Monthly Archives: 10月 2018

謎解き系アクションゲーム「~necromancy~エミリの逃亡」(PinkPeach)体験版感想(途中まで)

~necromancy~エミリの逃亡
~necromancy~エミリの逃亡 [PinkPeach]
2018/8/31の予告新作で、仲間とはぐれてしまったシスターが主人公のアクションゲームです。本編は2018年10月下旬発売予定です。

追記:10/28に発売になりました。
DLSite販売ページ 990円、90ポイント還元(50%OFF価格、2020/10/12まで)
FANZA販売ページ 1,980円、360ポイント還元
ネクロマンサー、それは禁断を魔法を使い命を弄ぶもの。
森に隠れ恐ろしい研究をしている。
噂では、彼女はかつて教会の聖女で、数人を殺害し死体と共に消えただそうです。
とある新米冒険団はその隠れたネクロマンサーの情報を提供する任務を受け、
エミリは仲間と森の周りを探査する途中、敵を遭遇しみんなとはぐれた。
森の中に迷子になったエミリはみんなを探しながら外への道を探す。

命からがら逃亡

~necromancy~エミリの逃亡
プリースト・ナース風の女が逃げているところから話は始まり、

~necromancy~エミリの逃亡
~necromancy~エミリの逃亡
どうしてこうなったかの説明で、プリースト女が分不相応な高難度クエストをうっかり受けてきてしまい、敵が強すぎてパーティ壊滅し、散り散りになって逃げるという状況です。RPGでありそうないいシチュでした。

続きを読む →

女装主人公エロゲ「乙女が結ぶ月夜の煌めき」(ensemble)体験版感想

乙女が結ぶ月夜の煌めき
乙女が結ぶ月夜の煌めき [ensemble]
ensembleさんの新作で、女装主人公ものの人気シリーズ最新作です。体験版ではお嬢様学園に入ることになり生活になじんでいく冒頭部分をプレイできました(本番シーンなどエロ絡みはなし)。本編は11/30発売予定です。
主人公、結城冬弥は一角の財閥である四條家のお屋敷で働く使用人。
財閥の一人娘で自由奔放な四條蘭のお世話兼お目付け役として日々行動を共にしていた。

そんなある日、蘭が明月女学園に短期転入するという報せが入る。
その学園は教職員に至るまで女性で構成された男子禁制のお嬢様学園で、
従者とはいえ男性がおいそれと入ることはできない場所であった。

「それでは転入が終わるまで、僕は別の仕事をするんですね」
「……何を言っているの? あなたも来るのよ」

オープニング


今回の主人公は、名家のお嬢様に仕える給仕的存在の少年です(ボイスあり)。過去作同様、中性的な雰囲気の美少年でした。


いきなり見せられたのはアイドル風のドレス少女画像で、お嬢様のものかと思いきや、主人公のものでした(=既に女装経験済み状態で始まる)。自由奔放なお嬢様のわがままに振り回されている日々で、記念式典に出るのが面倒と、このような格好をさせられ、歌まで歌わされたという状況です。とはいえ主人公に嫌々感はなく、楽しく忠実に尽くしているという印象でした。

お嬢様は理科・数学は得意なものの、国語は苦手で、面倒なことは極力人に任せたい性格でした。お嬢様学園への転校が告げられ(家同士のつながりで行かざるを得ない)、主人公も従者として一緒に編入することになります。ドレス動画を見た理事長が気に入ったらしく、つじつまを合わせるために主人公も行かざるを得ません。そんな感じで、女装して女学園でお嬢様と共に生活を送ることになります。

続きを読む →