タワーディフェンスゲーム「タワー&スピリッツ」(サンストライクソフト)体験版感想

タワー&スピリッツ

タワー&スピリッツ [サンストライクソフト]

8/29発売の新作で、リアルタイムのタワーディフェンスゲーム(リアルタイムシミュレーションゲーム)です。

DLSite販売ページ 1,512円、42ポイント還元
DMM 販売なし
敵の拠点(マナストーン)を破壊することが目的のRTSです。
タワーを建てて拠点を守り、ユニットを送り込んで敵陣を攻撃します。
女の子(スピリット)は戦闘中に得た経験値や装備品で
ステータスをアップグレードすることができます。
傷ついたスピリットにはマナ注入棒を挿入しHPを回復してあげましょう。
倒した敵のスピリットを自陣まで持ち帰ることができれば
味方として出撃させることができるようになります。
逆に味方のスピリットが倒され連れ去られてしまうと・・・。


体験版感想です。”ゲームスタート”を押すと即戦闘開始で敵が目の前まで来てるので、Readmeをある程度読んでから始めるのが無難です。味方ユニットの出し方としては、10体20体と一気に大量に出して押し返すのがいいです(1体2体と少数を出してもすぐやられてしまう)。

マナストーン(拠点)はかなりHPあるので、最序盤に多少殴られても問題ないです。ユニットは結構すぐ死んでしまいますが、召還した数に応じてどんどん回復量が増えていくので気にせずどんどん出していきます。あとスペースキーでポーズができるので、ユニットのステータスを上げる時や作戦考える時などに使うといいです。


敵の撃退と平行してタワーを建てていきますが、建設員は非常に弱い(HPが10しかなく1発で即死)ので、兵士と同時か少し遅れて出すといいです(兵士を出すのが早すぎると建設員が前線到着した時には兵士が死んでいて、建設員がぼこぼこにやられてしまう)。味方マナストーン(クリスタル)周辺にタワーを3つ程度建てるのに成功するとだいぶ楽になります。


タワーの配置は、あまり固めて置くと兵士の移動に支障が出るので、↑のように1マス空けて置いていくといいかと思います。


そんな感じでどんどん召還しながら進めていくと、動きがカクカクスローになっていわゆる処理落ち状態になりました。だいたいユニット数が100くらいになると起こる感じでした(1280*768、Fantastic プレイしたPCのCPUはi5 2500K)。できれば少数でのんびり侵略を進めたいところですが、敵がガンガン絶え間なくユニットを出してくるのでこちらも対応して絶え間なく出す必要があります(優勢に見えても、ちょっと召還の手を休めるといつのまにか全滅している)。


↑のようにタワーの建設が進んでいくと、敵が本拠まで来ることはまずなくなって安定して戦いを進められます。ここまで来ると敵は味方出し過ぎによる処理落ちです。召還時にステータス4種類を上げられる(=そのぶんコストも上がる)ので、これを使って画面上のユニット数を減らすと処理落ちが起こりにくくなります。


ラストの敵本拠攻めではゴーレム(タワーにダメージ大)が有効です。ステージクリアで体験版は終了です。


このゲームにはユニットの他にスピリットもいます。このユニットはレベルがあって、死んでも復活させられます(スケルトンを出すと死体回収してくれる)。が、味方スピリットの死体回収は敵もできまして、回収されてしまうと悪堕ちして敵ユニットとして活躍することになります。敵は瀕死になるとうまいこと退却してしまう+どんどんHP上がって強くなっていくため、一度敵勢力になってしまうと味方に引き戻すのは困難でした。プレイに慣れてきたら味方スピリットが敵に捕まらないようにプレイする(死ぬ前に早めに退却させる、孤立しないように注意するなど)と面白そうです。


何回かのプレイの末、敵スピリットを味方にすることに成功しました(画面左の引きずってるのが敵スピリット)。せっかく仲間にしたので運用したかったんですが、敵陣まで押し込むために味方を出し過ぎたため勢い余って敵マナストーンを壊してしまいました。なかなか奥が深いです。

味方スピリットの悪堕ちを防ぐには、出撃前に”回復”させて(HP満タンでも回復が可能、そのまま回復状態で放置しておくとどんどん支配度が上がっていく)から出撃させると敵のレイプ所要時間が長くなって(味方にするには支配度を0まで下げる必要あり)救出成功の可能性が上がります。20程度あるとだいたい平気でした。

まとめ:
大量のユニットが戦う雰囲気がうまく出てまして、ゲームシステムの方もすんなり理解できました。味方ユニットが敵に寝取られたり、敵ユニットを寝取ったりできるのは斬新で面白いシステムでした。ゲームスピードに慣れてスピリットの運用をうまくできるようになると面白く遊べそうです。

(9/1追加)
作者ブログに記事が出てました。どうやらPCスペックによってゲーム進行スピードが変わってしまうようです。
サンストライクソフトのBlog : タワー&スピリッツ 公開されました!

自分のPC(i5 2500K、RadeonHD6800)の場合は通常時はゲーム進行が速すぎて慌ただしく、処理落ち時は重い印象でした。早送りやスローなどスピード調整機能が追加されるとプレイしやすくなりそうです(作者ブログでは”進行のスピードをある程度プレイヤーがコントロールできるようにしたいです”となってました)。他には、敵に犯され中や寝取られた時に何かセリフ出るなどがあると面白くなりそうです。

タワー&スピリッツタワー&スピリッツタワー&スピリッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)