Monthly Archives: 2月 2019

男主人公エロRPG「魔王と豚の城」(鬼貴族)体験版感想

魔王と豚の城
魔王と豚の城 [鬼貴族]
2018/10/16の予告新作で、村で平和に暮らしていた主人公が豚たちとの戦いに巻き込まれるという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では村を出て都へ向かい、豚の襲撃に遭い囚われの身になるあたりまでをプレイできました(ヒロイン2人のエロシーンが各1あり)。本編は2018年12月下旬発売予定です。

追記:2019/2/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
山の小さな村に生まれた青年。
意中の人である姫との逢瀬の合間、魔王率いる豚人間の軍団「ポークチャップ」に村を襲撃される。
姫までも連れ去られてしまった青年は一人、姫救出の旅に出る……

オープニング 主人公は村で平和に暮らしている


主人公は記憶喪失気味にスタートです。正体などは、話を読み進めていくと次第に明かされていきました。


場面変わって病院で、男2人が腕相撲で盛り上がっています。片方(ユージン、足を骨折して入院中)はこんな小さな村から出たいと愚痴り、一方主人公は農民なもののお姫様に惚れていて、長いこと通い詰めてプレゼントなどをしてきたという状況です。話が終わると動けるようになり、左側が出口です。


まずは右上の建物へと村長に挨拶しに向かいます。


村長からは米俵を都に運ぶ仕事を任され(”やだ”を選んでも、引き受けるまでループ)、主人公が普通の人間ではないこと(魔法が使える特異な存在)がここで明かされます。主人公は正体がバレないよう人前で魔法を使わないようにしていて、村長達も村外に秘密がバレないよう秘密を守ってくれていました(主人公に対して怖がったり迫害したりはなく、他の住人と同じように接してくれているという印象)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「イブニクル2」(アリスソフト)体験版感想


イブニクル2
アリスソフトさんの新作で、貴重な商業のフルプライスエロRPG作品です。体験版ではヒロインのユラギと知り合うところから始まり、山賊退治の末ユラギと結ばれるあたりまでをプレイできました。本編は2/22発売予定です。

追記:2/22に発売になりました。
DLSite販売ページ 7,776円、216ポイント還元
FANZA販売ページ 7,776円
スキル・魔法を使うと病に冒され死に至る【英雄病】と呼ばれる症状が蔓延する世界。
戦う才能を持つ者は死を覚悟してモンスターとの戦いに挑んでいた。
すべては残された家族や仲間たちのために、一匹でも多くのモンスターを消し去るために。

そんな悲劇的な世界に伝説の医術スキルを身につけた青年・アレクが現れる。
医術スキルを持つ者は傷一つ付けずに手術を行い、その体液はあらゆる病気を癒す薬になる……
青年医術師アレクは、英雄病に苦しむ美少女を救うために旅立つ。

女戦士が英雄病を発症


人間とモンスターが激しく戦っている世界が本作の舞台で、スキルを使うと発症するという”英雄病”が本作のテーマになってます。スキルを使うのは年長者からというのが暗黙の了解になっていましたが、他にまともに戦える人員がいない状況でこの女戦士ユラギ(まだ若者で、普通だったら使う順番ではない)がスキルを使ってしまい、英雄病を発症してしまいました。(この英雄病の症状や治療法など詳しいところは、追々説明されていきます)


そうして英雄病を発症したユラギが落ち込んでいると男が登場し、この男が本作の主人公アレクです。いきなり肉棒を露出するなど第一印象は軽いノリに見えましたが、真相は微妙に違いました(ここの状況は後ほど改めて描写されます)。アレクは自分とセックスすれば病気を治せると女に迫るものの、周りで見ていた者がそんなおかしな話があるかと止めに入ります。

主人公は辺境の村の研修医


時間遡り、ここからしばらくは主人公アレクが何者かの紹介です。アレクは小さな村(いるのは老人ばかり)の医者見習い(研修医)で、先祖伝来的な特殊治癒能力で住民を治していました。今のところ治せるのは簡単な病のみですが、主人公いわく、これは若い女の子がいないせいで本来の力を発揮できていないだけとのことです。


