Tag Archives: 男主人公

男主人公エロRPG「淫魔と最後の街」(開発室)体験版感想

淫魔と最後の街
淫魔と最後の街 [開発室]
2023年05月22日の予告新作で、男勇者が主人公の女性上位もの作品です(RPGツクールMV製)。体験版は最初の中ボスを倒すところまでをプレイでき、ザコ3体・ボス1体・街の依頼敵2体のエロシーンが見られました。本編は2023年06月上旬発売予定です。
貴方は異世界から召喚された勇者です。
淫女王を倒して世界平和を勝ち取ることが目的で、
彼女が潜んでいると思われる最後の街に足を踏み入れます。

ラスボス前の街からスタート


主人公は男勇者で、王様の命を受け旅をし、ラスボスである”淫女王”のところまであと一歩という状況です。が、相手の策略にハマり、勇者装備の能力が失われてしまいました。4体いる上級淫魔を倒して自分の所まで来いと淫女王から言われます。


一通り説明が終わると、街にある自宅からスタートです。左上の本棚で、戦闘絡みの説明を色々と読めました(弱点を突くと相手の行動ゲージが少し戻る、相手の表情と次の行動は関係性がある、必殺技の前には背景に紫色の霧が立つなど)。


街には、まずは店が左上にありました。最初からある程度の金を持っていて、一通り装備を整えることが可能です。他にはギルド的な施設が左にあるものの、開始時点では依頼は受けられません(体験版終わりまで話を進めると発生します)。

街の中のエロイベント


本作はフィールドでの戦闘中エロだけでなく、街の中にもエロイベントがありました。右上の光っている箇所を”触ってみる”と、ドリアードに足で責め立てられて射精させられます(戦闘なし)。シーン後、自室で復活です(他エロシーンも同様)。



他には中央あたりにいる金髪の娘に話しかけ、いいことをするを選ぶとパイズリなエロ展開になります。巧みな責め立てにどうすることもできず、延々と射精させられました。



酒場にいる金髪巨乳エルフにもイベントがあり、”誘いを受ける”と酔わされて部屋に連れ込まれ、パイズリでたっぷり搾り取られます。

続きを読む →

男主人公エロRPG「洗脳学園 ~呪人の壺~」(U-ROOM)体験版感想

洗脳学園 ~呪人の壺~
洗脳学園 ~呪人の壺~ [U-ROOM]
2023年03月02日の予告新作で、洗脳の力を得た男主人公が学園に潜入し、生徒会長を洗脳するべく動いていくという話です。体験版は協力者の”叶”からあれこれ説明を受けたあと、少しずつ生徒達を洗脳していき、最初の中ボスに勝利するあたりまでをプレイできました。本編は2023年07月下旬発売予定です。
主人公『中道 □□□(名前選択可)』は、
謎の男から洗脳の力を授かり、学園に潜伏しつつ会長を堕とす事を依頼される。

契約した記憶が無い中、謎の男の姪である『正光 叶』と協力し、
学園を崩壊させたり、こんな事になった真相を探す事に!!

難易度選択について


最初に難易度選択があり、簡単な方から順に、ストーリー・カジュアル・シビア・マニア、の4つからの選択です。今回は一番簡単なストーリーでプレイしました。ストーリーは、敵が弱くなっているほか、日数進行の停止ができます。本作は日数経過で話が強制的に進んでいきまして、これを止められるのはありがたいところです(なおストーリーを選んだとしても、デフォルトは止まらないようになっているので、止めたい場合は自室の時計を調べて手動で止める)。

続いてゲーム進行(メインストーリーの進め方)の選択で、固定・サポート・フリーからの選択です。今回は分岐を選べるサポートでプレイしまして、このモードだと、選んではいけない禁忌選択肢が赤く表示されました。

洗脳の力を得た代償で、記憶喪失に


オープニングは簡略化することもできましたが、なかなかややこしい設定・ストーリーでしたので、しっかり読んでおいた方が話を理解しやすくなります。今の状況を要約すると、中道と呼ばれた少年が本作の主人公で、洗脳(呪い)の力を受け取った影響で記憶を失ってしまっています。洗脳の力は無理矢理与えられたわけではなく、叶によると、生徒会長をモノにしたい主人公が自ら望んだそうです。学園に潜入して生徒会長を洗脳するのが最終目的で、会長が卒業するまでに目的を達成できなかった場合、主人公は爆発四散して死ぬとのことです。



