女主人公エロRPG「Phantasia Infection」(緋色)製品版感想

Phantasia Infection

Phantasia Infection [緋色]

1/30発売の新作エロRPGで、淫魔の力を得た女主人公が戦っていく話です。ほどよいゲームバランスで絵もよかったので購入してみました。

2017/4/8追記:無料配布になったようです。
DMMダウンロードページ

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Phantasia Infection」(緋色)体験版感想
とある町で人を魔物に変える謎の病気が発生した。
沙姫はその町から避難した仮設住宅に住むごく普通の少女だったが、
事件対策の組織【W-トレイター】の新兵器実験の場に居合わせ、偶然力を手に入れてしまう。
力を得た代償に半ば魔物と化してしまった彼女は事件解決に向けて【W-トレイター】に協力する事になる。

しかし沙姫が手に入れた魔物の力は【サキュバス】と分類されたもの。
最大限に力を使うには男性の体液が必要となる力だった・・・・・・・。

体験版のセーブデータ引き継ぎ可不可については、Readmeなどに記述見当たりませんでした。自分の場合LV11と結構上がっていたので、体験版のセーブデータを使ってプレイしました。今のところ問題なくプレイできてますが、何か不具合が起きる可能性があるのでお勧めはしません。


研究員の時坂に話しかけて話を聞いたあと、怪しい箇所を探して欲しいと言われます。


施設内中央あたりにある、↑の箇所が正解でした。イベント戦闘になりますが楽に勝てます。


次は施設右手にあるベッドを調べると↑のようないつもと違うセリフが出まして、


そのまま休むとイベントが起こります(会話後戦闘あり)。先ほどの敵よりは強かったですが、LV11で楽に勝てました。



拠点に場面が戻り、時坂に話しかけると話が進みます。


なおこのあたりから雑魚敵の体力が結構ありまして、戦闘にそれなりに時間かかるようになりました。MP回復アイテムが施設で買えるので、それを使ってがんがんスキル技を使っていくと時間短縮になっていいと思われます。


毒々しい城は中央の扉から進んでも特に変わった箇所は見当たらず。詳しい発生条件はわかりませんが、今回の場合全部の敵を倒したあと外に出ると会話が出ました。


右手にあるはしごを進むとイベントが起こりまして、新しい女キャラが登場しました。


戦闘になりますが、この時は負けてOKです(ダメージ行かず、9999ダメージ食らう)。
(追記:2周目やったときは多少ダメージ行ったので、2~3発で倒しきれる火力があれば勝てるかもしれません)

会話後覚えるスキル技の”ジェノサイドクロー”は強力な全体攻撃技で、これがあるとレベル上げがだいぶ楽にできます。


なお再度同じ場所に行って扉を開けると再戦できますが、この戦いは先ほどと違って負けるとゲームオーバーなので注意です(敗北エロイベントはなし)。それなりにダメージ行くようになってますが、挑むのがまだ早かったようで(LV14)回復が追いつかず押され負けました。
(追記:(他イベントをやらずに)ここでいきなり勝つとNORMALエンドになりました。ひつじによると、処女キープとトランス使用4回以内が条件とのことです)


マップ左下の”感染者の洞窟”は体験版では2Fまでしか行けませんでしたが、本編では2F左下に下り階段がありましてさらに先へと進めます。適度に強い敵が出まして、レベル上げに便利です。


3Fの下り階段は右上にあります。


4Fの敵は3Fと比べてだいぶ強くなってまして、LV18だと苦しい戦いになりました。特に↑の敵が難敵でした(技を出そうとしてもキャンセルされることが多く、食らうダメージ量も大きい)。


ザコ敵に負けると敗北エロシーンがありましたあと、リトライを選ぶと地上で復活です。ざっと見た限り持ち金が減ったりなどのデメリットはないようでした。


全体マップ右上の小さな研究所に入り、崩れた壁を調べると新たなダンジョンに進みます。


ワープしながら進んでいく形式で、多少ややこしかったですが広さ的にはそれほどでもなく、


すんなりボス敵に遭遇できました。ジェノサイドクロー→(使い魔の)クイックフォースを使って、比較的楽に勝てました(LVは18)。


4F左手の通路には最初はオレンジ色の岩がありますが、話を進めると?いつのまにか消えていて下り階段に行けるようになってます。


進んだ先では、ドラゴン含む敵集団と戦闘になります。1体で終わりではなく、奧にも続けていました(連戦ではなく1戦ごとにセーブや回復可能)。取り巻きはだいたいジェノサイドクローでワンパンですが、それにばかり固執するとスキル中断を続けて食らってピンチになるので、適度に出の速い他スキルも使うといいと思います。



ドラゴン2体を倒すと奥に部屋がありまして、これがこのダンジョンのボスのようです。ドラゴンと比べるとかなり強いです(3000程度ダメージ与えてもゲージが少ししか減らず、食らうダメージ量が大きく回復が追いつかない)。LV22ではちょっと歯が立たないという印象でした。


