Tag Archives: 男主人公

男主人公エロRPG「カルティベーター 引退騎士とモン娘のにぎやか開拓記」(ふらいんぐパンジャンドラム)体験版感想

カルティベーター 引退騎士とモン娘のにぎやか開拓記
カルティベーター 引退騎士とモン娘のにぎやか開拓記 [ふらいんぐパンジャンドラム]
10/8の予告新作で、屋敷を守るメイドの手助けをすることになった男主人公が色々な依頼をこなしていくスローライフ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版屋敷にたどり着くところから始まり、屋敷地下などの探索をしたあと、収集系の依頼をこなしたり畑を耕したりし、倉庫のボスであるスライムを倒すあたりまでをプレイできました。本編は2022年12月下旬発売予定です。
冒険、農業、コミュニケーションを通してモン娘たちと愛情を深めましょう。
最終的にはヒロイン14人の大家族生活が楽しめます。

雨宿りすべく、怪しいお屋敷へ


立ち絵やボイスの設定のあと、農業パートの設定です。本格と簡易からの選択で、今回は”気楽な方”を選択しました。続いて戦闘難易度の設定で、3つほどある質問に答えていったところ、”標準的な難易度”になりました。

今回はこの標準のまま体験版終わりまでやりましたが、実際やってみたところ、戦闘はこの”標準”でもなかなかきついものがありました(体験版終わりのダンジョンは敵の攻撃が結構痛いため一気にはクリアできず、何回かかけてじっくり攻略する必要がありました)。これらの難易度はあとから変更可能で(メニューの”特殊オプション”)、見てみると難易度は全部で5段階で、標準と無双の間に”気軽”がありましたので、この”気軽”あたりでやるのが初見時は妥当かと思います。



アルロという男が本作の主人公です。何かから逃れてこの地に来たようですが、詳しいところはここではまだわからず。いきなり動かせまして、右に進むとさっそく戦闘で、オーソドックスなコマンドバトルという印象です(難なく勝利できました)。変わったところでは、敵の情報をいきなり詳しく見られるのが便利でした。勝利後、下へは進めなかったので、右へと進みました。


その後採取しながら(りんごのみ、ストーリー進行上ここでの採取が必須 面倒だったらそれ以外は採取しなくてもOK)進んでいくと、お屋敷に着いたところで土砂降りになってしまい、雨宿りさせてもらうべく中へと入ります。



中は薄暗く、不気味な声も聞こえてきて幽霊屋敷といった雰囲気です。中央奥の扉から奥へ進むと(なお他にも扉があるものの入れず)、謎の渦巻きが人間への憎しみを募らせていて、いきなり襲いかかってきて戦闘になりました。なかなか強く、3ターンほど経過したところでやってきたエナジードレインでやられてしまいました。この戦いはいわゆる負けバトルなので、”回復薬”は使わずに温存しておくのがいいと思います(後ほど店で買えますが、買うと結構高いです)。(なお後ほど確認したところ難易度無双でもこの戦いはする必要があり、1発5000以上の大ダメージを与えましたがそれでも倒せず、絶対勝てないよう設定されているようです)


戦闘後、渦巻きはメイドに変化し(主人公が持っている指輪の効果)、どうやら魔人らしく、主人公に対してお前呼ばわりしてきて偉そうな態度です。指輪については、所持している主人公よりもメイドの方が詳しく知っているようでした。屋敷からさっさと出て行くよう言われた主人公は、腹を空かせているメイドに対して自分なら料理を作れる(ついでに屋敷の片付けもする)とアピールし、暖炉を使って焼き林檎を作ってみせまして(メイドは料理があまり得意ではないようです)、メイドもおいしいと満足してくれます。

続きを読む →

男主人公エロRPG「エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー」(クレイジー二厘)体験版感想

エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー
エナトス・レディ ー英雄の記録と少女の記憶ー [クレイジー二厘]
2021年09月05日の予告新作で、記憶を失った男が、元勇者の女(こちらも記憶喪失)などとともに旅をしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は女に助けられるところから始まり、冒険家のシェロと遺跡を探検し、妖精の森などで謎解きをし、図書館のボスを倒すあたりまでをプレイできました(エロシーンはストーリー進行中に何度か入り、いずれも女性上位)。本編は2021年12月下旬発売予定です。
主人公は目が覚めると記憶を失っていた。
同じく記憶を失った少女・エーナと共に広大な世界を旅することになる――。