主人公は、詳しいところはまだ不明ですが、時々凶暴・悪人な人格が顔を出しました。叶の指示に従い、洗脳の力を手近な女子生徒で試します。


最初の大きな目標(=体験版の最終目的)は、3人いる中ボスの1人、入交愛花先生の攻略です。これら3人の中ボスを倒した後、メインボスである生徒会長に挑む、というのが叶のもくろみです。

続きを読む →

男主人公エロRPG「騎士と三人の従者」(サークルRVA)体験版感想

騎士と三人の従者
騎士と三人の従者 [サークルRVA]
2023年03月04日の予告新作で、真面目で奥手な性格の男主人公が、女3人とともに迷宮探査をしていくという話です。体験版は迷宮のある村に到着するところから始まり、迷宮の仕組みを理解した後、3キャラそれぞれを進めていき、女の敵キャラが出てくるあたりまでをプレイできました(エロシーンはパンチラやパイズリなどのほか、終わりまでプレイするとエロシーン6つを見られました)。本編は2023年07月中旬発売予定です。
領主の息子で誠実な性格の騎士ゲオルグ。
彼は迷宮が出現した村に、三人の従者を引き連れやってきた。
だが村の迷宮は男女1名ずつしか進めなかった。
従者とふたりきりの探索を決意したゲオルグに、
エッチなイベントの数々が容赦なく襲いかかる!!

村に到着し、さっそく迷宮へ突入


王国に多数の迷宮が出現し、王様は冒険者を募って制圧することにした、という世界が本作の舞台です。


3年たっても制圧はできず、数ある迷宮のうちの一つ、ジルバ村にある迷宮を主人公達が訪れます。重装鎧を装備している男ゲオルグが本作の主人公で、既に女3人(女騎士エミリア、踊り子マヤ、司祭のグラジナ)が仲間になっています。従者の無礼な物言いをたしなめるなど、常識ある男でした。

迷宮は畑の真ん中にあり、村人達はとても困っていました。さくっと片付けちゃおう、と女達は軽いノリでさっそく迷宮に向かってしまい、ゲオルグは呆れた様子であとを追います。村長いわく、他の迷宮とは違うとのことなものの、ゲオルグたちはこの説明に耳を傾けることなく迷宮に突入してしまいます。

買い物などの要素はこの時点ではまだなく、メニューは迷宮に入るとセーブのみです。ただ村に何もないわけではなく、宿屋や店など各種施設は、話を進めていくと入れるようになります。


迷宮内は、”探索する”を選ぶことで探索度を上げる(前に進む)形式です。


進んでいくと敵と戦闘になり、オーソドックスなコマンドバトルでした。この箇所は4人で戦えます。



探索度15で、暗い通路を進むイベントが起こり、グラジナのパンツが丸見えになってしまいます。ゲオルグが女慣れしていない、というのはこの後も繰り返し出てきまして、本作のメイン要素でした。


探索度20で、3つの扉を発見し、さっそく奥に進もうとするものの、何度やってもヒロイン2人目以降が進めません。あれこれ試した末、この扉が男女各1人しか通れないことに気付きました。会話が終わったところで村へと自動で戻り、村長が言いたかったのはこの扉のことでした。

続きを読む →

戦略SLG「隠居軍師の救国ストラテジー」(とま団)体験版感想

【10%OFF】隠居軍師の救国ストラテジー
隠居軍師の救国ストラテジー [とま団]
2022年09月05日の予告新作で、戦略に富んだ主人公が軍を指揮して敵を撃退していくというSLG作品です。体験版では最初の3ステージ(エルフ・獣人・魔術師)をプレイできました。本編は2022年10月中旬発売予定です。

追記:11/4に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,386円、126ポイント還元(10%OFF価格、12/1まで)
土地と資源を運用し、敵国と戦う戦略シミュレーションです。

プレイヤーには空白の土地が与えられ、人材を確保するための家や
資源を集めるための建物を作ることができます。

チュートリアルは流れが丁寧に解説される


まずはチュートリアルを見てみました。しっかりボイスがついている贅沢な作りです。まずゲームの目的は、襲ってくる相手勢力を撃退することです。そのためには兵が必要で、兵を作るためには資源が必要で、資源を作るには建築物が必要でした。


