タグ別アーカイブ: 催眠

女主人公エロRPG「リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~」(ましまるソフト)製品版感想

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~ [ましまるソフト]

12/30発売の新作で、主人公の女騎士がはぐれてしまった味方との合流を目指すという話です。丁寧に作られていて、ほのぼのコミカルな雰囲気もよかったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM 販売なし

体験版感想はこちら
ましまるソフトさんの新作エロRPG「リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~」体験版感想
【プラチナのヴァルキュリア】であり
【南方の綺羅星】であり【聖盾の騎士】である
少女の名前はリント=フフルピエッザ。

彼女の率いる【戦部隊:白銀の矛】の輝かしい戦績
「生きた神話か伝説か」というほどの英雄譚。

人々を賑わせるそんな彼女の実像は
世間知らずで子供っぽくて甘えたがり。
不意に心が動けば直ぐに涙を浮かべる少し残念なお嬢さま。

しかし――涙で瞳を潤ませながら
真っ直ぐな優しさを胸に抱き、健気に生きるお嬢さまでした。


オープニングで回復隊がいるうちにレベルをいくつか上げておくと、あとが少し楽になります。今回はここでLV5まで上げておきました。



体験版と同様に進めていき、借金取りを追い返したあと、採取の護衛を頼まれ森へ向かいます。花は結局見つからず、家に戻ります。


次に何をすればいいかは心象庭園で確認するのがわかりやすかったです。スラワー平原へ、花を探しに向かいます。

続きを読む

ましまるソフトさんの新作エロRPG「リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~」体験版感想

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~

リント・ルクローズ ~聖盾の騎士~ [ましまるソフト]

2015/7/16の予告新作で、「シズミルク ルシマ島の女神」(2014年6月発売)のサークルさんの新作です。今回は女騎士が主人公の話です。体験版あり、2015年10月下旬2016年12月下旬発売予定。

追記:2016/12/30に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM 販売なし
彼女の率いる【戦部隊:白銀の矛】の輝かしい戦績
「生きた神話か伝説か」というほどの英雄譚。

人々を賑わせるそんな彼女の実像は
世間知らずで子供っぽくて甘えたがり。
不意に心が動けば直ぐに涙を浮かべる少し残念なお嬢さま。

しかし――涙で瞳を潤ませながら
真っ直ぐな優しさを胸に抱き、健気に生きるお嬢さまでした。


父との思い出などが語られたあと、お供の兵士たちと一緒に旅をする様子が描写されます。


主人公は実際は若干天然・世間知らずという感じですが、色々脚色されて伝えられた結果、民衆の印象的には完璧超人ということになってます。



読み進めていくと戦闘が随時ありまして、弱点などのシステムなどがわかりやすく解説されました。攻撃は打撃・法撃・斬撃の3種類あり、敵ごとにどれかひとつが弱点になってます。火・水・木などのよくある属性パターンとは違ってどれが弱点かは敵の見た目ではわからず、一発殴ってみないとわからないのが少し不便でした。

・敵の弱点
ジュモー(木):打撃
コーモ(コウモリ):法撃
ゴブリン:斬撃
ドクアルキノコ:法撃
コブータ:斬撃


戦闘でピンチ(瀕死)になるとお供の兵士たちがものすごい勢いで回復してくれてまして、過保護具合がうまく表現されてました。

続きを読む

エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想2(8章~ラスト)

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~ [ゴールデンフィーバー]

7/30発売の作品で、山賊の親分が仲間と共に逃亡の旅をするというシミュレーションRPGです。前回記事では囚われたおかしらを救出したところまで進みました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元

ここまでの経過はこちら
エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想1(序章~7章外伝)
王道的SRPGにおいて、序盤の手頃な雑魚敵として消費される『山賊』たち。
今作は彼らが主人公となり、平和を愛する為政者に喧嘩を吹っ掛けます。

村や民家は襲うもの!
無抵抗な一般人は倒して経験値にするもの!
民想いの貴族は不倶戴天の敵!
そしてもちろん――倒した戦乙女は、凌辱するもの!

最後まで悪を貫き通す、本編14章+外伝9章の長編SRPG。

・8章

この面は見渡す限り砂漠という作りでした。まずは右下のザコを倒していきます。

ターンが進むと、右上から敵の魔獣官が襲ってきます。攻撃が魔法なので、荒くれなど抵抗低いキャラが狙われるとかなりのダメージを食らいました(魔獣官はこの先の面でも結構出てきます、他の馬・飛行ユニットと見分けがつきづらいので注意)。


ボスは2体います。今回は左上の弓(リネット)から倒しました。リネットは射撃台の上にいるため射程が広い上、攻撃力も高く、近づくまでが一苦労でした。回復ユニットで毎ターン回復しながら進み、なんとかたどり着けました。


続くシルヴィは、久しぶりの魔法系ボスです。初見時は守備力低めなのを見て攻撃力高いキャラから順に突っ込ませましたが、反撃で次々瀕死に追い込まれるという状況になりました。


安全に倒すには、リネットがいた射撃台に弓ユニットを立たせると↑のように一方的に打ち続けることができました。


ボス2人はピックルの知り合いでした。クリア後は疑った詫びとしてさらし者にされます。シルヴィは一緒に戦ってきた配下たちに視姦されながら異物挿入され、プライド高い賢者という性格がうまく表現されてました。一方リネットの方はピックルに至近距離でじっと見られながらのハメられで、こちらも関係をうまく活かしたいいシチュでした。