個性豊かな仲間たちと共に、笑ったり泣いたりエッチしながら
エーナの記憶を辿る物語。

記憶喪失の少女に助けられ、一緒に村を目指すことに

最初に難易度選択があり、カジュアル・ノーマル・カスタマイズからの選択です。今回は一番簡単なカジュアルでプレイしました(難易度はあとから変更可能)。


男が女に起こされるところから話は始まり、この男が本作の主人公です。背後から魔物に襲われたところを女が助けに入ってくれ、戦闘になります。


戦闘はオーソドックスなコマンドバトルで、戦うのは女のみです。難なく撃破できました。


男主人公のセリフはなく進行し、いわゆる話さない系主人公です。女も記憶を失っていて、2人で近くの村を目指すことになりました。下へ進むと会話があり、終わったらEキーを押してアドバイスを聞きます。


近くにはチート男がいまして、大ダメージを与える神具をもらうことが可能です。簡単になりすぎそうなので、今回はもらわずに進めました。


後ほど確認したところ、このチートアイテムはアイテム欄から使用することで効果を発揮し(ダメージは99999999)、勝手に先制攻撃するわけではありませんでした。この男は話を進めてしまうと消えていなくなるので(いつの時点でいなくなるかは不明ですが、体験版終わりまで行ったあとに見に来たところもういませんでした)、一応もらっておいてもいいかもしれません(ザコはチートアイテムを使うまでもなく楽に倒せましたが、ボスはカジュアルでも倒すのにそれなりに時間がかかりました)。

下へ進んでいくと敵がおり、シンボルエンカウントです。先ほど同様に戦うのは女のみで、男は戦闘には参加しませんでした(少なくとも体験版の範囲では、この先もずっとそうでした)。

続きを読む →

「搾精悪魔ちゃんの5日間寸止めゲーム最後の日に失敗しちゃったら惨めな結末を迎えるよ」(BBQ大好き)体験版感想

【10%OFF】搾精悪魔ちゃんの5日間寸止めゲーム最後の日に失敗しちゃったら惨めな結末を迎えるよ
搾精悪魔ちゃんの5日間寸止めゲーム最後の日に失敗しちゃったら惨めな結末を迎えるよ [BBQ大好き]
6/15の予告新作で、悪魔っ娘と旅をする男主人公が黒人男と勝負をすることになるという寝取られもの作品です。体験版では2日目終わりまでをプレイでき、夜の奉仕や寝取られエロを見ることができました。本編は2021年06月中旬発売予定です。

追記:6/20に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,485円、135ポイント還元(10%OFF価格)
主人公(あなた)は可愛い悪魔っ娘、アスランリアという悪魔と契約をした勇者である。彼女に毎日精力を捧げることで、力を得ていた。しかし、いくら精力旺盛な主人公でも、これ程高強度な搾精には流石に耐えられない、精液も次第に薄くなっていた…

そんな時、精力の化け物、黒人勇者(ボブ)が現れた。彼も悪魔っ娘リアに惚れて、契約を結ぼうとしていた。そこで、三人は賭けをした。悪魔監督による寸止め射精管理ゲームを五日間も耐え抜いた者に、悪魔と契約する権利を与える、そして敗者には残酷な罰を受けさせてもらう。

村に到着し、ヒロインを狙う敵と遭遇

最初にいろいろな設定があり、特に変えずそのまま進めました。エロステータス表示はマウス右クリックでキャンセルできます。


話的には、男冒険者が悪魔っ娘のアスランリアに日々搾り取られつつ冒険の旅をしているという状況です。

下にある日記を拾ったあと、さらに下へと進むと村へと到着です。右下にある村長の家が目的地のようですが、この時点ではまだ入れず。住人の話を聞いて回ることにしました。


住人に適当に話しかけたあと、露店前に差し掛かったところでイベントが発生です。この黒人男ボブは主人公のライバルになる存在で、主人公が連れているアスランリア(略してリアと呼ばれることが多かったです)を狙ってきます。リア的にはどちらと手を結んでもよく、最後の日までしっかり我慢できた方を選ぶと宣言します。