まずはおばあさんの頼みで猫探しをすることになりました。右へと進むと巨大な!マークがあり、本作は基本的にこの!マークをたどっていけば話が進みます。!マークは(とりあえず体験版の範囲では)2種類あり、緑が会話イベント、赤が戦闘イベントです。


戦闘は、敵をマウス左クリックすることで攻撃できます。スキル技(攻撃系)は、使用にはBPが必要で、これは毎ターン1ポイントずつ自然回復していきます。必要値は、攻撃魔法などの主要技は2ポイントでした。一方回復技はMPが必要で、こちらは自然回復はせず、回復するには村・街にある宿屋に泊まる必要がありました。

続きを読む →

オープンワールドゲーム「BAD TOWN」(キツネマフラー)体験版感想

【20%OFF】BAD TOWN
BAD TOWN [キツネマフラー]
2/16発売の新作で、近未来な街が舞台のオープンワールドアクション作品です。体験版ではBAR内のみプレイできました(エロシーンは男主人公が3、女主人公が1あり)。

DLSite販売ページ 3,110円、288ポイント還元(20%OFF価格、2/22まで)
月夜に照らされるネオン街を欲望がままに駆け巡る
過去最大のボリュームでお送りするアクションアドベンチャーゲーム!!
町に点在するミッションイベントを攻略して忍び寄る謎を解き明かせ!

操作・ゲームシステムについて


ゲームを始めるといきなり動かせました(説明・チュートリアル的なものはなし)。基本操作はWASDキーで移動、シフトキーでダッシュです。他にスペースでジャンプができるものの、体験版では必要な場面はなしでした。(その他の細かい操作は付属の”READ ME!.txt”に出てます)


フロア内にいるキャラ数は多いですが、イベント(会話)があるキャラは一部のみです。座っているキャラが大量にいますがいずれもイベントはなく、”立ち止まっていて動かないキャラ”がイベントキャラでした。ウインドウが出たら、Eキーを押して会話を進めます(↑のキャラは女主人公で話しかけても何も起こりませんが、男主人公にチェンジして話しかけるとエロ展開になります)。



あとは、他キャラに隣接してマウス左クリックすると攻撃(パンチやキック)ができました(最初は向こうからは攻撃はしてこず、こちらが攻撃を当てると相手が攻撃モードに入って反撃してくる)。強さはキャラによってだいぶ差があり、3発程度であっさり倒れるヤワ男もいれば、間合いを取ってビーム銃を使ってくる難敵もいました。なおやられた場合はスタート地点(BAR1F入り口)に戻されます(敵を倒すメリットがシステム上あるのかは不明)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「狩人のフォレスト」(和菓子日和)体験版感想

狩人のフォレスト
狩人のフォレスト [和菓子日和]
1/21の予告新作で、女主人公が山賊に捕まった父を助けに向かうという話です(RPGツクールMV製)。体験版では冒頭部分をプレイできました(敗北レイプエロあり)。本編は2019年03月上旬発売予定です。

追記:2/17に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
狩りを終え家へ帰宅する最中を山賊に襲われ娘である
フィリアを逃がすために山賊に攫われた父親を助けるために
見習い狩人であるフィリアは一人山賊に立ち向かう・・・。

山賊に襲われ、父が捕まってしまう


父と2人、森で狩りをしていると、いきなり山賊に襲われます。父はせめて娘だけは助けようと、アイテムを使ってワープさせてくれました。


生き延びた主人公は、家にあった武器を手にして即座に家を出ます。冷静に考えると村なり街なりに助けを呼びに行くべき状況だと思いますが(主人公達は山奥の一軒家に住んでました)、そういった発想は主人公にはなく、1人で敵アジトへと向かいました。

山賊に捕まると犯される


メニュー画面は、カーソル色が薄く(背景とほぼ同色)、自分のモニタだと現在のカーソル位置がどこなのか判別しづらいものがありました。本作は敵に負けるとエロ後ゲームオーバーなので、先に進む前にセーブ推奨です。


