏ではおじさん相手に援交していました。


主人公は趣味の合う陰キャ女子(汐里先輩)に以前から恋愛相談をしていまして、告白が失敗したことを聞いた先輩は我がことのように怒ってくれます。

その後先輩との関係は次第に距離が縮まり、1年が経過して先輩は3年で卒業が近いという状況になります。主人公もこの先輩はさすがに脈ありだろうと、次の土曜日に映画に行かないかと誘い、OKの返事がもらえました。主人公的には、このデートで意を決して告白するつもりです。

告白ゲームのターゲットに


一方冒頭に出てきた舞夏は、付き合っていた大学生と別れてムシャクシャし、1年前に自分に告白してきた主人公をターゲットとした”告白ゲーム”(告白をしてOKをもらった者が勝ち)をして遊ぶことを思いつきます。友人の凛は否応なしに参加させられ、もう1人の友人(島崎 あおい 主人公とは幼なじみの関係)も話を聞くと乗り気です。


言い出した舞夏の行動は早く、放課後さっそく主人公を呼び出して、あの時は彼氏がいて断ってしまったけど実は君のことが好き、付き合って下さいと告白します。女慣れしていない主人公が熱い告白に耐えるのは難しそうに見えましたが、意外にも主人公は他に好きな人がいるからと、舞夏の告白をきっぱりと断ります。


男に振られたことのない舞夏は当然OKがもらえるものと思っていて、自分が振られたことに動揺してなんとしても落としてやるというテンションになります。他2人も、凛は舞夏があっさり振られたことに驚き、幼なじみのあおい(主人公に対して内心好意を持っている模様)は主人公が一体誰に告白するつもりなのか気になって仕方ない様子です。



自宅に戻ったところで操作可能になります(ここで一度セーブしておくと、このあとのゲーム進行が楽になります)。先輩に電話をかけると純愛度(画面左側のゲージ)が回復しますが、この時点だと満タンなので、回復という点では意味はなしです。電話をかけられるのは1日1回のみのようで(再度かけようとしても、迷惑になるからと出て選択できない)、体力が余っていましたが寝て次の日に話を進めました。

続きを読む →