住人の話を聞いて回った後、右下の村長宅へと向かいます。小屋を一つ使わせてくれるとのことで、鍵をくれました(受け取っておかないと小屋に入れないので注意)。


リアは村長宅の2Fにいて、勝負の最中ではありますが会話することはできます。夜に分身が相手をしてくれるとのことです。

続きを読む →

「死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット」(サークル冥魅亭)体験版感想

死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット
死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット [サークル冥魅亭]
2020/12/8の予告新作で、教団を追放された男が教祖として新たな教団を運営していくシミュレーションゲームです。体験版では序盤数ヶ月をプレイできました(エロ要素は村娘相手の審問など)。本編は2021年04月上旬発売予定です。

追記:2021/4/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 2,750円、250ポイント還元
FANZA販売ページ 2,200円(20%OFF価格)
とある男が教会から追放された。
彼は『神』の声を聞くことが出来る『聖人』。世界を救うという使命を帯びていた。
その救済には、我が神の受肉が必要。そのためには善なる魂を、『神』に捧げ続けなければならない。
辺境の村『セグルメット』に教団を立ち上げることに成功した彼は、教祖として『神』を迎えるための活動を始めるのであった。

教祖として、神のノルマをこなしていくことに


まずは開始前にオプションから名前を付ける必要がありました。主人公は新興教団の教祖で、信者を増やしていくのが当面の目的とのことです。ただ実際には、神が毎週課してくるノルマを下回らないよう日々必死でしのいでいくことになりました。


週の頭には、まずはノルマなどが表示されます。一番上は今月の生け贄の好み(月一回、必ず1人生け贄にする必要あり)、真ん中はノルマがきつく設定されている項目(なお画面下のステータスは、週末に一項目でもノルマを下回っていると即座にゲームオーバーです)、信者の数はさほど気にしなくていいようでした。

チュートリアルでは何をやっていけばいいかが説明されます。SLG部分の難易度が高かったので、一度は読んでおくのがいいかと思います。個人的には、一度適当にやってみてゲームオーバーになったあとじっくり読むと理解しやすいように感じました。


まずは建築で民家を建てます。労働や生活などが上昇する基本建築ですが、治安が下がるので、そればかり建てすぎるのも問題がありました(農場などとバランスよく配置していくのがいいように思います)。


続いて画面下部の信者一覧を確認します。それぞれ属性を6つ(他に処女非処女や職業もあり)持っていて、いいものばかりではなく悪いものもありまして、これらは仕事の結果に大きく関わってきます。あとは誰を月末の生け贄にするか、このあたりで考えておくといいです。なお属性は1ターン+神聖20消費することで別のものに変更できました。

続きを読む →

「NPC姦 ~世界を救ってからが冒険です~」(ユースフル小屋)体験版感想

NPC姦 ~世界を救ってからが冒険です~
NPC姦 ~世界を救ってからが冒険です~ [ユースフル小屋]
2/25の予告新作で、世界を救い終えた勇者が街で女の子とHなことをしていくというNPCもの作品です(RPGツクールMV製)。体験版では街の少女、占い師、宿屋の娘のエロシーンが見られました。本編は2021年02月28日発売予定です。
ゲームクリア後の世界を勇者としてまわり、
NPCとHなことをしていくだけのシンプルなRPGです。

老婆以外の全女性NPCにイベントがあります。
誘惑してくるNPCもいれば、セリフを守ろうとするNPCもいます。
ゲームの世界をクリア後も最後までお楽しみください。

世界を救い終え、街でのんびり


世界を救い終えたところからスタートし、即動けます。この主人公(勇者)が魔王を倒したようですが、そのあたりの言及は少なくとも体験版ではなしでした。あとはNPC姦ものでおなじみの異世界転生要素は特にないようでした。



さっそく近くの家に入ってみると、右上に金髪少女がおり、”Hなことをする”を選ぶとフェラしてくれます(セリフのみで進行し、主人公のセリフや地の文はなし)。展開的にはいわゆるNPCもので、同じ説明セリフを繰りかえしつつのエロ行為です。事後は選択肢が出まして、続けるを選ぶと精液塗れになった姿が見られました(テキストも変化)。なおこちらは世界を救った勇者ですが、こちらが誰なのか少女はわかっておらず、特別感謝されるといったことはなしでした。

続きを読む →

男主人公エロRPG「Thanatos -タナトス-」(とらいあんぐる!)体験版感想

タナトス-Thanatos-
タナトス-Thanatos- [とらいあんぐる!]
9/16の予告作品で、ゲーム世界でザコモンスターになってしまった主人公が奮闘していくという話です。体験版ではチュートリアル(ソルジャー戦など)とメインストーリー第一章(女メイジの寝室に侵入)をプレイできました。本編は2020年12月上旬発売予定です。

