Monthly Archives: 4月 2021

「死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット」(サークル冥魅亭)体験版感想

死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット
死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット [サークル冥魅亭]
2020/12/8の予告新作で、教団を追放された男が教祖として新たな教団を運営していくシミュレーションゲームです。体験版では序盤数ヶ月をプレイできました(エロ要素は村娘相手の審問など)。本編は2021年04月上旬発売予定です。

追記:2021/4/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 2,750円、250ポイント還元
FANZA販売ページ 2,750円、500ポイント還元

・DLSite価格推移(2021冬以降)
2021/??/??~2021/12/23 2,200円(20%OFF)
2021/12/24~2021/12/25 2,750円(通常価格)
2021/12/26~2022/02/14 2,200円(2021ウインターセール 20%OFF)
2022/02/15~ 2,750円(通常価格)

とある男が教会から追放された。
彼は『神』の声を聞くことが出来る『聖人』。世界を救うという使命を帯びていた。
その救済には、我が神の受肉が必要。そのためには善なる魂を、『神』に捧げ続けなければならない。
辺境の村『セグルメット』に教団を立ち上げることに成功した彼は、教祖として『神』を迎えるための活動を始めるのであった。

教祖として、神のノルマをこなしていくことに


まずは開始前にオプションから名前を付ける必要がありました。主人公は新興教団の教祖で、信者を増やしていくのが当面の目的とのことです。ただ実際には、神が毎週課してくるノルマを下回らないよう日々必死でしのいでいくことになりました。


週の頭には、まずはノルマなどが表示されます。一番上は今月の生け贄の好み(月一回、必ず1人生け贄にする必要あり)、真ん中はノルマがきつく設定されている項目(なお画面下のステータスは、週末に一項目でもノルマを下回っていると即座にゲームオーバーです)、信者の数はさほど気にしなくていいようでした。

チュートリアルでは何をやっていけばいいかが説明されます。SLG部分の難易度が高かったので、一度は読んでおくのがいいかと思います。個人的には、一度適当にやってみてゲームオーバーになったあとじっくり読むと理解しやすいように感じました。


まずは建築で民家を建てます。労働や生活などが上昇する基本建築ですが、治安が下がるので、そればかり建てすぎるのも問題がありました(農場などとバランスよく配置していくのがいいように思います)。


続いて画面下部の信者一覧を確認します。それぞれ属性を6つ(他に処女非処女や職業もあり)持っていて、いいものばかりではなく悪いものもありまして、これらは仕事の結果に大きく関わってきます。あとは誰を月末の生け贄にするか、このあたりで考えておくといいです。なお属性は1ターン+神聖20消費することで別のものに変更できました。

続きを読む →