催眠ものエロRPG「催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~」(アナルシム)体験版感想

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~
催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~ [アナルシム]
4/7の予告新作で、催眠魔法を手に入れた男主人公が高飛車お嬢様に術をかけていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では冒頭部分・最初のボス戦あたりまでをプレイできました(エロシーン3つあり)。本編は2018年04月下旬発売予定です。
優れた魔法の素質を持つものだけが入学を許される魔法学校、ユーフォルビア魔法魔術学院。
主人公ロイ・ブリンドも将来を嘱望された一人だったが、能力は伸びず今や落ちこぼれ扱いをされている。
特にクラスメイトで学院トップ級の魔力を持つエミリアには下僕のように扱われ、
理事長であるエミリアの姉・ダイアナからは学院のレベルを下げる存在として疎まれていた。
しかし、ふとしたきっかけで手に入れた催眠の書を使用して、
ロイはエミリアとダイアナに(性的な)逆襲を始める――!

高飛車お嬢様に虐げられる日々


舞台は魔法学院で、主人公は偉そうな美少女(エミリア)に罵られたり雑用を押しつけられたりと虐げられてます。今日は書庫の整理を命じられました。


話が終わったところで動けるようになり、書庫の鍵を取りに2Fの理事長室へと向かいます。タイミング悪く理事長(エミリアの姉)が戻ってきてしまいました。理事長は劣等生を目の敵にしていて、何やってるの的な目で見られます。事情を説明し、なんとか事なきを得ました。


1Fへ戻り、左へ進んで図書棟へと向かいます。


命じられた片付けに渋々取りかかり、終えたところで揺れが起きました。左下を調べて地下へ降ります。

謎の地下室で催眠の魔法書を発見


地下には古い実験室が広がってました。テーブルを調べて話を進めます。読んでみると催眠魔法について書かれていて、半信半疑なものの、もし本物なら日頃の恨みが晴らせると、ダメ元で試してみることにします。


食虫植物の種と薬酒を探します。図書棟を出たところで詳しいヒントが出まして、わかりやすい説明でした。



食虫植物の種は1F中庭で、


薬漬けは1F医務室で、どちらもすんなり手に入りました。


材料が揃ったあとは自動で研究室に移動してくれます。


お試し的にお嬢様に使ってみますと、一見変わらないように見えたましたが、普段ならマジギレされそうなエロ・セクハラ質問にホイホイ答えてくれて、術が無事成功したようです。

ダンジョン探索開始


ここから本格的にゲームスタートです。催眠術は無制限にかけられるわけではなく、触媒が必要でした。触媒は迷宮で魔物(ボスキャラ)を倒すことで手に入ります。


教室は1Fの左寄りにあり、お嬢様(3人組の真ん中)に話しかけると迷宮探索開始です。



戦闘はランダムエンカウントでした。楽に勝てましたが、エンカウント率が結構高く、コツコツ倒していくと次第に疲弊していきました。なのでいきなりボスを目指すのは厳しく、ある程度MP減ったらいったん戻るのが賢明です。


学園内には、1F左上に購買がありました。ボスに挑む前に回復アイテムを買っておくといいです。あとは休息は、1F右上から出たところにある主人公の自室でできました。


他には2Fにいる教師からボスの弱点を聞けました。氷もしくは毒がいいとのことです。



探索を進めていき、2F左下でボス戦です。


推奨レベルは5ということですが、敵体力が相当あり、自分がやった印象だと5だと少しきつかったです(ザコ戦で疲弊した状態で挑むと、MP切れになって回復できなくなり死亡する可能性あり)。今回はLV7で勝利できました。なおボスにしては珍しく、逃げるコマンドが使えます。


勝利すると自動的に学園に戻ってくれ、地味なところですがありがたい仕様でした。会話が終わったら左へと進んで地下室へと降ります。

催眠術エロ


ボスから得た触媒で早速催眠術をかけます。魔力補給は回復ドリンクと思い込ませてフェラチオさせ、エミリアの知ったかぶりする様子が催眠感うまく出てました。


排泄は裸に白ニーソ姿で放尿で、裸でするのが当たり前と思い込まされてます。犬のようなはしたないポーズがいい雰囲気出てました。



終わりにダイアナ(学園理事長)のエロシーンが見られました。マッサージの担当者と思い込ませて胸を揉みしだき、おかしくないと催眠術で無理矢理思い込ませます。こちらも催眠術感がうまく出てました。このシーンが終わったところで体験版は終了です。

感想まとめ

ストーリー・キャラ設定的には、お嬢様がいい具合に偉そうで催眠のかけがいがあり、理事長も尊大な雰囲気がうまく出てました。魔法学園という設定も、催眠とうまく合致していてよかったです。うまくまとまっていて催眠物作品という印象でした。

ゲーム進行も、次やるべきことが明示されたりとわかりやすく、細かいところまで丁寧に作られていて好印象でした。ボス撃破後に自動で戻ってくれる(わざわざ歩いて戻らなくていい)のも、地味なところですがありがたかったです。

戦闘がらみは、ボスに前知識なしで挑むと苦戦しましたが、2Fで教師から弱点聞いた上で挑むと割と楽に勝てまして、学院という設定がここでもうまく活かされてました。ザコとのエンカウント率はそこそこ高かったですが、フロア数が2つのみ(割とすぐにボスに到達した)なのでさほど気にはならなかったです。

エロシーンはCGクオリティが高く、お嬢様感がしっかり表現されてました。いきなりハードなことをせず、全裸で放尿など比較的軽いところから始めているのもリアリティあってよかったです。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~
催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~ [アナルシム]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)