「闇染Revenger-墜ちた魔王と堕ちる戦姫-」(エスクード)体験版感想


闇染Revenger-墜ちた魔王と堕ちる戦姫- [エスクード]
エスクードさんの新作で、異世界から来た魔王に取り憑かれてしまった主人公が、魔力を回復する手伝いをすべく戦っていくという作品です。体験版では最初の10日分をプレイできました(戦えるのは5人いるヒロインのうち2人のみ)。本編は2018/06/29発売予定です。

DMM販売ページ 9,504円

体験版ダウンロードはこちら
闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫-
主人公城山和範は、ごく普通の学生。 だが、異世界で傍若無人の限りを尽くしていたせいで女神に目をつけられ、 ボコボコにされて逃げてきた魔王クライブヘルツと魂を同化させられてしまう。 さらに、魔王を完全に消滅させようと、女神の放った異世界ヒロインが和範とクライブに迫る。

女神達にやられた魔王が現代世界へ逃げ込む


悪人風の男(魔王クライブ)が女神達に襲われているところから話は始まり、


天上の神殿風な場所に変わって、姫騎士やゴスロリ美少女など次々ヒロインが次々と一気に登場です。初見時は顔と名前を覚えきれませんでしたが、それぞれあとでまた出てきますので、ここではさらっと見ておけばOKです。

何が起きているかを整理しますと、ここで女神一行の想定外の強さにやられた魔王が、主人公のいる現代世界に逃げ込むという状況です。


場面変わって現代世界の男部屋で、主人公は夢を見ていたという認識で、皆可愛かったなと思い返します。この和範という男が本作の主人公です。

続きを読む

女主人公エロRPG「ヴァンパイア・ノーツ」(にんじんパスタ)体験版感想

ヴァンパイア・ノーツ
ヴァンパイア・ノーツ [にんじんパスタ]
6/15の予告新作で、女吸血鬼が金に困って売ってしまった宝石を取り戻すために旅をしていくという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版では旅に出るところから始まり、町での情報集めでセクハラされ、森を探索するところまでをプレイできました。本編は2018年07月中旬発売予定です。
深い森の奥に住む吸血鬼の少女アリシア・バートリィ。
貴族として生まれ、文武両道の才女の彼女にはある秘密があった。
周囲の目のない自室でマンガ、ゲーム、ネット三昧の生活を送る干物吸血鬼だったのだ。
ある日、お金に困ったアリシアは宝物庫にある宝石をメロカリで売り払ってしまう。
しかし、それはバートリィ家に代々伝わる家宝だった。

ソシャゲーに夢中な主人公


まずは吸血鬼の説明で、希少で伝説上の存在なことが語られました。現在は、主人公達吸血鬼は人里離れたお屋敷でひっそりと暮らしてます。


場面変わってお屋敷で少女がソシャゲーに熱中しており(召喚演出はガチャでキャラを引いているところ)、この少女が本作の主人公です。ガチャで爆死したようでご立腹です。どうしても欲しいキャラがいて諦めきれず、なんとかして金を得たいと画策します。検索していくと、フリマアプリで物を売って金を得ることを思いつきます。このあたり今風で面白い展開でした。


召使いを呼びつけ、何するつもりですかと怪しまれつつも宝物庫の鍵を入手します。長年の付き合いということで隠し事はできずに企みがバレて、なくなってもさほど困らなそうなものを探すことになります(ここから動かせるようになる)。

続きを読む

女主人公エロRPG「マーレと黒き海の迷宮」(ゆめなまこん)体験版感想

マーレと黒き海の迷宮
マーレと黒き海の迷宮 [ゆめなまこん]
5/12の予告新作で、女大魔法使いが遺跡を探索していくという話です(RPGツクールVX Ace製)。体験版では遺跡3Fまでをプレイできました。本編は2018年06月上旬07月中旬発売予定です。
国を脅かしていた竜を倒した功績から、若くして大魔法使いと呼ばれるようになったマーレは、旺盛な探究心から各地の古代遺跡や秘境を旅してまわる日々を送っていた。
そんなある日、マーレはイソラ島という場所で海底遺跡が見つかったという話を耳にする。
未知の世界と未知の魔法を求め、早速向かったマーレだが、その遺跡は入る者の力を封じ欲望を増大させる、見たことのない魔物が棲む迷宮だった……。

体験版について

まず始めに、5/30現在、体験版はダウンロードできなくなってます(行けてはいけない所に手違いで行けるようになっていたのが原因で、現在修正作業中とのことです)。今回は手元にダウンロードしてあったVer1.00(Game.exeの日付は5/8 7:10)をプレイしました。

状況について詳しくはこちら
体験版ver1.01 – ゆめなまこん – Ci-en

6/23追記:
体験版ver1.1がダウンロード可能になってます。変更点は、バグ修正・難易度選択の追加・一度見たHシーンを省略できるように・Hシーン一つ追加とのことです。