家を出た後は、看板を下へと進みます(右の山道は体験版では行けない模様)。


さっそく山賊と戦闘になり、通常攻撃はカメラ位置が細かく切り替わって若干目が回りました(必殺技を使えばこれは起こらず)。


負けたい場合は、通常攻撃し続ければ負けられます(必殺技の回転斬りを使ってしまうと1撃で勝ってしまうので注意)。敗北後は敵牢で監禁され、山賊達によりレイプされたあとゲームオーバーです。

続きを読む →

異世界ものエロゲ「俺のアレが神聖過ぎて重宝されるんだが!?」体験版感想


俺のアレが神聖過ぎて重宝されるんだが!?
幻遊郷さんの新作エロゲで、異世界(女だけになってしまっており男が貴重)へと召喚された主人公が子孫を残すためにヒロイン達とHしていくという話です。体験版ではヒロイン3人(女王・貴族・盗賊)のHシーンが見れました。本編は2019/02/22発売予定です。

追記:2/22に発売になりました。
DLSite販売ページ 9,504円、264ポイント還元
FANZA販売ページ 9,504円
サラリーマンの主人公「五十嵐 大吾」はある日、異世界に召喚されてしまった。
そこは美女ばかり…というか女性しか居ない。
何でも子供が生まれても、女の子しか生まれない世界なのだという。
十数年に一度異世界から男性を招き子孫を残しているらしい。
その大事な相手に主人公が選ばれたのだった。

突如召喚されて異世界へ


最初は現代世界で、主人公はしがないサラリーマンです。勤め先に特に不満などはなく、平和に働いていました。


主人公の語りが一段落したところで早くも何者かに召喚され、かなり展開が早いです。(体験版だからばっさりカットされているのか、本編でもこうなのかは不明)


体験版の導入部はこれで終わりで、あとはHシーンを3つ見られます(選ぶ前にセーブしておくと効率よく回収できます)。

女王リリーをバックでハメ


女王リリーがなにか隠し事をしているようで問い詰めると、異世界に来たことで疫病にかかった可能性が高いと告げられます。寿命が大幅に短くなったと聞かされて主人公は怒り、だったら何をしてもいいよなとエロ展開です。


今後のことを考えて不安と怒りを覚えつつバックでハメていきます(怒りを女にぶつける)。このシーンは以下の2つと比べると少し雰囲気重めでした。

なお設定を読むと、”異世界の男は疫病にかからない”と明記されてました。王女がまだそれを知らないのか、知っていて何らかの理由で嘘をついたのかは不明です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「リビルの罠」(URURUC)体験版感想

リビルの罠
リビルの罠 [URURUC]
1/4の予告新作で、行方不明になった両親の借金30万Gを返すべく女主人公が奮闘していくという話です(ウルフエディタ製)。体験版では最初の10日分をプレイできました。本編は2019年02月下旬発売予定です。

追記:2/16に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円、240ポイント還元
道具屋の娘アリシアはある日突然両親達の解放と引き換えに300000Gの借金を負う。
そして借金返済の為に冒険と店の経営を始める……

行方不明になった両親を救うべく、活動開始


主人公は道具屋の娘です。両親がなかなか帰ってこず心配していると(一人で店番している)、怪しい男がやってきて、借金返済の必要があると告げていきました(30日後に取りに来る)。突然のことに面食らいますが、添付のアクセサリは確かに両親のもので、デタラメを言っているわけではなさそうです。


店はカウンターを調べると営業することができ、品物を並べたあと(個数はキーボードで数値入力する必要あり)、店を開けて客を待つという流れです。品物は、街の外に出て拾ってくるのが主でした(他に街右上にある道具屋で買うこともできるものの、それをやると赤字になる)。1日の売り上げは、最初のうちは拾ってきた物を色々並べても1500程度と少なめでしたが、販売繰りかえして店レベルを上げていくと次第に増えていきます。なお主人公は一般的な商人で、調合・合成といった工房的な要素はなかったです。