空いている土地を左クリックすると、建設メニューが出ます。居住区は木材を40消費し、まずはこれを建てるのがセオリーでした。当面の土地は5マスで、続いて伐採所と農場を建てました。なお建設の待ち時間的なものはなく、選択すれば即完了です。


建物は基本的にレベルアップすることができます(兵舎など一部上げられない建築物あり)。建物を右クリックするとメニューが出て、ここにレベルアップボタンがあります。なお建物を左クリックすると即レベルアップでき、ステージ本番ではもっぱらこちらを使うことになりました。

レベルアップだけでなくレベルダウンもあります。一度建てた建築物を壊したい場合(建てたい物があるのに空いている土地がなくてどうにもならない場合など)、LV1の状態からさらにレベルダウンすれば壊すことができました。


生産がだいぶプラスになったので放置で安心かと思いきや、食料生産が突然マイナスになり、原因は冬の間は食料生産量が半分になることでした。これはランダムの突発イベントではなく、毎年必ず発生します。このチュートリアルでは、研究の食料収入1.5倍を取るよう勧められました。

時間は画面右下のボタンで早送りすることが可能で、押すたびにどんどん速度が上がります。全部プラスで安定していれば、多少早送りしてしまっても問題ありません。


そんな感じで進めていくと、画面左下に敵出現の表示が出ます。ただいきなりは攻めてこず、数ヶ月の猶予がありました。表示が出てから兵士を作り始めても十分間に合います。

兵士を作るには、まずは兵舎を建設します。その後兵士を増やすには、人材・食料・木材が必要でした。食料と木材は時間経過でどんどん増えていきますが、人材は限りがあり、持てる兵士の数には限りがあります。


攻撃するには画面左下の、攻撃ボタンを押します。戦闘は数字の表示のみで行われ、50対30で戦った結果、こちらの損害は10で済みました。チュートリアルはこれで終了です。

続きを読む →

寝取られエロRPG「刻まれた快感」(小鳥の煽り)体験版感想

【10%OFF】刻まれた快感
刻まれた快感 [小鳥の煽り]
2021年06月04日の予告作品で、王子である主人公といい雰囲気のヒロインが、他男に狙われ寝取られていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は仕官学校に入学するところから始まり、学校施設を見て回ったあと、課題用の塔や盗賊退治、屋敷で起きた失踪事件、テーベの街での人身売買といった課題をこなしていくところをプレイできました。本編は2022年09月23日発売予定です。

追記:9/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,188円、108ポイント還元(10%OFF価格、10/20まで)
コリントス王国の王子であるロベール(主人公)は
領土内の農家の一人娘であるアリエノ(ヒロイン)と2年後に士官学校に入学する約束をしていました。
しかし、その約束をした直後にアリエノは行方知らずになってしまいます。

それから2年後、ロベールが士官学校に向かおうとすると、そこには従者の立場になったアリエノが待っていました。
アリエノはどうして突然行方知らずになったのか、また空白の2年間に何があったのか?
ロベールはその疑問を士官学校の課題を通して知ることになります。

2年前の約束通り、仕官学校へ入学


最初に難易度(戦闘モード)選択があり、今回はイージーモードでプレイしました。移動速度は1、2、4倍速から選べます。今回は2倍速でプレイしましたが、動きが速すぎてコントロールしづらいところもありました。どちらも後から変更が可能で、アイテム→大事なものでできます。操作的には、Qキーを押すことで次にやるべきことを確認できました。



2年前の約束シーンがあったあと、約束通り、ロベール王子(この男が本作の主人公でした)は仕官学校に入学することになります。真面目そうなロベールに対し、弟のカルロはチャラい雰囲気でした。


外に出ると、2年前に約束した相手であるアリエノが待っていました。家柄は王子の方が上で、アリエノ(農家の娘)の立場は従者です。ロベール的には、刻印を持っていなかったはずのアリエノがどこでどうやって刻印を得たのか気になるものの、”いろいろです”とかわされてしまい、ロベールもそれ以上踏み込んで尋ねることはまだできず。

この世界では、刻印の有無で戦闘能力が大きく変わりましたが、残念ながらロベールは刻印を親から引き継げておらず、弟であるカルロが持っています。なおロベールの家の刻印は、”紫色の何かが破裂したような模様”とのことです。




仕官学校のある街に到着したら、まずは北西の本館にあるゾフィー先生のところへ向かいます。建物内には部屋が沢山ありますが、入ってすぐの左側の部屋が該当の部屋です。

続きを読む →

3DCGエロゲ「アンダーザウィッチ:ビギニング」(NumericGazer)体験版感想

アンダーザウィッチ:ビギニング
アンダーザウィッチ:ビギニング [NumericGazer]
6/17発売の新作で、男ヒーローが魔女などと戦って足コキされたりする女性上位なM向けな3Dコマンドバトル作品です。体験版では2戦あるうちの1戦をプレイできました(エロ内容は足コキなど)。

DLSite販売ページ 1,980円、180ポイント還元
ターン制の戦闘で人間を虐める意地悪な魔女をやっつけよう!
圧倒的クオリティの3DCGで描かれる2つのエピソードを収録!