続きを読む

エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想1(序章~7章外伝)

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~ [ゴールデンフィーバー]

7/30発売の作品で、山賊の親分がふとしたことで手に入れた洗脳アイテムを使って仲間を増やしながら逃亡の旅をしていくというシミュレーションRPGです。遅くなりましたが、面白い設定でゲームバランスもよかったので購入してみました(プレイしたバージョンは1.06)。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元

体験版感想はこちら
エロSRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)体験版感想
王道的SRPGにおいて、序盤の手頃な雑魚敵として消費される『山賊』たち。
今作は彼らが主人公となり、平和を愛する為政者に喧嘩を吹っ掛けます。

村や民家は襲うもの!
無抵抗な一般人は倒して経験値にするもの!
民想いの貴族は不倶戴天の敵!
そしてもちろん――倒した戦乙女は、凌辱するもの!

最後まで悪を貫き通す、本編14章+外伝9章の長編SRPG。


難易度は、ソクヌキ(最も簡単)だと外伝がプレイできないということなのでシッカリ(簡単)を選択しました。終わりまで行った感想としては、初見時はシッカリでもなかなか難しく、後半の対ボスでは死人が出ることもありました(ソクヌキ・シッカリは死んでも次の面で復活します)。ギリギリ(難しい)やガチンコ(超絶難しい)は、1周目にソクヌキorシッカリで各ステージの流れや誰を育てるべきかを把握したあとの2周目以降に挑むのが無難そうでした。

・序章

手下3人と館を襲撃します。荒くれ(ゲーム後半、狂戦士にクラスチェンジ可能)は最終的には1人いれば十分だったので、3人ともバランスよく均等に上げるよりは、1~2人に絞って上げていった方が終盤役立ちます。

荒くれ・狂戦士の特徴は、力と守備が高いのが長所でした。欠点は抵抗(魔法防御)の上がりが悪いことで、ゲーム中盤以降頻繁に出てくるようになる魔法ユニットに続けざまに襲われるときつかったです(=ゲームが進むにつれて、最前線には出しづらくなる)。

・1章

馬ユニットのロンバーと、回復役のティンコラスが加わります。馬ユニットは攻撃した後移動できるのが便利で、この先意外とあまり出てこず貴重な存在です。ステージ攻略的にはまずは下へ進んで村を確保し、あとはのんびり進めていけばOKです。


ステージクリア後、エデが仲間に加わります。ユニット的には、高い”速さ”を活かして敵の攻撃をかわしまくる+3回攻撃というタイプです。技や直感が高くクリティカル率高いのも魅力的でしたが、守備力があまり上がらないのが欠点という印象でした(=運悪く敵の攻撃が連続で命中してしまうと一気に瀕死になりかねないため、馬や荒くれと比べて最前に出しづらい)。

(このキャラに限りませんが)戦わせずに放置しておいてあとの面で上げようと思っても厳しいので(前線に出しても力の差がありすぎてダメージいかず稼げない)、次の章でリスク覚悟で積極的に前に出して、ある程度レベル上げておくといいと思います。

続きを読む

リリテイルズの追加ディスク「Lilitales -append disc-」(73号坑道)感想

Lilitales -append disc-

Lilitales -append disc- [73号坑道]

8/8発売の作品で、昨年7月に発売になりました「Lilitales -リリテイルズ-」の追加ディスクです。本編がないとプレイできませんのでご注意下さい。

DLSite販売ページ 108円、3ポイント還元
DMM販売ページ 108円、20ポイント還元
本作は『Lilitales -リリテイルズ-』の追加シーンをプレイ頂けるアペンドディスクとなります。ゲームをお楽しみいただくには別途『Lilitales -リリテイルズ- 』本体が必要になります。

・Hシーン:13シーン
・基本CG15枚/総枚数:約200枚
メインシナリオ中の追加補完シーンとクリア後の追加Hシーン、闘技場の高難度EXボスの追加がメインとなります。

どのファイルをコピーすればいいかなどは、”readme(パッチ適用方法).txt”に記述があります。”Lilitales-リリテイルズ-(nscr3.03).exe”もコピーする必要がありました。


まずは闘技場に行ってみました。正確な発生条件はよくわからないものの、EXダンジョンクリア後のセーブデータをロードして闘技場に行ったところ対戦相手が↑のように5人増えていました。

・対糸使いの男(傀儡師)

この敵は、5ターン経過すると↑のセリフが出て自動的に敗北になってしまいます。負けると体の動きを支配されてのエロシーンで、嫌なのに体が動かない感がうまく表現されてました。

勝利するには真ん中の男を削りきればOKですが、両サイドのお供にガードされてしまい、なかなか男にダメージを与えられず。殴りではどうにもならなそうだったので、魔法特化装備で挑んでファヤダーン(全体攻撃魔法)を連発し、ぎりぎり勝利できました(敵HPは2000)。なお勝っても普通に報酬がもらえるだけでこれといったイベントはないので、火力不足で勝てないようならひとまず諦めてしまっても特に支障はなさそうです。

続きを読む