追記:12/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,936円、176ポイント還元(20%OFF価格、2021/1/21まで)
意識をサーバーにアップロードして、直接ゲームの世界を体感する時代。
いつものようにオンラインゲームに興じていた俺は、あるとき謎のバグに遭遇し、魔物の姿になってしまった。
ログアウトもできず、チャットもできず、ただっぴろい世界を彷徨うばかり。
しかし俺は、この世界の“ルールを破壊する力”を持っていた

この俺をコケにした奴らに、
女プレイヤーどもに復讐してやる……!

ゲーム世界でモンスター姿に


最初に難易度選択があり、いつもでしたら簡単なEASYを選ぶところですが、作者様いわく”ホントはNormalをやってもらいたのォン”とのことなので今回はNORMALでプレイしました(なお今回プレイしたバージョンは0.2)。実際やってみたところなかなかの難しさで(ソルジャーになかなか勝てずレベル上げに結構な時間を要しました)、さくっと進めたい方はイージーの方をオススメします。

難易度決めのあとは名前入力です。デフォルト名はなく、プレイヤーが決める必要がありました(キーボードから入力)。今回はわかりやすく”主人公”としておきました。


主人公はゴブリンの姿ですが、元からゴブリンなわけではなく、ゴブリンの姿になってしまっています。男たちに何やら追われているところから話は始まり、緊迫感あるBGMがいい雰囲気出ていました。コミカルな印象のあった過去作と比べると、本作はだいぶ趣が違う印象です。追ってきた男たちはしばらくすると、”大した経験値にならない”というゲーム的な物言いをして諦めてくれました。


崖に場面が変わったところで、これがオンラインゲームの世界であることが説明されます。主人公がゴブリンの姿になってしまってからしばらく時間がたっており、冒険者からひたすら逃げ回る日々を送っていました。


そうこうしていると騎士風の女冒険者が登場し、物言いからすると開発・運営スタッフの1人のようです。


女が背中を向けて立ち去ろうとしたスキをついて主人公が襲いかかり、エロ展開になりました。ここの操作はZキー・Xキー・Cキーで行い、押していくと一番上の”快感”ゲージが上昇します。最初のうちはほとんどゲージが上がらないですが、繰りかえしていくと上昇幅が大きくなっていきました。

続きを読む →

「占領された街」(アルセンチオラタテマ)体験版感想

占領された街
占領された街 [アルセンチオラタテマ]
8/26発売の新作で、魔物に占領された町での様子を一介のオークが眺めていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では教会でのサキュバス×少年僧侶、獣人×褐色肌娘、触手×踊り子のエロシーンが見られました。

DLSite販売ページ 968円、88ポイント還元(20%OFF価格、9/22まで)
魔王軍に制圧された小さな街…
そこではモンスターたちによる略奪が繰り広げられていた…。

どこにでもいる普通のオークになったあなたは、部隊長に命じられ
未だ抵抗している人間がいないか見て回り…
ときに魔物たちの凌辱を見物し、ときに凌辱に参加します。

無名オークが調査開始


開始すると即移動でき、ごく普通のオークが主人公です。村を見回って、反乱分子がいないか確認するよう上司から命じられました。赤い光は通過できます(踏むと説明が出まして、左右同内容す)。


街は他モンスターにより制圧済みでした。小さな街ですが、魔王軍が総出で襲撃していており、豪華なメンツです。いたる所で陵辱が繰り広げられていて、これを横から見学するのが本作のメイン要素でした(なお入り口に看板が立っている建物は、体験版では入れず)。

教会ではサキュバスによる逆レイプ



教会ではサキュバスたちによる陵辱(逆レイプ)が行われていました。赤い炎を調べると、行為を見学できます。


エロシーンはいずれも動きがあり、途中で変化もある贅沢な作りです。少年僧侶はなんとか抵抗するものの、攻められ続けるうちに信仰心が揺らいでいき、耐えきれずに屈服してしまいました。



続いて、大きな胸に挟んでのパイズリです。その後もまだまだシーンが続き、すっかりサキュバスの虜になった少年僧侶を太ももコキのあと、乳を吸わせます(少年は母親に捨てられ、母性に飢えていた)。