さっそく魔女とバトルに


設定はグラフィック品質などを変更できまして、今回は特に変更せず、そのままでプレイしました(プレイしたPCのビデオカードはGeforceGTX1060で、重いと感じる場面は特になかったです)。なお戦闘絡みの難易度設定は見当たらず。


ゲームを始めると、(ダンジョン探索などはなく)いきなり魔女”ディーラー”とバトルになります(体験版でプレイできるのはこのバトルのみでした)。


攻撃系のスキルは見当たらず、敵にダメージを与えられる攻撃は”アタック”のみでした。なお逃げるコマンドは、選んでも何も起こらず。

攻撃を食らうと即足コキ


敵の攻撃を食らうといきなり足コキされまして、スペースキーで読み進む形式です。


男側のボイスは女キャラと比べると少なめ(テキスト読み上げはなし)でしたが、時々うめき声が入りました。




魔女に歯が立たず、言葉責めと足コキで攻め立てられ、下から見上げるいいアングルで表現されてます。

続きを読む →

ラブラブ調教エロゲ「ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル」(サークル冥魅亭)体験版感想

【10%OFF】ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル
ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル [サークル冥魅亭]
2021/11/13の予告新作で、多額の借金を背負ってしまった男主人公が獣娘のお嬢様を調教して借金返済を目指していくという話です。体験版ではトライアル4段階目までプレイでき、エロシーンは乳揉み・キス・手マン・手コキ・シックスナインが見られました。本編は2022年03月上旬発売予定です。

追記:3/4に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,782円、162ポイント還元(10%OFF価格、3/31まで)
とある屋敷で働く主人公。
おカネ大好きな女主人の大事なツボを割ってしまい、クビになってしまった。
多額の借金を背負った主人公は、『調教師』として返済するべく働くことになる。
しかし、その相手は凶暴と名高い『ケモミミ』の少女であるウルンヒルダだった。

高価な壺を割ってしまい、多額の借金を抱える


今回プレイしたバージョンは1.0.05です。まずはオプションから主人公の名前を入力する必要がありました。とりあえず体験版の範囲では名前を呼ばれる機会はそれほどなかったので、あまり悩まなくてOKです。


本作の舞台は砂漠の街で、少し読み進めると回想に移り、主人公は元々死神にこきつかわれていました。高そうなツボを運ぶよう命じられ、金額を聞いて驚いた拍子に落として割ってしまい、こうして現在の主人(バスティ)の所に来たという次第です。回想が終わると行動可能になりますが、しばらくの間はメイドの指示通りに進めていくことになりました。まずは画面右側にある”バスティの部屋”をクリックします。


バスティという男が主人公の借金を肩代わりしてくれていましたが、別に慈善事業でやってくれたわけではなく、主人公を”特級調教師”と見込んだ投資でした。調教師というのは前の雇い主のハッタリだったわけですが、主人公としても今さら違うとは言い出せず、仕方なく調教師として振る舞うことになります。話が終わったら右クリックすると自室に戻れます。この”右クリックで自室に戻る”操作はこの先頻繁に使うことになりました。

続きを読む →

男主人公エロRPG「エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー」(クレイジー二厘)体験版感想

【10%OFF】エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー
エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー [クレイジー二厘]
2021年09月05日の予告新作で、記憶を失った男が、元勇者の女(こちらも記憶喪失)などとともに旅をしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は女に助けられるところから始まり、冒険家のシェロと遺跡を探検し、妖精の森などで謎解きをし、図書館のボスを倒すあたりまでをプレイできました(エロシーンはストーリー進行中に何度か入り、いずれも女性上位)。本編は2021年12月下旬発売予定です。

