悪堕ち」タグアーカイブ

女主人公エロRPG「没落令嬢-ボツラクレイジョウ-」(ONEONE1)製品版感想


没落令嬢-ボツラクレイジョウ-
12/1発売の新作で、借金を抱える女貴族が依頼をこなしていくという作品です(RPGツクールVX Ace製)。悪墜ちルートが面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,555円(20%OFFキャンペーン価格)
デジケット販売ページ 1,854円、270ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「没落令嬢-ボツラクレイジョウ-」(ONEONE1)体験版感想
◆ 初体験の相手は数種類 ◆
初体験の相手は人間の場合やモンスターの場合もあります。
シチュエーションも好きな人と結ばれたり、敗北して無理矢理奪われる、売られるなどなど
様々なシチュエーションがあります。
※処女のまま、最後の最後までプレイすることも可能です!

◆ 3ルート&8エンディング ◆
ルートごとにそれぞれ特色があります。

◇通常ルート
真夜中のノーパン散歩や全裸露出、男湯に侵入露出、下着売りなどの
サブイベントがあります。

◇奴隷娼婦ルート
クエストをこなしていくだけでなく、娼婦として娼館で働くことが可能です!
全裸での強制露出などがあります。

◇悪墜ちルート
悪墜ち状態では、気に食わないNPCを自由に殺す事が可能になります。

開始前に付属のフローチャートを見ながら作戦を立て、まずは悪墜ちルートを狙っていくことにしました。


悪墜ちルートに行くにはChapter2・3を奴隷娼婦ルートで進み、Chapter3終わりで殺人数10以上が必要でした。10人殺害は結構ぎりぎりで(複数箇所ミスするとアウト)、うっかり善人な選択肢を選ばないようにご注意ください。なお現在の殺人数はステータス画面で確認できます。

・Chapter1
奴隷娼婦ルートに行きたい場合、フィオーネの館に行く前に買い物しまくって持ち金を5000G以下まで減らしておく必要がありました。この先回復アイテムはほぼ使わなかったので、テレポートストーンを買いだめしておくのがちょうどいいと思います。

・Chapter2 奴隷娼婦ルート

借金を返せないとオークションにかけられ、100万で落札されて性奴隷にされてしまいます(このルートはここで処女喪失)。

続きを読む

女主人公エロRPG「没落令嬢-ボツラクレイジョウ-」(ONEONE1)体験版感想


没落令嬢-ボツラクレイジョウ- [ONEONE1]

11/27の予告新作で、銃使いの女貴族が借金を返すために依頼をこなしていくという話です(RPGツクールVX Ace製)。体験版あり、2016年11月下旬発売予定。

追記:12/1に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,555円(20%OFFキャンペーン価格)
デジケット販売ページ 1,854円、270ポイント還元
◇通常ルート
真夜中のノーパン散歩や全裸露出、男湯に侵入露出、下着売りなどの
サブイベントがあります。

◇奴隷娼婦ルート
クエストをこなしていくだけでなく、娼婦として娼館で働くことが可能です!
全裸での強制露出などがあります。

◇悪墜ちルート
悪墜ち状態では、気に食わないNPCを自由に殺す事が可能になります。


最初に難易度設定があり、ノーマルとイージーから選べます。今回はイージーを選択しました。なお今作もわかりやすいフローチャートが付属していたので、それを参考にしてプレイしました。



オープニングでは主人公についての説明が一通りあり、銃使いというなかなか珍しい設定でした。借金を返すために依頼を受けて金を稼ぐ日々という状況です。

続きを読む

女主人公エロRPG「花開く魔種」(ハソユア)製品版感想

花開く魔種

花開く魔種 [ハソユア]

11/12発売の新作で、女シスターが主人公の異種姦・触手ものです。うまくまとまった内容で、絵も好みでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)

体験版感想はこちら
触手陵辱エロRPG「花開く魔種」(ハソユア)体験版感想
水の街として有名だったソムデンは、ある日から水源の洞窟から瘴気が発生するようになった。
土地は汚染され、街の半分は荒廃しきって盗賊と変わらないような人間が我が物顔で歩く有様。
人々を看護していた教会の神父達も、魔物に襲われ行方不明に。
救援として派遣されたシスターである主人公もまた、ソムデンに向かう途中で魔物に襲われてしまう。

