オープンワールドエロRPG「魔術士の箱庭」(ラグを司る者)が3月中旬発売予定

魔術士の箱庭

魔術士の箱庭 [ラグを司る者]

1/12の予告新作で、女魔術師見習いが主人公のオープンワールドエロRPGです。体験版は今のところなし(作者さんブログによると”細かい調整ができてなかったのでしばらく後になりそうです”とのことです)、2016年03月中旬発売予定。
舞台は剣と魔術の世界。
魔術士見習いのアルシェは大魔術士の弟子で、
遠い街の酒場で試練を受けるように言われる。

剣と魔術を舞台にしたHなオープンワールド。

ゲームの流れは酒場を軸にしています。一つの街を中心に大陸を冒険します。
酒場のクエストを次々と受けて名声を上げていくことでストーリーの試験を進めます。マルチエンディングです。
売春では名声を代償に高額報酬を得ます。

パーティを組んだりレベルを上げたり装備を買ったり強化してモンスターを倒していきます。
錬金術でアイテムを作って売ったりもします。

ヒロインは初期状態は処女で、HなイベントCGは売春や敗北等のイベントで見れます。回想もありです。
立ち絵やモデルは、装備を外したり油断しているときにモンスターに襲われたりすると変化します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)