追記:2022/2/24に発売になりました。
DLSite販売ページ 2,178円、198ポイント還元(10%OFF価格、3/23まで)
主人公は目が覚めると記憶を失っていた。
同じく記憶を失った少女・エーナと共に広大な世界を旅することになる――。

個性豊かな仲間たちと共に、笑ったり泣いたりエッチしながら
エーナの記憶を辿る物語。

記憶喪失の少女に助けられ、一緒に村を目指すことに

最初に難易度選択があり、カジュアル・ノーマル・カスタマイズからの選択です。今回は一番簡単なカジュアルでプレイしました(難易度はあとから変更可能)。


男が女に起こされるところから話は始まり、この男が本作の主人公です。背後から魔物に襲われたところを女が助けに入ってくれ、戦闘になります。


戦闘はオーソドックスなコマンドバトルで、戦うのは女のみです。難なく撃破できました。


男主人公のセリフはなく進行し、いわゆる話さない系主人公です。女も記憶を失っていて、2人で近くの村を目指すことになりました。下へ進むと会話があり、終わったらEキーを押してアドバイスを聞きます。


近くにはチート男がいまして、大ダメージを与える神具をもらうことが可能です。簡単になりすぎそうなので、今回はもらわずに進めました。


後ほど確認したところ、このチートアイテムはアイテム欄から使用することで効果を発揮し(ダメージは99999999)、勝手に先制攻撃するわけではありませんでした。この男は話を進めてしまうと消えていなくなるので(いつの時点でいなくなるかは不明ですが、体験版終わりまで行ったあとに見に来たところもういませんでした)、一応もらっておいてもいいかもしれません(ザコはチートアイテムを使うまでもなく楽に倒せましたが、ボスはカジュアルでも倒すのにそれなりに時間がかかりました)。

下へ進んでいくと敵がおり、シンボルエンカウントです。先ほど同様に戦うのは女のみで、男は戦闘には参加しませんでした(少なくとも体験版の範囲では、この先もずっとそうでした)。

続きを読む →

射精バトルゲーム「しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム」(ゲームコロン)製品版感想

【10%OFF】しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム
しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム [ゲームコロン]
2/4発売の新作で、男主人公がイジメっ子女子3人とのデスゲームに勝つべく奮闘していく話です。ほどよいゲームバランスで、女子達の攻めもなかなかよかったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,870円、170ポイント還元
FANZA販売ページ 1,496円(20%OFF価格)

体験版感想はこちら
射精バトルゲーム「しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム」(ゲームコロン)体験版感想
コミュ障男子の主人公は、同じクラスの女子3人からのイジメに遭っていた。
ある日、スマホに謎の復讐アプリ「しかえしゲエム」がインストールされている事に気づいた主人公は、
興味本位でそのアプリに女子3人の名前を書き込んでしまう。
意識が飛び、目覚めるとそこは誰もいない夜の校舎だった。

十字架を集められないよう、慎重に進める


オープニングはスキップ可能で、飛ばすと即行動可能でした。話を振り返っておくと、主人公は女子3人に長らくいじめられており、復讐したいと名前を記入したらデスゲームに巻き込まれたという次第です。プレイヤーの目的は、女子達に十字架を集められないようにしつつ、女子が各4つ持っているハートを、勝利して削っていくことです。

なお日数(ターン)制限的なものはゲーム終わりまでなかったので、十字架を貯められないことを最優先にじっくりやっていけばOKです。今回はひたすら慎重に進め、マップの十字架が少ないときのみ戦闘を挑むようにしました(その結果、戦いを挑めたのは4~5ターン1回程度で、エンドにたどり着けたのは120ターン目あたり)。


体験版と同様に進めていき、1人に勝利してハートを3にすると、ルールが追加されて乳首攻めができるようになりました。


乳首攻めは、この段階だと100%拒否され、女が所有している十字架を5つ奪えます。主人公側に一方的に有利なおいしいルールで、できるだけ毎ターンやっておくと有利に展開できます。


拠点の”アップデート”で機能を増やせます(ソフトウェアそのもののアップデートではありません)。体験版の時と違って、マップ上の十字架を消すには、ここで”妨害アプリ1″を獲得する必要がありました。