なんとか助かった主人公だったが、魔物に犯された彼女の頭には謎の花が咲いていた。
神父達の救助と花の調査のため、主人公は水源の洞窟を探索していく……

最初の設定は、”詳細まで自分で決定する” → 難易度ベリーイージー(体験版で選んだイージーが意外と難しかったので)を選択しました。戦闘の演出設定はあとで変更できるので、適当に決めてしまって問題なしです。

本作は”汚染度”がカギになりました。特に気にせず進めていくと汚染度が上がりすぎてしまい、頑張ってラスボスを倒してもバッドエンドでもう1周頭からやるハメになる確率が高いです。1周のみで終わらせたい場合は、汚染度が極力上がらないように注意しながら進めるのがいいかと思います。

現在の汚染度はスキル→特技で大まかに確認でき、疼く種→芽吹く種→生い茂る魔葉→花開く魔種の順で汚染が進行していきます(”花開く魔種”まで行ってしまうとバッドエンド確定)。


序盤は体験版と同様に進めていき、比較的短時間でボスのスライムを倒すところまで行けました(CTRLキーでメッセージスキップができます)。

ザコから経験値は得られませんが、お金は得られました。装備や回復アイテムなど、お金がいろいろに必要でしたので、装備が揃っていない序盤は逃げずに倒していくのがいいかと思います。今回はまずは黒鉄の棒、おまもり、マジックリボン、安らぎのお札を購入しました。



なお店はスラム街にもあり、こちらの方がいい品を扱ってます。

続きを読む

触手陵辱エロRPG「花開く魔種」(ハソユア)体験版感想

花開く魔種

花開く魔種 [ハソユア]

10/4の予告新作で、「侵胎迷宮を抜けて」のサークルさんの第二作目です(RPGツクールVXAce製)。今作も触手メインな異種姦ものです。体験版あり、2016年11月上旬発売予定。

追記:11/12に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
水の街として有名だったソムデンは、ある日から水源の洞窟から瘴気が発生するようになった。
土地は汚染され、街の半分は荒廃しきって盗賊と変わらないような人間が我が物顔で歩く有様。
人々を看護していた教会の神父達も、魔物に襲われ行方不明に。
救援として派遣されたシスターである主人公もまた、ソムデンに向かう途中で魔物に襲われてしまう。

なんとか助かった主人公だったが、魔物に犯された彼女の頭には謎の花が咲いていた。
神父達の救助と花の調査のため、主人公は水源の洞窟を探索していく……


最初に難易度設定などがありました。難易度はベリーイージー~ハードの4段階です。今回はイージーを選択しましたが、実際やってみたところイージーでもそれほど簡単ではなかったです。(説明だとベリーイージーは簡単すぎるということですが)自信ない場合やさくっとクリアしたい場合はベリーイージーでもいいかと思います。

ほかにゲームオーバーの有無も設定できました。ありだと汚染上昇時にステータスアップするものの、汚染が上がりすぎるとゲームオーバーになってしまいます。今回はゲームオーバーなしでプレイしました。細かく設定できてありがたい初期設定でした。


オープニングはスキップ可能です(スキップした場合でも、エロシーンは回想部屋で閲覧可能)。主人公はシスターで、兵士たちとともに増援に向かう旅をしていると、触手モンスターに襲われます。



最初の戦闘ではエロ攻撃について一通り説明があります。手短でわかりやすい説明でした。

続きを読む

すごろくゲーム「淫魔化すごろく」(コラプト)体験版感想

淫魔化すごろく

淫魔化すごろく [コラプト]

9/1発売の新作で、互いに妨害したりしながらゴールを目指す双六ゲームです(RPGツクールXP製)。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM販売ページ 1,620円
女体化・淫魔化の要素を含む、一人用のすごろくゲームです。
8人のキャラクター達が女体化、淫魔化していきながら優勝を争います。


最初にキャラ選択があります。今回はまずは女魔術師のイリーナを選択しました。キャラによって持っているスキルが違い、このキャラは他プレイヤーを足止めできる”ファイアーボール”と、他プレイヤーの性欲を上げられる”チャーム”を持ってます(性欲は一定値たまってしまうと絶頂し、1ターン程度動けなくなります)。なお女キャラは淫魔化するのみ(=性転換はしない)なので、女体化が見たい場合は男キャラを選んでおくといいです。


主催者からゲーム説明があり、数値いくつで女体化・淫魔化するか教えてもらえました。男は200で女体化・500で淫魔化、女は300で淫魔化です。


話が終わると待合室に場面が変わります。ここでは買い物ができました。どれもそれぞれ特徴があり、どう使いこなすかが重要そうです。なおアイテムはステージ中でも手に入りました。

続きを読む