ドラゴンを倒してドラゴンコアを手に入れると、研究所左手のショップの品揃えが変わりまして強力装備を買ったり作れるようになってます。素材足りないレシピが多く、しばらく材料集めが必要そうです。


話を進めると?、拠点のベッドで寝た時回想シーンが入るようになります。
(追記:これを4回見るのがANOTHERエンドの条件になってます)


このあたりで全体マップ右下の物語最初の村に入れまして、弓月と戦闘になりました。


このイベントをこなすと?全体マップ左上の城のイベント内容が変わりまして、相手が少年になります。

少年は強いですがスキル中断技はやってこなかったので、ここまでに貯まったお金で回復アイテムを用意していけば比較的何とかなります。沙姫がジェノサイドクロー、使い魔が再生促進剤・改を使い続けて、LV24で無事勝てました(敵HPは約2万)。


倒すとイベント後スタッフロールが流れまして(TRUEENDと出ました)、ちょっとあっけないですが物語はこれで終わりのようです。引き継いでの周回プレイが可能でした。

クリア後部屋が回想部屋も兼ねてまして、TRUEENDだからか不明ですが全解放されてました。なお下から出て左上に行って話してしまうとゲーム進行がバグる(居住区にワープし、ラスボスと再戦できてしまう)ようなのでご注意ください(試す場合は要セーブ)。


エンディングの条件については、城左上(城内ではなく外、毒沼を越えた先)にいるひつじが必要回数などをずばりと教えてくれました(↑はTRUEの条件)。

ANOTHERエンドは、
1.研究所(全体マップ右上)をやらない
2.洞窟1F奧のドラゴンを倒す
3.右下の村で弓月を倒す
4.拠点のベッドで4回寝る(カレー→好きのあと、”引っ越すことになった”を見ればOK)
5.左上の城に行くとTRUEと同じようにボス戦になるので倒す
と進めると見れました。V-coreについてはこのエンドが一番詳しく説明されてる印象でした。
クリスタルが出現したあとActor3_1が見つからないエラーが出て先に進めず 2/1追記:バージョン1.02で修正されまして、このエラー落ちはなくなりました)

出現したクリスタルを調べると入れます。
6.森(ザコ戦なし)を北へと進み、橋を渡って上に進むと博士が出現してイベント
7.氷状のダンジョンを北へと進む 氷床は通行可能(多少広いですが、ザコ敵は出現せず)


奧の↑まで行くとボス戦になりましたが、戦闘後半にエラー落ちしました(”碧の軌跡っぽい戦闘システムの594行目~”)。

2回中2回落ち、2回目は通常攻撃中心にして慎重に戦っても落ちたので味方スキル関係ではなさそうです。作者ブログコメント欄21、24によると認識はされてましたが、今のところ再現できてないようです。
(修正されたら続きをプレイ予定)


・Hシーンまとめ(左下から順)
ならず者敗北輪姦(体験版で見れたもの)
堕落BAD(条件不明、オナニー → イルシオン×沙姫のレズ)
テスター敗北(スカートまくり上げ、スライム攻め)
スーパーミノタウロス敗北(洞窟のザコに敗北、異種姦レイプ)
ドラゴン苗床(丸呑み→腹ボテ)

不良輪姦(初回)
不良輪姦(淫魔化)
医者からマッサージ、挿入未遂
医者から眠姦
おじさんの手コキ
おじさんフェラチオ
オタ視姦
汎用吸精(制服半裸、騎乗位 テキスト短め)

弓月、感染者から凌辱(体験版で見れたもの)
沙姫自慰(体験版で見れたもの)
処女喪失(攻めパターン)→騎乗位
処女喪失(受けパターン)→オナニー、正常位
淫魔BAD(全裸で男大勢を相手にする)


感想まとめ(1.02時):
話的にはうまくまとまっていて、1周でなんとなく理解できました。ボリューム的には思っていたよりも短く、途中少々急ぎ(はしょり、唐突)感がありました。

ダンジョンの数も他RPG作品と比べると少なく(ザコ敵が出るダンジョンは”感染者の洞窟”のみの模様)、そのあたりのボリューム・やりこみ性を期待して買うのはやめておいた方がいいかと思います。

ゲームバランス的には、今回はノーマルでやりましたが、特に苦戦する戦いもなく割と楽にクリアできました。ボスから得られる経験値が多いので、周回重ねるとどんどん楽になります。

Hシーンは敗北エロ中心に色々ありまして、864円という価格からすると十分という感じです。エロ内容的には攻めパターン(騎乗位H)とレズがよかったです。

関連記事:
Phantasia Infection (製品版):111のデジ同人感想

Phantasia Infection

Phantasia Infection [緋色]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)