アリバイさんの新作「エスケープ ~香織と悪霊の館~」体験版感想

エスケープ ~香織と悪霊の館~

エスケープ ~香織と悪霊の館~ [アリバイ]

4/21の予告新作で、女子校生が主人公の脱出ものゲームです。体験版あり、2015年04月下旬発売予定。

追記:4/26に発売になりました。
DLSite販売ページ 756円、70ポイント還元(5/11まで)
DMM販売ページ 756円
夏休み最後に友達と肝試しに行く事になったかおり。
噂の幽霊屋敷は本物の悪霊の溜まり場とは誰も予想できなかった。
気づくとみんな居なくなり、自分も閉じ込められたかおり。
外へ逃げだすため、一人ぼっちで助けが無い少女の冒険が始める。


体験版感想です。冒頭部は会話で、肝試しにこの幽霊屋敷に来た様子が描写されます。帰ってこなくなったメンバーをリーダー格の男が探しに行って、主人公が一人残されます。

会話が終わると動けるようになります。方向キーで移動(ダッシュ機能はない模様)、エンターキーかZキーで調べられます。ESCキーでメニューが出ますが、セーブ機能はないようでした。



少し進むとヒント風のメッセージがありまして、鏡がなにか鍵になっているようです。



さらに進んでいくと鏡が2つ並んでまして、タイミングによっては触手が出てきて捕まってしまいます(左右キー連打で離脱)。なお何も映ってない真っ黒なタイミングで前を通れば捕まらないようでした。


鏡を通過した先は、それ以上右へは行きませんで行き止まりです。このあと戻って怪しいところ(壁のヒビなど)を調べましたが進展なしでした(体験版はこれで終わりな可能性もあり)。プレイ時間は約5分です。

まとめ:
ゲームの設定についてはシンプルで、すんなり理解できました。テキストについては、日本語が多少怪しいところもありましたが、会話の意味は問題なく理解できました。

謎解きはこれで体験版終わりか不明ですが、とりあえず鏡の箇所は比較的簡単に進めました。ジャンルについてはここまでの範囲では敵は出てこず(鏡の中の触手に襲われてのレバガチャのみ)、アクションというよりはアドベンチャーという印象でした。

エスケープ ~香織と悪霊の館~エスケープ ~香織と悪霊の館~

・過去作品
僕の教会

僕の教会

管理人として、訪問者の嘘を見抜き、知恵を駆使して教会を守る。 そのほか、薬剤を使ってイベントを発生させよう!

感染都市-十二日の生存者‐

感染都市-十二日の生存者‐

マップを探索し、食べ物やアイテムを探す。 生存を維持すると同時にヒロインを見つけて、攻略する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)