Lump of Sugarさんの新作エロゲ「恋想リレーション」体験版感想

恋想リレーション [Lump of Sugar]

Lump of Sugarさんの新作エロゲで、学園ものの作品です。体験版が公開になってたのでプレイしてみました。本編は5/29発売予定です。


冒頭部は何が起こってるのかよくわからず困惑してしまいましたが、しばらく読み進めると場面が変わりまして、主人公がやってる恋愛ゲームでした。


男?友達(沢村涼)から電話がかかってきまして、合格発表に向かいます。


1Fでは貧乳で可愛い妹(いとこ)が出てきました。


町並みはあまり日本っぽくなく、西洋風という感じです。途中ファミレスをのぞき込む、暖かそうなコート姿の女の子がいました(志望校には結局落ちてました)。




帰宅途中で先ほどの女の子と偶然遭遇し、隣のアパートに越してきたということで夕食を一緒に食べます。こちらの子は割と巨乳でした。



私立の二次募集を受けることになりましてさすがに受かるだろうと思いましたが、こちらも全滅でした。


どうしようかと悩んでいると担任から電話がかかってきまして、推薦枠が一つ空いたとのことです。面接を受けることになりました。



学園に着くと、トイレ前で女の子と遭遇しました。ここで変わったシステムが出てきまして、変態ワードを拾って活用できるということです(画面右端を左クリックするとストックされてるワードが出ます)。



なおフローチャートシステムで好きなところに飛べるので、選択肢前でセーブし忘れても問題なしです。

あとで気づきましたが、ワードの取得状況によって選択肢が変わるようです。ここの場合、ワード”おしっこ”を持った状態で選択肢に入ると、右が”しめやかに失禁”に変わりました。


ワードを消したい場合は、ワードの右にある×印を押せばOKです。



このヒロインの制服+白手袋はなかなか珍しい組み合わせでした。(追記:この時はさらっと読んでしまいましたが、手袋はめてない素手な手を引く場面は物語上重要なシーンでした)


面接シーンは簡単に描写されまして、無事合格することができました。友人たちがお祝いしてくれるということでパーティの準備に取りかかります。


外に出ますと先日の女の子と出くわし、一緒に買い物に行くことになりました。


買い物後レストランでハンバーグをごちそうすると涙を流して感動してくれまして、このヒロインは食欲旺盛系キャラのようです。食べ物もおいしそうに描かれてました。


続いて駄菓子屋がやっているのを見つけて立ち寄ります。陽葵と子供たちとのフレンドリーな様子が描写されました。



夜に催されたパーティは駄菓子祭りになり、先輩がおっぱい?をプレゼントしてくれます。涼が着けたら面白そうでしたが全力で拒否されてしまいました。


窓で試していると隣から声をかけられまして、↑のようにシュールな絵でした。


翌日から学校生活が始まります。登校しようとすると選択肢が出まして、


“バンツ!”を選ぶと



ノーパンなお色気イベントが見られます。



帰宅するといとこから電話がかかってきまして、夕食を一緒にとったあと、リアルタイムSLGだと思われるゲームで楽しく遊ぶシーンがありました。


翌日はアリサに頼まれ、唯華を探し回ります。


主人公の予想通り中庭にいまして、唯華の学園での状況がここで結構詳しく説明されました。




続いて身体測定が間近になり、胸サイズについてのトークがいろいろ聞けます。


身体測定当日になると、陽葵が無理なダイエットをしていたようでレイプ目気味です。


測定が終わったところで倒れてしまい、主人公が慌てて助けに向かいます。


保健室に場面が変わり、陽葵の様子を見ていると、


唯華がなぜか入ってきました。


バレないように息を潜めるものの途中で気づかれてしまい、


他の人に触れられたくない(触れるとどうなるかは説明なし)体質だということです。


ここで序盤に面接に行ったときのことが語られ、主人公には触れられても何ともなかったことが明かされました。バスト88cmはおかしいということになり、主人公が測定することになります。



測定シーンは少しずつ脱いでいく様子がうまく表現されていて、緊張感もうまく出てました。測定が終わると体験版は終わりです。

タイトルに戻り、”Hシーンを見る”を選ぶと唯華との初Hシーンが見れました(体験版で見られるのはこの1シーンのみ)。




衣装的には制服を着ている時間が長く、白手袋も最後まで着けたままでいい着衣Hでした。

まとめ:
キャラ的には、唯華がいい感じに知的博識クールでよかったです。ビジュアル的にも性格とうまくマッチしてました。他キャラでは、涼が本当に男なのか気になるところでした。

ストーリー・展開的にはさくさくテンポよく進みました。テキスト量は結構ボリュームありましたが、飛ばしたくなるシーンは特になしでした(プレイ時間は約2時間)。戻って読み返したい場合もフローチャートが使いやすく、快適に読み返せました。

