陵辱レイプエロゲ「手籠めにされる九人の堕女」体験版感想

手籠めにされる九人の堕女 [Guilty]

Guiltyさんの新作エロゲで、男主人公が村の女の子たちを陵辱していくという内容です。体験版が出てたのでやってみました(なお夜這いする七人の孕女は1,2とも未プレイ)。本編は2014/12/19発売予定で、販売価格7,840円(DMM通販価格)のフルプライス作品です。

体験版ダウンロードはこちら
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ Guilty ≫ 手籠めにされる九人の堕女


主人公が故郷の田舎の村に帰ってきたところから話は始まりました。緑の綺麗な背景画で田舎っぽい雰囲気がうまく出てます。実家に向かう途中で主人公の境遇が語られまして、家(双子の兄)にいろいろ嫌な思いをさせられて恨みを持ってるということです。


実家に着いて女中の由乃から話を聞いていくと、この女も主人公同様に家に恨みがありまして、復讐のため手を結ばないかと言ってきました。


なかなか主人公が承諾せず、女の側から誘う感じでHシーンになりました。


ここは陵辱感は特になく和姦という感じです。いい喘ぎ声でよかったです(CVは杉原茉莉さん)。CG的にもいい半脱ぎHでした。

Hシーン後陵辱作戦が開始で、兄になりすまして村の女たちを犯していくことになりました。本編では兄が帰ってくるまでに陵辱調教が完了できなければバッドエンドになりそうです。とりあえずの期限は1週間ということです(今回の体験版では気にしなくてOKです)。


まずは由乃が付き添って村の案内をしてくれまして、医院では女医とナース(七和雪希)さんが出てきました。女医さんの方は主人公にセクハラしてきて痴女寄り、ナースさんの方は仕事にまじめという雰囲気です。


続いて学園(小さな学校)ではセーラー服女子生徒(月美と美星)が出てきました。エロゲでは結構珍しい、白+紺のオーソドックスなデザインのセーラー服です。双子姉妹で、家で働いてるメイドです。


海岸でサーフィンをしている女(百瀬麻希)が紹介されたあと、


神社では巫女さん(相楽綾音)が出てきました。勘がいいようで変化に気づいたようです(ここでは探り入れられる程度で、ずばっとは指摘されず)。


そのほかには兄の許嫁という女(一ノ瀬果穂)がいました(屋敷の中にいるということでまだ姿は見れず)。寝取り的に面白そうなキャラです。

家に場面が変わって、誰を攻略するかの選択肢が出ました。選択肢は下の名前のみで出るので、顔と名前をここまでに一致させておくといいかと思います。雪希はナース、麻希はサーフィン女、果穂は兄の許嫁、美星は双子メイドの妹の方です。あと体験版の選択肢はここのみなので、選ぶ前にセーブしておくといいです。


果穂を選ぶとあっさり部屋まで行けまして、即エロシーンになりました。兄とどこまで進んでるのか探りを入れながらで、緊張感がうまく出てました。兄はまだ手を出してなかったようです。


兄のフリをして処女レイプです。いい痛がり方で(CVはshizukuさん)、寝取ってる感がうまく出てるHシーンでした。Hシーンが終わると体験版は終わりでタイトルに戻ります(他選択肢も同様)。


雪希を選ぶと脅しのネタの写真が出てきました。話的には数日飛んでまして、本編では間に脅しのネタになるレイプシーンが入ると思われます。


今回の体験版では脅してフェラさせたあと、


無理矢理たっぷり中出しするHシーンが見れました。ナース服半脱ぎのいいエロCGで、声もいい嫌がり方でした(CVは倉下みすじさん)


麻希を選ぶとウェットスーツ姿ではなく制服姿で、兄と信じて疑わないことに苛立ってのHシーンです。


兄の方が何度かナンパしていたということでHシーン前半は和姦気味ですが、次第に行為が乱暴になりました。


激しく犯して中出ししたのに事後はいい雰囲気になってしまい(むしろ激しくて男らしいと好感度が上がった様子)、嫌われ軽蔑されたかった主人公としては複雑な感じです。なりすましという設定をうまく使ったいい展開で、先が気になるキャラでした。


美星を選ぶと姉妹が両方出てきました。本編では月美を犯すシーンがこの間に入るようです。



月美とは未遂に終わったと嘘をついて、月美に手を出されたくなかったら大人しくしろと脅してのHシーンです。乱暴されつつも言葉遣いは敬語で、メイド感がうまく出てました。表情も怯えてる感が出ててよかったです。衣装的にはメイド服の他ピンクの下着も似合ってました。声も真に迫った痛がり方でいい演技でした(CVは星空ユメさん)。

まとめ:
Hシーンが5つ(和姦1 レイプ4)見れまして、内容濃い体験版でした。話的にはわかりやすい設定で、陵辱にいたる経緯がすんなり理解できました。

Hシーンは兄になりすましてる緊張感がうまく表現されてるいいテキストで、声もどの声優さんもいい喘ぎ声でよかったです。本編でどこまで兄のフリをし続けるのかや、どういう終わり方をするのかなど先の展開が気になるいい内容でした。

11/21追記:体験版バージョン2が出てたのでやってみました。始めると即選択肢になりまして、プロローグ/ヒロイン4人から選べます。プロローグは前回の体験版と同じ内容でした。


