WitchFlame」タグアーカイブ

催眠ものエロゲ「独占催眠 私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」(WitchFlame)体験版感想

独占催眠 「私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」
独占催眠 「私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」 [WitchFlame]
WitchFlameさんの新作エロゲ(ノベルゲーム)で、男主人公・催眠もの作品です。体験版では冬音に命令されて鈴香にオナニーさせるに至る冒頭部分(鈴香のオナニーと冬音のフェラチオあり)と、終わりにエロシーン2つが見れました。本編は2018/02/23発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
独占催眠 「私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」
ある日、転入生でクラスメイトの淵上 冬音(ふちがみ ふゆね)に取引きを持ちかけられた主人公、神薙 皇也(かんなぎ こうや) 同じくクラスメイトである「三雲 鈴香(みくも すずか)を汚してほしい、代わりに、嫌だけど自分の身体を好きにして構わない」と言う。

清楚なはずの女子が大股開きして誘惑


いきなりエロシーンからスタートし、清純清楚なはずの鈴香が大股開きで主人公を誘ってきます。本人の意思ではなく、主人公による催眠術でこうなっているという状況です。主人公に見せつけながら指オナしてきまして、淫ら具合がうまく表現されてます。


時間遡り、どうしてこうなったかが語られます。冬音は転校生ですが、まずは機をうかがっている様子で事件は何も起こらず。数ヶ月後、主人公が冬音に声をかけられて命令口調で呼び出され、話が動き出します。


待ち合わせ場所に行くと、三雲鈴香(清楚系なクラスメイト)を犯すよういきなり命令され、当然ながら主人公は拒否します。やってくれたら私を好きにしていいと言われますが、理性が働いて主人公はレイプすることを拒絶…するつもりでしたが、なぜか口が勝手に動いて承諾してしまいました。 主人公はヤケに察しがよく、この女、催眠術が使えるのではと即気づきます(気づいた理由は次のエロシーンで語られ、主人公も能力待ちなためすぐに気づけました)。動揺を隠して笑顔を見せ、いつかこの女より優位に立ってやると誓います(ここまで回想)。 続きを読む