エロ的には、ラストの身体測定のシーンがお互いの緊張感がうまく出ていてよかったです。Hシーンも初々しい初Hという感じで、テキスト・ボイス・絵ともいいHシーンでした。

関連記事:
ももいろゆうぎ  エロゲ・同人ゲー感想 まとめ : 【体験版】Lump of Sugar「恋想リレーション」感想 まとめ
「恋想リレーション」 体験版 あらすじ・感想 – こばとの独り言
恋想リレーション 発売前 or 未評価 ErogameScape -エロゲー批評空間-
恋想リレーション 体験版 : GOING☆MY WAY
Lump of Sugarさん 『恋想リレーション』 体験版 感想 : かわしまのブログ livedoor版
恋想リレーション 体験版個人的感想 – 飽き性個人的ゲーム感想

5/1追加:
体験版2.0が追加されてたので早速プレイしてみました。健康診断のシーンまでは体験版1.0とほぼ同様(多少キーワードが増えてる模様)です。


健康診断が終わると、由羽子に水着の買い物に誘われます。


選択肢で”もう一眠り”を選ぶと唯華との会話(妄想)が見れました。


水着の買い物は選ぶのみで、水着姿は体験版ではなしでした。


帰り道で唯華と遭遇し、由羽子と唯華が初対面します。由羽子は緊張気味でした。


ナスを買うシーンは手コキっぽい構図で、セリフも狙ってる感じです。


学園に場面が変わり、小テストで主人公が0点を取ってしまい、


勉強会をする事になります。最初は陽葵だけでしたが、アリサと唯華も加わる事になりました。



おっぱいにスマホなシーンがあったあと、


唯華の可愛いシーンがありました。


テストは無事終わり、次は駄菓子屋のシーンです。子供たちとメンコなどでふれあう姿が描写されました。



季節が進んで夏が近づき衣替えで、ここから制服が夏服に替わりました。


スポーツテストということでいろいろ測定をしていきます。ジャンプ系競技では乳揺れ具合が描写されました。


形的には唯華がいい着衣乳でした。


午後の持久走では唯華と勝負する事になりました。


女子は本来なら距離が短いんですが、それは対等ではないと唯華も同じ距離を走ります。


主人公はかなり体力ないようで、


唯華についていけず次第に意識が飛んでいき、妄想シーンに変わります。



再度立ち上がってゴールするところで体験版は終了です。

2.0まとめ:
エロ的には数回お色気シーンがある程度で、絡みなどのエロシーンはなしでした。キャラクターの個性がよりわかる内容になってました。

恋想リレーション [Lump of Sugar]

・主な過去作品

Magical Charming!

オリエッタの理不尽な要求を受け、律は知る人ぞ知る名門の女子校へと編入する。
その名は『ウィズレー魔法学院』。
全世界に散開する魔法使いを集めた、魔法学校だ。
そもそも魔法というのは、女性のみが扱える能力である。
魔法は影響力の強い力なので、それを乱用、悪用しないよう、
魔法使いは総じてこの学校でしっかりと教育を受けるルールなのだという。
よって、この学園は魔法を制御、抑制、あわよくば使用不可にさせ、
一般社会の常識で問題が起きないようにする為に存在していた。
そこに現れた男の魔法使い。
当然、学園でも注目の的だ。
こうして彼は、自分が魔法使いになった原因を探りつつ、
ドキドキハラハラなハーレム学園ライフを満喫するのであった。

学☆王 -THE ROYAL SEVEN STARS-

主人公の大陸(ひろと)は、地球より離れた小惑星ファーデンフルスにあるエレウタリア王国の王子。
だが、王位継承権の順位も低く、いずれ王族からも離れなければならない立場にあった。
そんな彼が憧れていたのは、年相応の学園生活。
退屈な王宮暮らしから逃れたい大陸は、地球への留学を強く望んでいた。
大陸の想いを汲み、実母である女王陛下は進学を認める。
但し、とある難解な条件を課して。

PrismRhythm -プリズムリズム-

爺さんがもう一度見たいと憧れ続けた妖精、
そんなものが本当にあの森にいるのか?
俺はずっと確かめてやりたいと思っていた。
そのチャンスが巡ってきたのは、
アイレの街が大いに賑わう「アルガロ・デ・モンド祭」。
大樹「スプリングスノー」の開花によって空が白く染め上げる夜。
俺は一人、森の中へと忍び込んだんだ──

いつか、届く、あの空に。

──この街には、決して越えられない「雲」がある。
ずっとずっと、夜空の輝きを遮ってきた雲がある。
だから、星空が遠すぎて。
小さな願いは、いつしか大きな憧れへと変わっていった。

シェアする

フォローする

モバイルPC