ラストは2体による攻めで、ここでようやく挿入です。これだけじっくり前戯があるのはなかなか珍しかったです(ただ説明を見ると、シーン数が4と多いのはこの少年のみのようでした)。

続きを読む →

エロシューティング「Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-」(ラクライ)体験版感想

Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-
Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス- [ラクライ]
8/2の予告新作で、サキュバスに恨みを持つ少年が宿敵サキュバスに勝つべく旅をしていくというシューティングゲームです(Unity製)。体験版はミルフィヨンカを仲間にするところから始まり、ステージ1(WAVE1~3+ボス戦)をプレイできました(エロシーンは2つ)。本編は2020年08月中旬発売予定です。

追記:8/21に発売になりました。
DLSite販売ページ 770円、70ポイント還元
心優しい少年『ニコ』とアサルトライフルのサキュバス『ミルフィヨンカ』を操作し、
個性豊かな夢魔達を撃って撃って撃ちまくりましょう!
でも気を付けて、彼女たちはとってもエッチ。
負ければただではすみません。
空っぽになるまで搾精されてしまうでしょう。

地下室でサキュバスを仲間にする


最初にモードと難易度の選択があり、今回はストーリーモードのイージーでプレイしました。なおアーケードモードはストーリー部分やエロシーンがなく、シューティングゲーム部分のみを遊べるモードです。


主人公はサキュバスによほどのことをされたようで(具体的に何をされたのかは体験版では明らかにされず)、なんとしても復讐してやると闘志を燃やしています。何か力になる物はないかと地下室へ降りると、銃な女ミルフィヨンカ(サキュバス)を見つけ、力を貸して欲しいと求めます。


ミルフィヨンカはただでは力を貸してくれず、早速エロ展開になり、黒ストッキング越しにいいように責められる女性上位エロでした。

戦闘はシューティング


翌日、ミルフィとともに森を進んでいくと、バニーな女と遭遇します。明らかに怪しく淫魔なのは丸わかりですが、お人好しな主人公は女の言うことをすぐに信じてついていこうとし、ミルフィは警戒心がなさ過ぎると呆れ気味です。


早速戦闘になり、四方から敵が襲ってくるシューティングゲームでした(WAVE1~3のあとボスが登場)。基本操作は、弾を撃つのはマウス左クリック(残弾数的な概念はなく、押しっぱなしでOK ただある程度しっかり狙った方がいいように感じました)、移動はWASDキーです。他にはスペースキーで避け動作が、シフトキーで3way弾が出せました(一度押せばOKで、黄色ゲージがなくなるまでずっとWAYモード継続)。なおESCキーを押すと確認なしでアプリが終了してしまうので、うっかり押さないようご注意ください。


敵は、出現後しばらく時間が経過すると弾を撃ってくる模様です(=出現後即座に倒せばダメージを食らわずに済む)。四方から敵が来るのでやり慣れなく、Wave2になると撃破が追いつかずに結構ダメージを食らってしまうことが多くなりました。

続きを読む →

経営SLG「ボクの領地がかつて魔女たちが住んでいた島…だと!?」(パスチャーソフト)体験版感想

【25%OFF】ボクの領地がかつて魔女たちが住んでいた島…だと!?
ボクの領地がかつて魔女たちが住んでいた島…だと!? [パスチャーソフト]
5/17発売の新作で、島の領主となった主人公が権力を使ってあれこれしたり財政やりくりをしたりするシミュレーションゲームです。体験版では初めの1ヶ月強(海賊が襲撃してくるあたりまで)をプレイできました。

DLSite販売ページ 1320円、120ポイント還元
王様から島を頂き、貴方は立派な領主になった。しかし、このうまい話には裏がある。その島、実はかつて魔女たちが住んでいた島だった。ちゃんと治めようとするが、どうやら島は未だ新たしい主を認めていないようだ。魔女が残っておいた遺産と様々な問題が次々と襲ってくる。

褒美として島を与えられ、領主を務めることに


警護役を真面目に勤め、褒美として島を頂いた男が本作の主人公です。



島で一番偉い立場ということで、住民達は皆腰が低く、選択肢ではいきなり乳を揉むことが可能でした。


チュートリアルは、?を押すと説明が読めました。システム的にはSLGで、自由度が高い作りです。

最初は何をやっていいかわからないところがありますが、やってはいけないのは臨時徴収で、これをやると名声があっという間に下がってしまいます。名声は下がる時は10単位でどーんと下がるものの、上げようとすると1~3程度ずつしか上がらなく、上げるのに多大なコストを要しました。

