Tag Archives: ツクール

女主人公エロRPG「夜陰のあやめ」(く~るシスター)体験版感想

夜陰のあやめ
夜陰のあやめ [く~るシスター]
11/2の予告新作で、和風世界を舞台に少女が鬼と戦っていくことになる話です(RPGツクールVXAce製)。体験版は町を一通り回ったあと儀式に臨み、刀を手にしてダンジョン探索をするあたりまでをプレイできました(エロ要素は少年による軽いいたずらや代官による乳揉みなど)。本編は2020年12月下旬発売予定です。
あやめの家系では半年に一度、“幽鬼の祓い落とし”と呼ばれる
伝統的な行事を代々継いできた。

そして、あやめがその行事を継ぐことになって二回目の
祓い落としの日に異変が起こる。

飲食店の手伝いを終えて帰宅

どの時点からゲームを始めるかをまず選べました。”さいしょから”を選ぶと文字通り最初から、”つづきから1″は石碑での儀式に失敗して鬼への対処法を探り始めるあたりから、”つづきから2″は橋の下で船に乗せてもらってダンジョン(体験版はここをクリアすると終了)に入るところから開始できます。今回は”さいしょから”を選んでプレイしました。


江戸風の和風世界が舞台で、海鮮系飲食店で働いているあやめという女が本作の主人公です。”祓い落とし”なる儀式を控えて憂鬱な心境でした。話が終わったら、まずはテーブルの上の”アナゴ天丼”を調べます。該当客への移動は自動でやってくれました。


場面が銭湯に変わったら上(1F右上)へと進み、主人公の実家はこちらでした。



この店は一言で言うと風俗店で、主人公がここで働くにはまだ早い(働く覚悟ができていない)ということで先ほどの店で手伝いとして働いていました。母と一緒に湯船に浸かりつつ、”祓い落とし”とは何かの回想が入ります。どうやら嫌なのは儀式そのものより、自分を狙ってくる代官のようでした。



話が終わったら2Fへと向かいます(上り階段はフロア左下)。2Fに上がったら右上の箱(布団の左上)を調べ(文字でわかりやすく示されてます)、終わったら1Fに戻って母つばめに話しかけます。哺乳瓶の購入・配達を頼まれました。

続きを読む →

男性受けエロRPG「テンプテーションコロシアム」(ドライドリーム)体験版感想

テンプテーションコロシアム
テンプテーションコロシアム [ドライドリーム]
10/14の予告新作で、闘技会に勝つべくやって来た男魔術師が色仕掛けに負けず勝ち抜いていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版では2戦目までをプレイできました(エロ要素は1戦目の色仕掛けと、2戦目前のエロマッサージや謎の女の誘惑など)。本編は2020年10月下旬発売予定です。

追記:10/31に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,540円、140ポイント還元
トーナメント戦で行われる大会は、
決勝戦まで進めば8日間で優勝が決まります。
大金目当ての挑戦者は、
恥も外聞も無く敵を倒そうとんできます。
もちろん、女性のお色気攻撃は当たり前・・
試合の前に勝負を決める女性もいる程です。

高額賞金の闘技会が開催されることに


セリーナ姫が国の防衛を不安に思うところから話は始まり、精神力の強い優秀な戦士が必要だと王に進言すると、だったら賞金つきの闘技会を開いてみてはどうかということになりました。姫がそんなことを言うなんて珍しいと、王はコロシアムとそれに付属する街をわざわざ作ってくれます。


この闘技会に参加するべくはるばるやって来た男マルスが本作の主人公です。マルスは中性的な外見の魔術師で、腕力はあまりなさそうでした。

早速参加登録


マルスのセリフが終わると早速動かせます。右上に進み、扉に入るとコロシアム会場です。


カウンターに話しかけると登録が難なく済み、試合は翌日とのことです。ここに限らず、触れただけで話しかけられる(エンターキーを押さなくていい)のは地味に便利でした。



主人公に割り当てられた待機部屋があるのは右手です。少しわかりにくいですが、絨毯部分から右に進めます。ずらりと扉が並んでいますが、マルスの部屋は左端(一番手前)です。


マルスは対戦相手の名前”レミア・オークリック”に聞き覚えがあり、学生時代のライバルでした(マルスが主席で、レミアが2番)。ベッドを調べて寝ようとすると、そのレミアが早くもやってきます。レミアは昔から勝つためには手段を選ばない性格らしく、逆レイプされてもおかしくない状況でしたが、ここでは挨拶のみで色仕掛け的なことはせず帰っていきました。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ノルティナの秘宝」(あすも工房)体験版感想

ノルティナの秘宝
ノルティナの秘宝 [あすも工房]
9/19の予告新作で、トレジャーハンターな女主人公が謎の遺跡を探索していく話です(RPGツクールMV製)。体験版では入り口付近の探索を進めていき、町に到着するところまでをプレイできました(エロ要素は敗北エロシーンが2つあり)。本編は2021年02月中旬発売予定です。
険しい森林と山岳地帯に阻まれた陸の孤島に、突如として謎の遺跡が出現した。
トレジャーハンターのアレットは未知の冒険を求め、
道中を乗り越えて単身『ノルティナの遺跡』へと踏み込んだのだった…。

巨大遺跡が突如出現

最初に難易度選択があり、イージー~ハードの3段階から選択できます。イージーは敵弱化のほかシンボルも減るとのことで、今回はイージーでプレイしました(実際やってみたところ、説明通りしっかり弱く、楽に進めました)。


誰も立ち入らない山奥に突如巨大遺跡が出現するところから話は始まり、当然お宝を求める冒険者たちが目を付けるものの、山奥ということでなかなかたどり着けず。そんな中、主人公アレットが川や森を抜けて遺跡へとたどり着きます。


動けるようになった後、上へと進むと目的の遺跡です(町は入り口付近にはなく、探索を進めていくと出てきました)。


遺跡に入って探索を始めようとすると、サイミという女冒険者が自分が先だと絡んできまして、この冒険者は後ほどまた出てきました。他には幽霊のようなキャラが遺跡から立ち去るよう2人に警告してきましたが、こちらの正体は体験版ではまだわからず。

探索は簡単な謎解き要素あり


会話が終わると早速探索開始です。両サイドに扉がありますが、左の扉から先に進めました(エンターキーでオープン)。


戦闘はシンボルエンカウントです。イージーということで敵は弱く、このあたりの敵はいずれもワンパンです。敵シンボルの数も少なく、楽に探索できました。(なお難易度ノーマルの場合、シンボル数はこれの2倍程度ありました)


進んでいくとスイッチのある部屋に出ました。簡単な謎解きをすることになり、Zキーでメニューを出し、弓矢を突起に向けて撃つことで扉が開きました。


次の部屋は、台を調べて火を付けることで宝物”小判”を取ることができます。なおこの宝物(体験版では全部で4つ手に入りました)は、作品説明によりますと”あくまでコレクションアイテム”で、スルーしてもストーリー進行に影響はないとのことです。

続きを読む →