難易度設定はイージーとノーマルの2種類でした。イージーは敵から逃げやすく、ノーマルはアイテムを集めやすいということです。話を進めたい場合は逃げた方が断然楽で、最初はイージーがいいかと思います。

なお難易度はあとから変更することが可能で、自室の赤い本を調べることで何度でも変更できます。レベルが上がって楽に勝てるようになり素材アイテムを効率よく集めたいという場合は、ノーマルに変更するのもありです。

オープニング 遺跡のある街へ到着



オープニングは、まずは船上で戦闘です。主人公はかなり有名な魔法使いで、襲ってきた巨大クラーケンを難なく撃破し、船員達に感謝されます。


街に到着後は、ストーリーやらお使い的な物は特になく、すぐに遺跡へ向かってOKでした。(オープニングをスキップすると、宿の自室からスタート)


街の施設は、装備が買えるのは右上、回復アイテムが買えるのは右下です(ただ開始時点では金を大して持っていないので、後で貯まってから行けば十分です)。他には左上にギルドらしきものがありますが、体験版ではこれといったイベントはなしでした。

続きを読む

女主人公エロRPG「シェーラと三種の神器」(アスガル騎士団)体験版感想

シェーラと三種の神器
シェーラと三種の神器 [アスガル騎士団]
6/16の予告新作で、村でひっそり暮らしていた少女が兄の呪いを解くため旅に出るという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版では森の探索から関所を通過するところまでをプレイできました(パンチラ、敗北エロあり)。本編は2019年02月中旬発売予定です。
魔王を討つために旅に出た兄が、変わり果てた姿で帰ってきた!?
兄の無念を知ったシェーラは、その呪いを解くために…
そして一族の宿命を果たすために、欲望渦巻くセクロアの地へと旅立った。

年頃のおっぱい女冒険者の一人旅!
スキルを駆使し、あるいは身体を駆使し、数ある難姦に立ち向かえ!

旅に出た兄がようやく帰ってくるものの…


オープニングはスキップ可能でした。旅に出る理由が語られるので、初回は見ておくといいです。兄が魔王を倒すべく村を出るところから話は始まり、


長い月日がたった後、村へと情報屋がやってきます。兄を連れてきたといい、魔王にやられて瀕死の重体にでもなっているかと思いきや、可愛い猫になっていました。主人公も兄と同様に勇者の血を引いているということで、兄の呪いを解くために魔王を倒す旅に出ることにします。普通に考えれば魔王達は兄を殺すこともできたと思われ、わざわざ生かしておいて猫に変化させた理由・経緯が気になるところでした。

王都を目指す旅の開始


場面変わって船上で、勇者様の話を耳にします。兄とは別に勇者がいるようで、この勇者との合流を目指します。まずは王都へ向かうことになりました。


港に到着後、上に進むとCHECKマスがあり、パンチラが見られます(淫乱値+1)。この淫乱値がこの先のエロイベントのフラグになっていましたので、どんどん上げていくといいです(詳しいイベント条件は回想部屋で見られます 回想部屋はアイテム”石版の欠片”を使うと行けます)。

続きを読む

現代物エロRPG「キラライト」(BAROQUPID)体験版感想

キラライト
キラライト [BAROQUPID]
6/10の予告新作で、突如災厄に巻き込まれた少女が母親を探して旅をしていくという現代物作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版では冒頭部分(オープニング~火喰町まで、エロはオナニーシーンなどあり)をプレイできました。本編は2018年10月上旬発売予定です。
ごくごく普通の少女キララ。いつもどおりの朝、机の角でオナニーをして、出かけようと外に出ると…世界が崩壊していた。
突如襲い来る魔物たち。その窮地を救う、大事にしていた人形「アリス」。謎の男から与えられた、不思議な魔術書。
そして、身に付けたのは「ヨロコビによって戦う力」。自分自身がヨロコぶ事で得られる力。他をヨロコばせる事で得られる力。
ヨロコビに満ちた戦いが、始まろうとしていた………

夢中で角オナ、気がつくと裏世界


開始するといきなりオナニーシーンで、夢中で角オナしています(時間帯は朝、学校に登校しないといけない時間)。 終わったあと、オナニー中に落とした人形が行方不明なことに気付きます。


右手に見える青矢印の、階段を降りると、


1Fにいるはずの母親がなぜかいません。ここではまだ主人公に危機感はなく、自分が遅かったせいで先に出かけてしまったのかもという認識です。(なおここで家の中を調べて回ると、奇妙なガレキ・崩れた箇所がいくつかありました)


外に出ると街の様子がいつもと一変していて、廃墟と化しています。なかなかインパクトあるゲームの始まり方でした。

続きを読む