あかべぇそふとつぅさんの新作エロゲ「ぼくの一人戦争」体験版感想


ぼくの一人戦争 [あかべぇそふとつぅ]

あかべぇそふとつぅさんの新作です。今作のスタッフは原画:有葉さん、シナリオ:るーすぼーいさんです。体験版が出てたのでやってみました(なお当方るーすぼーいさん作品は未プレイ)。製品版は2015/02/27発売予定で、販売価格6,609円のフルプライス作品です。

体験版ダウンロードはこちら
[Holyseal ~聖封~] ミラー/転載 ≫ あかべぇそふと つぅ ≫ ぼくの一人戦争
ぼくの一人戦争 初回限定版(あかべぇそふとつぅ) (18禁) [ゲーム] – Getchu.com


ゲームを始めてまず目を引くのは縦書き表示です。地の文が結構多め+エロゲでは珍しい三人称視点で、紙の小説を読んでるような感覚がありました(なおバックログは普通に横書き表示です)。




読み進めていくと女子キャラや、金髪ギャルの先生が出てきました。


学園生活や海岸でのバーベキューなど日常シーンが描写されまして、(追記:このあたりで一度セーブしておくといいです)



回想に続いて重めなシーンがありまして、今回の体験版は終わりです。選択肢やHシーンはなしでした。

作品説明を読むと学園を襲う”敵”とのバトルがメインのようですが、今回の体験版ではバトルシーンはなしでした。なお体験版第二弾が来年1/15公開予定ということです。

まとめ:
雰囲気的には終始シリアスな感じで、コメディ感はなしでした。BGMや背景が話とうまく合っていて、いい雰囲気が出てましてよかったです。縦書き表示は最初は驚きましたが、しばらく読んでるうちに慣れまして問題なかったです。話については1周目はよくわからないうちに終わってしまいましたが、2周目をやるとだいぶ理解できました。

関連記事:
それは最後の一人を作らないようにするための心優しい戦争 るーす&有葉コンビが送る、あかべぇそふとつぅ「ぼくの一人戦争」の感想 – それなんてえrg`・ω・´)
ぼくの一人戦争 発売前 or 未評価 ErogameScape -エロゲー批評空間-
「最後の独りになるまで、このゲームは終わらない」
恋人の犬塚るみが、抜き身の日本刀を振って、そう言った。
ある穏やかな春の日、里見栄治が知っている海辺の田舎町は世界を一変させた。

通い慣れた学園には暴力的な緊張が張り詰め、
悪意をもった‘敵’の姿は目に見えず、しかし確実に迫ってくる。

少年少女たちは大切なものを守るため、
それぞれに武器を手に取った。
それは、最後の一人を作らないようにするための、
心優しい戦いだった。
極限の運命にもてあそばれた二人を描いた、感動のヒューマンドラマ。

・関連作品

G線上の魔王

主人公・浅井京介は、学園に通うかたわら、養父のビジネスを手伝って、 存外な大金を動かしていた。 倣岸な養父に影響を受けた彼は、才能を余すところなく発揮して、 ついには有名企業のブレインとしての顔を持つようになっていた。 けれど、彼は普段はクラシックを愛するひょうきんで明るい青年である。 クラスメイトの椿姫と義理の妹の花音、親友の栄一に囲まれながら、 楽しい学園生活を送っている。

そんな京介の平凡な日常にも、危機が迫っていた。 花音の出場するフィギュアスケートの全国大会が脅迫され、 椿姫はずっと守ってきた住居から立ち退かされる。 学園では謎の集団が人質を取って立て篭り、 市内でも裕福層の子供たちが次々と失踪していく。 一連の事件はすべて、地下都市を根城とする’魔王’の仕業だという。


車輪の国、向日葵の少女

初夏。 罪を犯すと『特別な義務』を負わされる社会。 罪人を更正指導する『特別高等人』という職業を目指す主人公・森田賢一は、その最終試験のため、とある田舎町を訪れる。 『1日が12時間しかない』、『大人になれない』などといった義務を負う少女たちと学園生活を送るが、『恋愛できない』少女・夏咲と出会ってから、賢一の歯車が狂いだす。 崖にひっそりと建てられた自分の墓、 山間洞窟に隠された父親の遺産が次々と賢一を追い詰めた。 贖罪を問われることになった男が見た、車輪の国の真実とは……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)