アヘ顔」タグアーカイブ

育成調教ものエロゲ「sexbedDOLLs」(雪陽炎)製品版感想

【50%OFF】sexbedDOLLs
【50%OFF】sexbedDOLLs [雪陽炎]

5/16発売の作品で、ドール2人をうまく調教していきグッドエンドを目指すという作品です。やりびれてましたが、攻略のしがいがあって面白そうでしたので半額な機会に購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円 → 648円(2018/2/15まで)

体験版感想
調教系エロゲ「sexbedDOLLs」(雪陽炎)体験版感想

・ドールと呼ばれる性処理専用キャラふたりを7日間調教するゲーム。
・調教ものですがダークな要素はなく、明るいタッチのセックス。

調教スタート

主人公的存在(調教側のリーダー)がいないので、プレイヤーが女視点・男視点のどちらで考えればいいのか最初わかりづらいところがありました。移動シーンはドール視点、バトルシーンは男側視点と考えると理解しやすいです。


最初の買い物は、バスト特化狙いの場合は”キスをする”(派生スキルが狙いやすい+奉仕が上がる)、ヴァギナ特化狙いの場合は”拡げる”か”舐める”(淫乱が上がるのでエンド狙いにはいいものの、派生スキルは狙いにくい)、アナル特化狙いの場合は”匂いを嗅ぐ”(羞恥アップ)あたりが有用に感じました。


毎日夜が終わったあとに数値チェックが入ります(現在の達成度がパーセンテージでわかる)。7日目終了時点で、正式ドール(全ステータス100%)か、特化型(B開発300%+奉仕200%など)のどちらかを満たせば合格です。ですが不合格なバッドエンドもそこまで暗い終わり方ではなかったので、途中で”どう考えても合格は無理”と感じても断念せず、そのまま続けて終わりまでいってみるのもありです。


バトルの戦略は、男側をできるだけイかせないようにしつつ、ドール側はなるべく多くイくようにする(最初の2日程度はイけなくてOK)というのが基本パターンでした。最初のうちは射精限界値も低いのですぐ射精してしまい、大して調教できないうち(絶頂値が0になる前)にチンポ(画面右上の数字)が0になってしまいますが、それで問題なしです。

続きを読む

討伐系エロRPG「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)製品版感想

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-
ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel- [黒電車]

12/15発売の新作で、淫乱化の呪いにかかったハンターが呪いを解くべく討伐をしていくという作品です。やり応えあって面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
ハンターの少女、アゼルは自分に淫紋を刻んだ魔獣を探し求め、
ついにそこへ辿り着いた。
人類と魔物の生存競争の最前線。
厄災の堤防と呼ばれる辺境の地、ニプルヘイムへ……。


オープニングはスキップ可能でした。話をおさらいしておくと、加工屋の男と女ハンターが旅の末、この街に到着したという状況です。最終目的は魔獣を倒して、体に染みついた淫紋を消すことです。

チカイの丘でウルフ退治


部屋を出てフロアに降りるとイベントが起き、怖そうな男が親切に手配をしてくれます。(結局この男は裏心的な物はなく、ただの親切な男でした)


ゲーム進行的には、退治・討伐の依頼をどんどんこなしていけばOKです。採取・納品系は基本的にやらなくていいですが、中盤(タカイ火山)の”桃色飛竜”を出す場合のみ納品をやる必要がありました。

まずはウルフ退治を受けてみました。Sキーで狩り場に直接移動(左右キーで場所チェンジ)でき、便利でありがたいです。


戦闘はびっくりするほど高速で、エンターキー押しっぱなしにするとあっという間に終わりました。技術的なことは当方あまりわかりませんが、よくここまでスピーディにできるものだと感心する速さでした。

続きを読む

「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)体験版感想

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-
ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel- [黒電車]

4/5の予告新作で、女ハンターと男装備職人が冒険していくという作品です(ウルフエディタ製)。体験版あり、2017年08月下旬発売予定。

追記:12/15に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元

製品版感想はこちら
討伐系エロRPG「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)製品版感想
ハンターの少女、アゼルは自分に淫紋を刻んだ魔獣を探し求め、
ついにそこへ辿り着いた。
人類と魔物の生存競争の最前線。
厄災の堤防と呼ばれる辺境の地、ニプルヘイムへ……。

まずはウルフ退治


最初は男視点で始まりますが、実際戦うのは女の方です(男はサポート役)。女のおなかにあります淫紋が物語の鍵になりそうです。動けるようになったら部屋を出て下へ進むとイベントが起こります。


カウンターに話しかけるとクエストを受注できまして、本作はこれがメイン行動になります。オススメのクエストを教えてくれたので、それに素直に従い、ウルフ退治を受けました。

続きを読む

ロボットバトルエロRPG「コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~」(マシーナリー)体験版感想

コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~

コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~ [マシーナリー]

11/12の予告新作で、男主人公が女ロボットを操作して戦っていくという作品です(ウルフエディタ製)。2017年11月下旬発売予定。

追記:11/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元
DMM販売ページ 1,382円(20%OFFキャンペーン価格)
 人格プログラムを有するコンピューター『CORE』に、頭や胴体、手足のパーツを取り付けた人型ロボットは
『コアノイド』と呼ばれ、生活の助けとして、夜のおともとして、あるいは競技バトルの主役として、世間に普及していた。
ある日、奇妙な『CORE』を拾った主人公は幼馴染のナタネにそそのかされて、対戦競技『コアバトル』を始めることになる。
実は「勝者は敗者にエロいことをしてよい」という暗黙のルールがあるコアバトルの世界で、
主人公はエロずくしの戦いにに足を踏み入れていく。



主人公が”CORE”というコンピューターを拾うところから話は始まり、残りのパーツを買いにショップへと向かいます。


場面変わって学園です。うまく起動せずに落ち込んでいると女友達がアドバイスをくれ、詳しい博士のところに行くよう提案されました。


早速博士に相談すると、拾ったのは左右逆になっている珍しいタイプのもので、起動しなかったのはそのせいでした。対応するパーツと交換してくれます。このあたりテンポよく自動で進み、話が早くてありがたかったです。

続きを読む

女主人公エロRPG「討魔の乙女」(吹溜)体験版感想

討魔の乙女

討魔の乙女 [吹溜]

11/20発売の新作で、女討魔師が主人公な現代物作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版ではダンジョン2つ・エロシーン3つ分がプレイできました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円(20%OFFキャンペーン価格)
■戦闘有りの王道的なRPGです
■敵キャラとの戦闘はシンボルエンカウントになります。
■ランダムダンジョンになっており、入るたびに形が変わります。
■『淫乱度』が高くないと見られないHイベントがあり、
『淫乱度』はイベントを見たり、特定のアイテムを使用することで上げられます。


事件を伝えるテレビニュースから話は始まり、陰獣が人々の脅威になっており、倒せるのは討魔師だけという状況です。


場面変わってダンジョンで、2人組が乗り込んでいきます。この討魔師2人組が本作の主人公です。


動けるようになったあとは早速探索開始で、白い魔法陣が階段です。


戦闘はシンボルエンカウントで、敵の数は少なめでした。戦闘は、CTRLキーを押しっぱなしにしておくと早く進みます。

続きを読む