優雨はセーラー服の女子学生で、ナースの雪希の妹です。うまいこと騙して2人きりになりましたが、走って逃げられてしまいました。追いかけるシーンはいい感じに緊迫感ありました。


最初は勢いよく駆けだした優雨も次第にバテてきまして、主人公が追いついてレイプシーンです。強気に暴れて抵抗していてレイプ感がうまく出てました。乳首を攻めると雰囲気変わって喘ぎ声が出始めまして、艶めかしくていい演技でした(CVはヒマリさん)。


挿入シーンになると必死で抵抗して痛がって、無理矢理感がうまく出ててよかったです。最後はレイプ目顔で、いい表情に描かれてました。


理咲は医院にいる女医です。村人相手にしてる診療風景が描写されたあと、にこやかな表情で相手してくれまして和やかな雰囲気の会話シーンが続きます。他ヒロインと違ってここまでは向こうに主導権ある感じでした。


弱みの糸口がなさそうな感じでしたが、屋敷に戻ると由乃から情報がもらえました。詳しいことは説明なかったですが理咲にとってよほど知られたくない秘密だったようで、狼狽したところを襲いかかって即Hです。


表情や雰囲気がこれまでとはがらっと変わっていい変化具合でした。体位も片足持ち上げての立位Hで、黒パンスト美脚が映えていい体位です。




経験豊富そうな年齢と雰囲気でしたが挿入してみると処女で、中出しを必死で嫌がる様子がよかったです。


綾音(神社の巫女)を選ぶと即レイプシーンです。気丈な表情で、あえてあまり抵抗しないという展開です。このキャラはまだ謎が多い感じでした。


月美は双子のメイドの姉の方です。それなりに好意もたれてる感じですが、優しいご主人様というイメージを壊したい主人公は怖い雰囲気で乱暴に襲いかかります。


月美は押し倒されてもなんとか説得して穏便に済ませようとしてきまして、他キャラと違った抵抗の仕方でした。主人公の双子に対するブラックな感情もうまく表現されてました。

体験版2の感想まとめ:
前回に続いて今回のHシーンも無理矢理感が出ていていい内容でした。今回の中では女医の理咲のHシーンが、日常シーンとがらっと雰囲気変わっててよかったです。

貧しい生活をしていた自分に比べ、裕福な生活をしておきながら更なる富を手に入れようとする兄……。境遇の違いや兄の貪欲さ・傲慢さに腹を立て、断ろうとする雅人だったが、それを止めたのは由乃だった。彼女は久条家と村に恨みがあり、同じ敵を持つ雅人に復讐を持ちかけてきたのだ。

由乃が持ちかけた復讐の内容は、兄になりすまして村の娘たちを好き放題に辱めることにより、許嫁との縁談を破談にし、さらに全ての罪を被せて兄の今後の人生をめちゃくちゃにするというもの。その話を聞いた雅人は、これまで押さえつけてきた感情が溢れ出すのを感じた。

手籠めにされる九人の堕女 [Guilty]

・主な過去作品

夜這いする七人の孕女2

村人たちと交流を深めたり合間を見て遺跡を発掘したりと楽しい日々が続く。だが、そんな楽しさとは別に、雅紀はこの村に来てからひとつ悩みを抱えていた。なぜか、夜な夜な奇妙な夢を見てしまうのだった。‘村で出会った女性たちと、代わる代わる淫らな行為を繰り返す’という夢を――。
ある時は女性から迫られ、ある時は自分から迫っていく……。普段の自分からは信じられないような夢だった。そもそも、あれは本当に夢なんだろうか。夢か現か……。果たして、雅紀を待ち受けている真実とは……?

輪罠(わな)~白濁まみれの放課後~[Guilty]

輪罠(わな)~白濁まみれの放課後~

兄の自殺の真相を探るため男装した女の子が男子校に入学する。しかし性別が一部の男たちにばれてしまい……いつ終わるとも知れない輪姦白濁アドベンチャー

虜姫[Guilty]

虜姫

平穏な日常は唐突に終わりを告げた。無垢な令嬢に科せられた白濁輪姦の刑…。果たして彼女たちはこの地獄から抜け出す事ができるのか。それとも、ただ堕ちていく事しか出来ないのか…

隷嬢キャスター2[Guilty]

隷嬢キャスター2

TV局を舞台とした、ハードでダークな色合いのADV+調教・番組製作SLGです。

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~[Guilty]

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~

現代社会との接点をもたず、この世からも忘れ去られた不気味な村で行われる凄惨な陵辱祭。 村の繁栄の為「そとがみ様」に選ばれた3人の美女、その苦悶の叫びすらも「贄」になる…

夜這いする七人の孕女[Guilty]

夜這いする七人の孕女

いないものと思っていた父が亡くなったという知らせを受け、父の故郷の島へ向かう雅也。そこで、雅也は夜な夜な夢を見るようになる。“毎夜、違う女性がやって来て、淫らに迫ってくる”という夢を──

傀儡女(クグツメ) ~催淫病棟24時~[Guilty]

傀儡女(クグツメ) ~催淫病棟24時~

病室、手術室、ナースステーションで繰り広げられる淫猥な催眠行為。容赦なく女体を蹂躙していく。夜と昼となく繰り広げられる催眠調教が今はじまる——

シェアする

フォローする

モバイルPC