店は強化することができました(やった回数に応じて費用が増加)。棚増加は、種類増加ではなく個数が増加していきます。最初は各10個しか並べられずすぐ完売になってしまいますが(=いちいち並べ直すのが面倒)、20個30個と伸ばしていくと1日では売り切れない物も出てきまして、効率よく販売ができました。



なお両親捜しについては、街左上の酒場で情報料を払って敵アジトを調べてもらうという手もあります。ただし費用は、借金と同額の30万G必要でした。いずれにしても体験版は10日で終わり(この期間内に30万稼ぐのはほぼ無理)なので、借金云々は気にしなくてOKです。

続きを読む →

見抜きものエロゲ「BUKKAKE! ドシコリングMINUKIマックスアクメしてもいいですか?」体験版感想


BUKKAKE! ドシコリングMINUKIマックスアクメしてもいいですか? ~ドエロいポーズして貰って見抜きぶっかけしたらお互い興奮がドチャクソヤバイです~ Hendingさんの新作エロゲ(フルプライス作品)で、真面目な男主人公が事故的なぶっかけをきっかけにヒロイン達と親しくなっていくという話です(原画:キモティカ7さん、シナリオ:和泉万夜さん)。体験版では従妹との数日間の共同生活から始まり、チャットで性器見せてもらえるようになるあたりまでをプレイできました(見抜き中心で、本番はなし)。本編は2019/02/28発売予定です。

追記:パッケージ版は2/28に、ダウンロード版は3/15に発売になりました。
FANZA販売ページ 9,504円
来訪者は彼の従妹である少女「宮雪 奏」。
幸光はそんな奏を出迎える、下半身裸のまま。
結果、無常にも飛び散る白濁が、奏へと飛び掛り、
その張りのある艶やかな太ももを汚してしまう。

社会的な死を覚悟する幸光を優しく許す奏。
感謝する幸光だが、生身の女性を見ながらのオナニー、
そして生身の肉体へのぶっかけを経験したことにより、
彼は新たな嗜好を獲得してしまう。

夢中でオナニー中、従妹が想定外に早く来訪


開始するといきなり主人公のオナニーシーンで、なかなか激しい動きです(なぜ激しいかはこの後の回想で語られます)。イこうとしたタイミングでチャイムが鳴り、鍵をかけ忘れていたのが災いして、女(宮雪奏)にドアを開けられてしまいました。顔を合わせて気まずい空気になったところで思わず射精してしまい、女の太ももにかかった精液を見て興奮が高まります。これが物語の発端になりました。


時間遡りまして、どうしたこうなったのかの回想です。主人公はエロ漫画の雑誌編集者で、同僚女(佐原瞳子 さはらとうこ)との関係も良好です(視姦しているのがバレバレなものの、怒られたりはなし)。雑誌がエロ系ということで、職場内ではエロワードがポンポン飛び交っていました(特に恥ずかしがることなく口にする)。

昼休み、主人公宅近くの学園に入学することになった従妹(先ほどぶっかけた相手)を、何日かそちらに泊めてあげて欲しいと親戚から連絡が入ります。向こうは主人公を信用しきっていて(主人公は爽やか好青年という雰囲気)、男の部屋に女を泊める事への抵抗は感じられず。帰宅後、しばらく従妹が住むならその前に思いっきり抜いておこうと、冒頭の本気オナニーに至ったという次第です(回想ここまで)。


主人公は従妹に全力で謝罪し、親戚にバレたら一巻の終わりと必死です。幸い奏は怒ることはなく、連絡もなしに突然1日早く来てしまったことを逆に謝られました(元々主人公にある程度の好意があった模様)。ぶっかけてしまった主人公は、この状況で泊めるのは無理だと常識的な判断をするものの、奏は気にしていないと言ってきます。こういった状況だと怒って理不尽に暴力振るうヒロインもいる中、理性的で好感が持てるヒロインでした。

話しているうちに主人公も落ち着いてきまして、泊まっている間はオナ禁すると宣言し、予定通りしばらく宿泊していくことで話がまとまります。

続きを読む →