姫騎士が主人公のエロRPG「悲虐の姫騎士セルフィ~闘姫(バトルクイーン)への道~」(ティシュトリ屋)体験版感想

悲虐の姫騎士セルフィ~闘姫(バトルクイーン)への道~

悲虐の姫騎士セルフィ~闘姫(バトルクイーン)への道~ [ティシュトリ屋]

6/5の予告新作で、姫騎士が主人公のエロRPGです(RPGツクールVXACE製)。ジャンルは陵辱、レイプ、触手、アヘ顔、異種姦がついてます。体験版あり、2015年06月上旬発売予定。

追記:6/6に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
ゼフィス王国に住む王モントゴリアン3世の娘
セルフィはなかなか城の外に出してもらえなかった。

姫として過保護に育てられたことの反動で、日々強くなる為に戦闘訓練に精を出していた。
強くなれば一人で戦える。
そう信じて兵士たちと戦闘訓練をする日々が続いていた。


主人公の修行シーンから始まり、城の外に出たくてしょうがない様子が描写されます。会話は簡潔な感じで、比較的すぐに動けるようになりました。


順に話を聞いていくと、右方向の↑の兵士から闘技大会の情報が得られました。


その後フロア左上(自室から出て上)の↑の窓を調べるとイベントが起こりまして、必殺技で破壊して外に脱出できるようになります。


穴から出るとダンジョンのようなところに出ます。怪しい兵士をスルーして右上から先に進もうとしてみましたが、”南で何か音がする”と出て進めませんでした。



やむなく南へ戻って兵士たちに話しかけると、女が犯されてます。女は主人公の兄に嫁いできた姫で、不貞を働いたので罰として犯しているということです。


レイプシーン後、兵士たちと戦闘になります。取り巻きの兵士たちは大した強さではないですが、兵士長が体力あり強いです。勝ちを目指してヒールで粘りましたが、毒ダメージ(解毒アイテムがないため治せない)が地味に痛く次第に押され負けてやられてしまいました。



主人公たちが犯されたあと兵士はいなくなり、2人で旅をすることになります。



右上から外へと出ると草原のようなところで、ここから先はザコ敵が結構いました(シンボルエンカウント)。二人とも攻撃力が結構あり、オートで楽に倒せました。



南へと進んでいくと町にたどり着きます。町の南に行くと会話イベントが起こり、闘技大会に出たいというキャラが次々出てきました。


道具屋があったので品揃えを見てみましたが、毒消しは売ってませんでした(高額なエリクサー的アイテムはありました)。なるべく毒を食らわないようにしながら進むしかなさそうです。


町の南から外に出て先へと進みます。森ではクモが出まして、経験値は2体で600と多めです。順に倒していくとどんどんレベルが上がりました。なおこの先体験版ではボスはいなかったので、面倒な場合は適当に逃げながら進んでしまってOKです。


森を進んでいくと、町にいた女が待ち伏せてます。あからさまに怪しいですが、他に道がないので通らざるを得ません。



○地点に踏み込むと、ウナギヘビが襲ってきまして異種姦エロシーンになります(エロシーン後戦闘あり、クモより弱いので楽に勝てます)。


崖なところに出たらロープを伝って下へと降りていき、



○の地点で忍者っぽい男二人と遭遇したところで体験版は終了です(タイトル画面に自動的に戻る)。プレイ時間は約20分でした。

まとめ:
ストーリー的には、わかりやすい設定ですんなり理解できました。会話もテンポよくさくさく進みました。キャラの移動速度も問題なかったです(シフトキーで減速する形式)。

ゲームバランス的には、ザコ敵が弱めでレベルもさくさく上がり簡単めでした。一方ボスの兵士長は(勝てる敵かどうか不明ですが)しっかり強く、敗北Hシーンに説得力がありました。

エロシーンは兵士に敗北してのレイプと、森でウナギヘビに襲われる異種姦シーンが見れました。いずれもいいエロCGで、テキストも悪くなかったです。

悲虐の姫騎士セルフィ~闘姫(バトルクイーン)への道~

悲虐の姫騎士セルフィ~闘姫(バトルクイーン)への道~ [ティシュトリ屋]


・過去作品
蟲狩師(むしかりし)

蟲狩師(むしかりし)

歴史に名を残すこともない蟲狩師達。女を蟲の餌(生殖道具)にし、その間に蟲を退治する。新人の蟲狩師が一人前になっていく物語です。

純愛だと思った!?残念!凌辱メモリアルだぜ!

純愛だと思った!?残念!凌辱メモリアルだぜ!

冒険をしながらヒロインの信頼を勝ち取り、好きにさせます。好きにさせた後は容赦なく裏切って心身ともに凌辱するRPGです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)