続きを読む →

射精バトルゲーム「しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム」(ゲームコロン)体験版感想

しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム
しかえしゲエム射精させないと死ぬデスゲーム [ゲームコロン]
2021年12月24日の予告新作で、夜の学校に閉じ込められた主人公+女子3人が生き残りをかけて射精バトルゲームをやることになるという話です(Unity製)。体験版はデスゲームの説明のあと、女子との射精バトルに1回勝利する(時間内耐えきる)か、女子達が十字架を50集めてゲームオーバーになるかするまでをプレイできました。本編は2022年02月上旬2/4発売予定です。

追記:2/4に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,870円、170ポイント還元
FANZA販売ページ 1,496円(20%OFF価格)

・DLSite価格推移
2022/02/04~2022/03/03 1,683円(10%OFF)
2022/03/03~ 1,870円(通常価格)

コミュ障男子の主人公は、同じクラスの女子3人からのイジメに遭っていた。ある日、スマホに謎の復讐アプリ「しかえしゲエム」がインストールされている事に気づいた主人公は、興味本位でそのアプリに女子3人の名前を書き込んでしまう。意識が飛び、目覚めるとそこは誰もいない夜の校舎だった。

女子3人とともに夜の学校に召喚される


まずは男1人、女3人の名前入力画面が出ますが、勝手に入力されて変更はできないようでした。この”しかえしゲーム”なるアプリに、深く考えずに名前を入力してしまった男が本作の主人公です。


主人公が見知らぬ教室で気がつくと、女子達にさっそく罵られて、主人公はこの女子達に日頃陰湿ないじめを受けているという関係です(なぜいじめられるようになったかは追々回想で語られました)。なお過去作は女の子が3DCGで表現されていましたが、今作は2DCGでの表現です。ギャル・優等生・ツインテロリの3キャラともに可愛く表現されていました。

どうしてこうなったか主人公が考えを巡らせると、先ほどのアプリでいじめ女子たちの名前を深く考えずに入力したことを思い出します。一方アプリのことを知らない女子達は、なぜ自分たちが召喚されたのかさっぱりわからず。ひとまずこの学校から出ようということで話がまとまりました。


4人で学校内を探索していくものの、防火扉がどうやっても開かずに進めず、何者かによって閉じ込められたことを悟ります。

ルール説明・チュートリアルバトル


脱出できそうな所は見当たらず、諦めて最初の教室に戻ってきたところで不気味な放送が入りました。女子達は十字架を50集めれば勝利(男子は死ぬ)、男子は女子の攻めに耐え抜いて(射精バトルを1回耐え抜くごとに女子のライフが1減る 女子の初期値は4)女子を全員殺せば勝利、というデスゲームのルールが説明されます。


女子達が信用しないのを見た運営は、いきなり全員を心肺停止に追い込んできて(10秒ほどで元に戻り、殺されることはありませんでした)、皆も信じざるを得ません。


ここでチュートリアルバトルが入り、操作するのは終始男子側で(なおその後も女子側を操作できる場面は、バトル以外でもなかったです)、進行はターン式でした。バトルはこちらのターンから始まり、”うめく”で攻撃ができ、これを使って画面上部のストレスゲージを上げていくのがメイン行動になりました(これが満タンになっても即勝利にはならないですが、一気に時間を稼げます)。

我慢(一定回数攻撃を防ぐバリアを張れる)や威圧(画面右上に出ている敵の攻撃コマンドを1つ消せる)はどちらも強力ですが、1ターンにつき1つしか使えません。我慢を使わずに攻撃スキルでSPを使い切ることもできましたが、バリアなしで全部受けてしまうと射精メータが相当上がってしまい、それが何ターンも続くと、もう時間内耐えきるのは難しかったです。選べるスキルがなくなったらターン終了を選び、女子の攻撃があり、再びこちらのターンになり(ランダムに5スキルが再度使えるようになる)、これを繰りかえしていくというのが本作のバトル進行です。


最初は各スキルの使い分けがよくわからなかったため、我慢を選ばずにターンを終えてしまい、大ダメージを受けてかなりマズい状況に陥りました。結局負けてしまいましたが、男側としては仮に射精してしまってもそこまで痛手ではありません(射精したからといって即死ぬわけではない)。ただもちろん無為に射精し続ければそれだけ無駄に時間が経過していき、女子の十字架集めがどんどん進んでしまい、結局負けて死ぬことになります。(なお後ほどコツが掴めたところでこの戦いを再度やってみましたが、以降の通常戦と比べて敵の攻撃がかなり激しく、どううまく立ち回っても180秒耐えきるのは不可能に感じました いわゆる負けバトルだと思われます)

続きを読む →