もし金がなくて何もできなくなった時は、時間を早送り(画面下中央のボタンを押す)するのがいいかと思います。費用対効果がいいように感じたのは村人を雇うことで、10Gと安いです。


建築するには最低でも50G必要で、防衛設備などもありますが、まずは町(雇える平民の数+1)と採掘場(金の自然増が増える)から建てていくのがいいように感じました(敵の襲撃があるのは4/1としばらく先なので、慌てて準備する必要はない)。

続きを読む →

「MECHANICA――うさぎと水星のバラッド――」(Loser/s)製品版感想

【前作無料クーポン付き!】MECHANICA――うさぎと水星のバラッド――
MECHANICA――うさぎと水星のバラッド―― [Loser/s]
4/10発売の新作で、水星で生活する男主人公が女ロボットと共に謎を解いていくという話です。未来の水星が舞台という面白い設定で、雰囲気やBGMもよかったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,980円、180ポイント還元(前作「うさみみボウケンタン」の無料クーポン付属 5/7まで)

体験版感想はこちら
SF系エロRPG「MECHANICA――うさぎと水星のバラッド――」(Loser/s)体験版感想
水星の日本領・ギロチンシティは下品なネオンと酔っ払った半端者の街。
『天蓋』が太陽の熱を遮断するこの場所には、星の光が届くこともない。

『MECHANICA―――うさぎと水星のバラッド』は美しい2Dのマップを探索しながら、
水星に住む人々に『音楽』を聞かせて情報を集め、来たる宇宙の崩壊に備えるゲームです。
外宇宙からやってきた言語学者や、記憶と感情を奪われた大罪人。
同体婚姻主義<ヒュージョニスト>の芋虫や、情熱の強いアバターアーティスト。
あなたは刺激的な未来の人々との出会いを楽しむでしょう。

体験版範囲の振り返り


まずはレトロ世界で王様に話しかけます。体験版ではデフォルト名がありましたが、本編では自分で名前を付ける必要がありました。かなり頻繁に呼ばれるので、呼ばれても問題ないものにしておくのがいいかと思います。


王様の話が終わると、場面変わって水星です。ビールの押し売りに根負けした主人公が1本買うと、福引きで特等の最新型メイドロボが当たります。


豪華なお屋敷を夢見て目覚めるメイドロボでしたが、目に入ってきたのは廃れた狭い部屋でした。若干がっかりしつつも、ご主人様に仕える任務を開始しますが、口を開くと雰囲気が一変して、コミカルな会話が繰り広げられます。掃除をすると部屋の雰囲気が一変し、さすがは最新型です。


打ち解けたところで2人で町を歩き、最初に行くべきは、路地裏・商店・ポータルステーションの3箇所です。


商店では馴染みのメカニックに挨拶し、ポータルステーションにいるラブグッドも主人公にフレンドリーです。(どちらもHシーンのあるヒロインです)


右へ進んで因果計広場へと向かます。”神の死”イベントは、物語の根幹に関わる重要事項でした。


演奏絡みの詳しいところは体験版で紹介したので割愛しますが、注意したい点は、POWERがなくなるとゲームオーバー(タイトル画面に戻される)になってしまうことでした。チュートリアルだと”演奏失敗になります”とさらっと言われているのみですが、本作にはオートセーブがないので、うっかりセーブを長時間忘れたまま死んでしまうと大きくやり直すことになって被害大です。(ただうっかりミス以外で死ぬことはなく、前作と比べるとゲームオーバーになる頻度は格段に少なかったです)

対処法としてはPOWERに余裕を持っておく他、1日やループの開始時にでもセーブしておくのが無難です。なお本作に日数制限はない模様なので、最初に一気に増やしまくるのもありです。POWERは自宅でのH(タイムを2消費)や、Cキーメニュー→セクハラで増やせます。


演奏[正解は4→5]を終えた後、メカニカと主従の絆を結び、 演奏をするにはエロパワーが必要なことなどが説明されます。

帰り道、因果計広場のメーターに異変(今までは巨大な数字で変動していたものが、2で固定になっている)が起きていることに気づきます。なおこれが意味するところについては追々説明されていきますので、この段階ではよくわからなくてOKです。

続きを読む →